3月21日に、モバイルSuicaがリニューアルされ、利便性が大幅に向上します。

この記事では、リニューアルの内容はもちろん、リニューアル前のメンテナンス、リニューアル後の手続きについても詳しく解説しましょう。

【3月21日】モバイルSuicaがリニューアル

モバイルSuicaがリニューアル
≪画像元:East Japan Railway「モバイルSuicaサービス停止のお知らせ (pdf)」≫

2021年3月21日に「モバイルSuica」がリニューアルします。

ここでは、主なリニューアル内容を紹介しましょう。

【Android】複数枚のSuicaを発行可能に

iOS版では対応済みの複数枚のSuica発行、これがAndroid版でも可能になります

スマホ用とウェアラブル端末用、仕事用とプライベート用、交通費用と買い物用、などに使い分けられますね。

定期券購入時の経路表示を改善

定期券購入時の経路表示を改善
≪画像元:East Japan Railway「JR東日本ニュース (pdf)」≫

モバイルSuicaで定期券を購入する際に、これまでは経路表示が若干分かりにくいので「結局のところ申請フォームから申し込んだ」という人も多いのではないでしょうか。

リニューアルによって、分かりやすく改善されるようです。

「タッチでGO!新幹線」の利用開始登録がスマホ上で可能に

「タッチでGO!新幹線」の利用開始登録がスマホ上で可能
≪画像元:East Japan Railway

新幹線の特急乗車券を買わずとも普通車自由席に乗車できるサービス、それが「タッチでGO!新幹線」です。

発車間際にできている券売機の行列を尻目に、スマートかつスピーディーに乗車できます。

モバイルSuicaの利用開始登録をする際に、これまでは「チャージ専用機」でしかできませんでした。

リニューアルによって、スマホ上で利用開始登録が可能になるようです。

【Android】Google Payによる決済が可能に

【Android】Google Payによる決済が可能に
≪画像元:East Japan Railway

Android端末では、Google PayでもSuicaを利用できます。

登録したクレカによるチャージ、定期券の購入、タッチでGo!新幹線など、モバイルSuicaで利用可能な多くの機能を利用可能ですが、Google PayアプリでSuicaのネット決済はできませんでした。

リニューアルにより、Google Payによる決済が可能になります

【iOS】Androidの端末に移行可能に

【iOS】Androidの端末に移行可能に
≪画像元:East Japan Railway

これまでも、「ガラケー → Android端末」「Android端末 → iOS端末」といった異なる端末での移行は可能でしたが、「iOS端末→Android端末」への移行はなぜかできませんでした。

iOS端末 → Android端末にする場合、Apple PayのSuicaをいったん退会しなければなりませんでした。

しかし、リニューアルによって「iOS端末 → Android端末」への移行も可能になります。

お知らせ機能が充実

リニューアル後には、プッシュ通知やバナー対応によりってお知らせ機能が充実します。

【Android】モバイルSuicaとモバイルPASMOの使い分けが可能に

「おサイフケータイアプリ」をダウンロードして連携させることにより、モバイルSuicaとモバイルPASMOを同じ端末で使い分けできるようになります

メンテナンスによる一部サービスの停止

一部サービスの停止
≪画像元:East Japan Railway

リニューアルに伴い、モバイルSuicaではメンテナンスを実施し、一部サービスが停止されます。

アプリへのログインが必要な全サービスの利用不可

アプリへのログインが必要な全サービスの利用不可
≪画像元:East Japan Railway

3月20日11時~3月21日7時の時間帯にシステムの大規模メンテナンスに伴い、ログインが必要な以下のサービスが利用できません

・ アプリからのチャージ、JRE POINTからのチャージ

・ 定期券、グリーン券の購入や払い戻し

・ 機種変更、再発行登録、退会など

・ 会員メニューサイト(PC)での手続き

・ 連携サービス(タッチでGo!新幹線、新幹線eチケットサービスなど)の申込、登録など

モバイルデバイスで利用可能な全てのSuicaが対象です

年度末ということもあって定期券を購入する方も多いと思いますが、メンテナンス中は待ってください。アプリからのチャージもやめましょう

特に注意したいのが機種変更などで、iPhone/Apple WatchのWalletアプリから手続きをすると、Suicaを利用できなくなります

ログインを伴わないサービスはメンテナンス中も利用可能

メンテナンス中も、ログインを伴わない次のサービスは利用可能です。

・ チャージ済みの電子マネー残高の利用

・ 現金チャージ、設定済みのオートチャージ、コンビニチャージ、ATMチャージなどの利用

・ 購入済みの定期券、グリーン券の利用

・ 登録済みの連携サービス(タッチでGo!新幹線、新幹線eチケットサービスなど)の利用

チャージをする際は、コンビニやATMなどからするとよいことでしょう。

メンテナンス後の手続きについて

メンテナンス終了予定の3月21日7時以降にモバイルSuicaを利用するには、利用者自身で手続きをする必要がありますので、流れを解説しましょう。

1.【Android】おサイフケータイアプリのインストール

【Android】おサイフケータイアプリのインストール
≪画像元:East Japan Railway

おサイフケータイアプリの入っていないAndroid端末は、「おサイフケータイアプリ」(9.0.0バージョン以上)をインストールしてください。

入っている端末でも「更新」をタップして最新バージョンにしましょう。

2月9日に最新バージョンになっていますから、メンテナンス前にインストールしてもOKです。

iOS端末では、この手続きの必要は特にありません。

2. モバイルSuicaアプリのアップデート

モバイルSuicaアプリのアップデート
≪画像元:East Japan Railway

モバイルSuicaアプリ(iOS端末は「Suicaアプリ」)を更新しましょう。

この手続きは、Android端末、iOS端末のどちらも必要です。

各ストアから「モバイルSuicaアプリ」(6.0.0.0バージョン以上)、「Suicaアプリ」に更新(アップデート)してください。

3.【Android】モバイルSuicaアプリの設定&Googleでログイン

モバイルSuicaアプリの設定&Googleでログイン
≪画像元:East Japan Railway

Android端末は、モバイルSuicaアプリの設定をする必要があります。

モバイルSuicaアプリを起動させ、「許可」→「次へ」→「はじめる」とタップします。

利用規約に同意し「Googleでログイン」を選択
≪画像元:East Japan Railway

利用規約に同意し「Googleでログイン」を選択したら、希望のアカウントを選択または追加します。

おサイフケータイアプリへの情報登録確認が表示されたら「OK」をタップしましょう。

モバイルSuicaアプリのログイン画面が表示されますので、登録済みのモバイルSuica会員情報でログインします。

トップページが表示されたら、事前の手続きは終了です。

リニューアルでモバイルSuicaはさらに使いやすく

モバイルSuicaに、大規模なリニューアルが実施されます。これによって、特にAndroid端末においての利便性が大幅に向上することでしょう。

ただし、リニューアル前のメンテナンスでは、ログインを伴うサービスが利用できません。メンテナンス後は、自分で手続きをする必要があるので、よく確認しておきましょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)