電車で行けない細かい場所もスイスイ行ける路線バス、「路線バスの旅」などでその魅力を知る人も多いことでしょう。

鉄道網が発達している首都圏でも、それを補完する交通機関としてバスは大活躍です。

その首都圏のバスにお得に乗れるのが「バス特」ですが、動きがあるようなので解説しましょう。

「バス特」とは

「バス特」とは
≪画像元:Keio Dentetsu Bus

「バス利用特典サービス(バス特)」とは、交通系IC(Suica、PASMO)で首都圏のバス乗車がお得になるサービスのことです。

交通系ICによる1か月間のバス利用額に応じて「バスポイント」が貯まります。

バス運賃の支払額1円ごとに、1バスポイントがカード内に記録されます。

「バス特」は還元率10%~33%の高還元

1,000バスポイントごとに、カード内に「特典バスチケット」100円~330円分が付き、次回、交通系ICでバスを利用の際に自動的に運賃として10円単位で優先的に使用されるものです。

1か月間のバス利用金額が多いほど、付与される特典バスチケットの金額は多くなります。

還元率10%~33%の「バス特」を使わない手はありません。

多くのバス会社で「バス特」が終了

多くのバス会社で「バス特」が終了
≪画像元:Keio Dentetsu Bus

ところが、2021年3月~4月にかけて「バス特」(バスポイント・特典バスチケットの付与)が終了となるバス会社が多いのです。

「バス特」は、交通系ICカードの普及・利用促進を目的としたサービスです。

現在では、頻繁にバス車内で交通系ICで運賃精算されているので、交通系ICカードの普及・利用促進という当初の目的は達成されました。

主なバス会社の終了スケジュールは、次の通りです。

・ 西東京バス:3月12日

・ 伊豆箱根バス:3月25日

・ 江ノ電バス:3月28日

・ 富士急バス:3月31日

・ 小田急バス:3月31日

・ 西武バス:3月31日

・ 東武バスブル―プ:3月31日

・ 富士急静岡バス:4月2日

・ 京王バス:4月4日

多くのバス会社が、年度末を機に「バス特」を廃止するようですね。

特典バスチケットは付与日より10年間利用可能

特典バスチケットは付与日より10年間利用可能
≪画像元:箱根登山バス

「バス特」を廃止するバス会社でも、廃止されるのはバスポイント・特典バスチケットの付与のみです。

付与済みの特典バスチケットは、「バス特」を廃止するバス会社でも利用できます

付与済みの特典バスチケットは10年間有効ですから、焦らずに利用してください。

「バス特」を継続するバス会社もある

「バス特」を継続するバス会社
≪画像元:東京都交通局
・ 京浜急行バス

・ 東急バス

・ 都営バス

・ 京成バス

など、「バス特」を継続する会社もあります。

これらのバス会社では、特典バスチケットの利用だけではなく、バスポイント・特典バスチケットの付与も引き続き行われますので、当面は安心です。

バス会社独自のお得なサービスも活用

「バス特」以外にも、バス会社ごとにお得なサービスを提供しています。

定期券や回数券、1日乗車券やフリーきっぷなどが代表的です。

同じバス会社同士を乗り継ぐと運賃が割引される、「乗継割引」を提供しているバス会社もあります。

さまざまな方法を駆使して、お得で快適にバス移動しましょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)