楽天お買い物マラソンは、毎月開催されるポイント還元率が積みあがっていくイベントですが、「楽天ブックス」もとある手順を踏むと還元ポイント数が最大10倍(+9%)になるキャンペーンがあるので、詳しく解説します。

「楽天ブックス」の基本情報

「楽天ブックス」は、楽天グループの運営する書籍・映像ソフト・ゲームなどに特化したネットショッピングサイトです。

SPU(スーパーポイントプログラム)対象なので、楽天の会員であれば全品送料無料でお得に買い物できるのが特徴です。

「ちょっと待ったキャンペーン」の概要

「ちょっと待ったキャンペーン」の概要
≪画像元:Rakuten Group

たったの2つのステップで、書籍などの購入時に付与されるポイント還元率が5倍/7倍/10倍と跳ね上がるというキャンペーンです。手順を追って説明します。

【手順1】

キャンペーンページから「エントリー」します。

ちょっと待ったキャンペーンにエントリー
≪画像元:Rakuten Group

【手順2】

欲しい書籍や映像ソフトと一緒にリクルート対象商品(269~510円程度)を同じカートに入れて購入します。

※楽天ポイントの「還元率〇倍」は元の還元率1%に対してなので、10倍であっても実質は+9%の増加率となるのでご注意ください。

実際に試して、本当に1,000ポイント返ってきました。

「ちょっと待ったキャンペーン」の活かし方

ちょっと待ったキャンペーンの活かし方

ポイント還元率の確認

ポイント還元率の確認

ポイントの倍増率には5倍/7倍/10倍の3種類があり、これらの中の1点を欲しい物と一緒に(同一会計)買うことでポイントが倍増します。

楽天お買い物マラソンのように、期間中の買い物すべてではなく「一緒に買った物だけ」が対象となるのでご注意ください。

「あの本も買いたかったのに忘れてた…」となってもそちらは還元率が変わりませんので欲しい物はよく吟味してから購入しましょう。

キャンペーンを利用したほうが良い「損益分岐点」を割り出す

このキャンペーンは、誰もが利用したほうがよいというキャンペーンではないところが注意す点です。

1,000円分しか買わないのに、379円のSUUMOを追加してしまうと「1,379 × 10倍(9%)= 124円」となり、冊子のほうが還元ポイントを上回るので損をします。

5倍/7倍/10倍の商品それぞれの損益分岐点を算出してみましょう。

【5倍】

(購入商品 + リクルート対象商品269円)× 5倍(4%)> 269円

となるので、「購入商品 + リクルート対象商品269円」が6,725円を超えた時にお得

【7倍】

(購入商品 + リクルート対象商品379円)× 7倍(8%)> 379円

となるので、「購入商品 + リクルート対象商品379円」が4,738円を超えた時にお得

【10倍】

(購入商品 + リクルート対象商品379円)× 10倍(9%)> 379円

となるので、「購入商品 + リクルート対象商品379円」が4,211円を超えた時にお得

※各倍率の最低価格のSUUMO冊子価格で算出。価格が変わった場合には結果も変わります。

ただし、これらはあくまで「ちょっと待ったキャンペーン」単体での還元ポイント数の話です。

購入代金 × SPUのポイントも付与されるので、楽天お買い物マラソンと期間が重なる時期に利用するのがさらに得するポイントです。

「自分がいくらの物を欲しいのか? いま、どの倍率の冊子が残っているのか?」で結果が変わるので参考にしてください。

ちょっと足りないだけであれば、SUUMO以外に安い雑誌を追加するのもアリです。

最も効率よく最大還元を受けられる購入パターン

反対に、持ち出しが最小限で最大還元の1,000ポイントを求めるケールも算出してみましょう。

(購入商品 + リクルート対象商品)× 10倍(9%)= 1,000ポイント

となるので、欲しい商品と10倍表記のリクルート対象商品の合計が1万1,111円の時が最も効率的に最大還元を受けられる購入パターンです。

これ以上の物を買っても、ポイント数は増えませんので、無理して高額な物を狙う必要はありません。

少しの手間でお得な「ちょっと待ったキャンペーン」

毎月のように行われているお得なキャンペーンにもかかわらず、意外と知らない方が多いのが「ちょっと待ったキャンペーン」です。

ちょっとした手間だけでお得に買い物できるので挑戦してみてください。(執筆者:遠藤 記央)

楽天市場で開催中のお得なキャンペーンも覗いてみましょう。

楽天SPUとは?

【楽天ポイント】SPUでラク&効率よく最大16倍にする「8つのコツ」と最大44倍にする方法