4月23日まで、Apple PayのPASMOを5,000円以上利用すると、電子マネー1,000円分がキャッシュバックされます。

間もなく終了のキャンペーンですので、しっかり読んで確実に1,000円ゲットしてください。

【4/23まで】Apple PayのPASMOの新規設定で20%キャッシュバック

しっかりと読んで確実に1000円をもらおうね
≪画像元:PASMO

4月23日までの期間中にエントリーの上で、新規発行か移行したApple PayのPASMOを使い、合計5,000円以上のPASMO定期券を購入するか、交通・電子マネーを利用すると、1,000円分の電子マネーが還元されます。

キャッシュバック率20%と、なかなかの高還元ですね。

キャンペーン期間中であれば、Apple PayのPASMOで定期券の購入および交通・電子マネー利用と、エントリーの順番は問いません。

移行ならば、キャンペーン期間前に購入したPASMO定期券でも対象

PASMOも対象ですよ
≪画像元:PASMO

PASMO定期券の移行(取り込み)ならば、キャンペーン期間前に購入したPASMO定期券でも対象ですので、忘れず手続きしましょう。

PASMOカード発行時にデポジット(保証金)を支払っていますが、移行するとデポジットは電子マネー残高としてチャージされます。

Walletアプリ(iPhone)、Watch(Apple Watch)、PASMOアプリから移行手続き可能です。

キャンペーンの注意点

ただし、このキャンペーンは以下の点に注意してください。

Android端末は対象外

・ iPhone 8以降(iOS14.0がインストール)

・ Apple Watch Series 3以降(watchOS7.0がインストール)

で、 Face ID・Touch IDまたはパスコードが設定されているものが対象機種です。

Android端末は、キャンペーン対象ではありません

アプリ等は、最新のものにアップデートしておいてください。

PASMOカードは使えなくなる

Apple PayのPASMOに移行すると、PASMOカードは使えなくなります。

デポジットはすでにチャージ済みで、返却してもデポジットは現金で戻ってこないので、自身で廃棄してください。

移行前の交通・電子マネー利用分は対象外

キャンペーン期間前のものでも、移行してキャンペーン対象となるのは「PASMO定期券」です。

キャンペーン期間前に利用した「交通・電子マネー利用分」は、対象ではありません

移行できないPASMOカード

移行できないPASMOもあるから気を付けてね
≪画像元:PASMO

・ 小児用PASMO

・ 一体型PASMO

・ 無記名PASMO

・ PASMO定期券(Apple PayのPASMOでの定期券発行に未対応の事業者発行の定期券)

・ 企画券や乗車証を搭載したPASMO

・ PASMO定期券(中学校・高校など)

上記のPASMOカードは、Apple PayのPASMOに移行できません

キャッシュバックの受け取り方

キャッシュバックの受け取り方は大事だね
≪画像元:PASMO

Apple PayのPASMOを利用し、キャッシュバックの対象になると、メールが送られてきます。

メールが送られて来たら、最寄りのセブン銀行ATMへ行き、以下の手順でキャッシュバックの受け取りをしてください。

1. ATM画面の「カードを使わない番号入力での取引」ボタンを押す

2. 提携先コード、お客様番号、確認番号を入力し、入力後「確認」ボタンを押す

3. 取引内容と金額を確認して「確認」ボタンを押す

4. PASMOをカードリーダーに置く

5. チャージ金額を確認して「チャージ」ボタンを押す

6. PASMOをカードリーダーから取り利用明細票を受け取ったら、取引終了

PASMOをカードリーダーに置く際は、Touch IDまたはFace IDでPASMOを使えるようにしてから置きましょう

新生活のプレゼントとして1,000円確実にゲットしよう

4月23日までの期間中、Apple PayのPASMOを合計5,000円以上利用すると、1,000円分の電子マネーがプレゼントされます。

PASMO定期券の移行ならば、キャンペーン期間前に購入したPASMO定期券でも対象と、大盤振る舞いです。

Apple PayのPASMOデビューのご祝儀として、確実に1,000円ゲットしましょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)