先日、楽天市場のSPU(スーパーアッププログラム)の倍率変更が発表されましたが、楽天市場のお買い物マラソンの上限付与ポイントが変更になっているのにお気づきでしょうか。

「せっかく商品を購入したのにポイントがもらえなかった」ということのないように、この記事では楽天お買い物マラソンでの上限付与ポイントの引き下げについて解説します。

楽天市場のお買い物マラソンとは

ショップ買いまわりキャンペーン
≪画像元:楽天

楽天市場のお買い物マラソンとは、毎月実施される楽天市場内の買いまわりキャンペーンのことです。

お買い物マラソンの時期に2店舗以上の店舗で1,000円以上(送料別)買い回ることで1店舗あたり+1倍のポイントが付与されます。

10店舗買い回ると+9倍となり、実質的にポイントを10倍もらえるお得なキャンペーンです。

2021年2月のマラソンから付与ポイント引き下げ

買い回りの付与上限

従来、お買い物マラソンでの付与上限は1万ポイントでしたので、10店舗買い回って最大ポイントを獲得するためには11万1,111円の買い物が必要でした。

しかし、2月のお買い物マラソンから付与上限が7,000ポイントに引き下げられています

この引き下げによって、購入金額の上限がどのように下がったのか、購入店舗数ごとの金額を次の表にまとめました。

上限引き下げによる購入金額の変化

購入金額にも条件があるので注意が必要で、お買い物マラソンの対象は1,000円以上の購入です。

たとえば、500円のものでは対象にはなりませんが、同じ商品を2個同時に購入すればお買い物マラソンの対象です。

カウント条件
≪画像元:楽天

損しないためには計画的な買い物を

上限付与ポイントを獲得できる購入金額を超えないようにするためには、計画的な買い物やふるさと納税の寄附が欠かせません。

事前に「買い物リスト」を作る

楽天市場での買い物に限ったことではありませんが、事前に「買い物リスト」を作っおくと衝動買いを防げるのでおすすめです。

お買い物マラソンではさまざまな店舗がキャンペーンを打ち出し、クーポンやポイントバックの告知をしているため、不要な商品をポチっとしてしまったという経験のある方は多いのではないでしょうか。

わが家では何か必要になった場合には「買い物リスト」を作り、「買い物リスト」に10商品が並んだところでお買い物マラソンで購入するようにしています。

「買い物リスト」を作る際には、

楽天だけではなく、アマゾンやYahoo!などでも金額を確認しておいて、送料やポイント含めて楽天よりも安いサイトがあればお買い物マラソンを待たずに他のサイトも活用

します。

また、「買い物リスト」があると、次のマラソンまでに代替品が見つかったり、やはり要らなかったと思うこともあります。

このように「買い物リスト」があると、ポイントほしさに高いものや不要なものを掴まされることを防げるのでおすすめです。

ふるさと納税のタイミング

10店舗買い回る場合には、7万7,777円の買い物で付与上限に達してしまいます。

高額の家電を購入する場合や楽天ふるさと納税を利用する場合には、すぐに上限金額になってしまうので特に注意が必要です。

昨今では、お買い物マラソンは楽天スーパーセール時に併催されていて、ほぼ毎月行われています。

ふるさと納税のタイミングを複数回に分けるなど、「買い物リスト」と組み合わせて計画的に利用することをおすすめします。

付与上限と購入金額を把握して臨む

上限付与ポイントを獲得するための購入金額を把握したうえで、最大限お買い物マラソンを活用してポイントを獲得しましょう。(執筆者:飯田 あゆみ)

楽天市場で開催中のお得なキャンペーンも覗いてみましょう。

楽天SPUとは?

【楽天ポイント】SPUでラク&効率よく最大16倍にする「8つのコツ」と最大44倍にする方法