4月になると、税金などさまざまな請求書がやってくると思います。

そんな請求書の支払いをスマホ決済ですると、ポイント還元が受けられます。

今回は、主なスマホ決済で請求書の支払いをして、どんな還元を受けられるのかを徹底解説します。

【au PAY】0.5%還元

au PAYの請求書支払い
≪画像元:KDDI

au PAY残高を使ってau PAY(請求書支払い)で支払うと、0.5%分のPontaポイントが還元されます。

au PAYの決済上限は「25万円/回、50万円/日、200万円/月」ですから、高額な税金などの支払いにも十分に対応可能です。

「au PAYゴールドカード → au PAY残高」へのチャージで+2%還元

au PAYゴールドカードからau PAY残高にチャージで還元

さらに、au PAYゴールドカードからau PAY残高にチャージすると、さらに2%分(通常1%+ゴールドカード特典1%)のPontaポイントが還元され、合計2.5%還元となります。

チャージされたau PAY残高は、もちろんau PAY(請求書支払い)に利用可能です。

ゴールドカード特典の還元上限は「1,000ポイント/月」ですので、月10万円のチャージであれば満額還元されます。

高額な税金などの支払いをする際は、計画的にチャージするといいでしょう。

【LINE Pay】還元なし

LINE Payは還元なし
≪画像元:LINE Pay公式ブログ

LINE Pay残高を使ってLINE Pay請求書支払いで支払っても、LINEポイントが還元されません。

LINE Pay残高を使ったLINE Payは、請求書支払いに限らずLINEポイントが還元されないのです。

LINEクレカを使った「チャージ&ペイ」なら還元あり

チャージ&ペイなら還元あり
≪画像元:LINE Pay公式ブログ

Visa LINE Payクレジットカード(LINEクレカ)を使った「チャージ&ペイ」なら、請求書支払いでも還元があります

チャージ&ペイとは、事前チャージ不要でLINE Payを利用できるサービスです。

LINEポイントクラブのマイランクに応じて、1~3%分のLINEポイントが還元されます。

ただし、5月からはマイランクに関係なく一律0.5%に改悪されるので、注意しましょう。

【PayPay】最大1.5%還元

PayPay最大1.5%還元
≪画像元:PayPay

PayPay残高を使ってPayPay請求書払いで支払うと、前月の決済回数や決済金額に応じて0.5~1.5%分のPayPayボーナスが還元されます。

「100円以上の決済回数50回以上」「利用金額10万円以上」が、1.5%還元の条件です。

還元上限は「7,500円相当/回、1万5,000円/期間」とたっぷりですので、問題ないでしょう。

「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」でチャージすると、クレカのポイントがもらえる

ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いでチャージ
≪画像元:PayPay

請求書払いに使えるのはPayPay残高のみですが、ヤフーカードからPayPay残高にチャージしても、クレカのポイントは還元されません。

しかし、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーが使える「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」でクレジットチャージすると、クレカのポイントが還元されるのです。

ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いの利用上限は、契約内容・利用状況・支払い状況に応じて、最大10万円まで設定されます

支払い状況に応じて、最大10万円まで設定されます
≪画像元:三井住友カード

現在、最も高還元となる組み合わせは、「PayPay請求書払い+LINEクレカ」です。

LINEクレカを登録した「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」でPayPay残高にチャージし、その残高4月中にでPayPay請求書払いをすれば、最大4.5%還元も可能です。

5月以降であっても、「LINEクレカ:2%+PayPay請求書払い:最大1.5%」で、3.5%還元も不可能ではありません

【FamiPay】10円相当/件の還元(税金は対象外)

FamiPay1件につき10円相当の還元
≪画像元:ファミリーマート

FamiPay残高を使ってFamiPay請求書支払いで支払うと、1件あたり10円相当のFamiPayボーナスが還元されます

支払金額にかかわらず、1件当たり10円相当です。

ただし、税金をFamiPay請求書払いで支払っても、FamiPayボーナスが還元されませんし、一部税金はそもそも支払えません。

「ファミマTカード」でのチャージ+0.5%分のFamiPayボーナスが還元

ファミマTカードでのチャージでFamiPayボーナス還元
≪画像元:ファミリーマート

FamiPay残高へのチャージは、「ファミマTカード」がおすすめです。

Tポイントが貯められるファミマTカードですが、FamiPay残高にチャージしてもTポイントは還元されません

その代わり、毎月のクレジットチャージ200円につき、FamiPayボーナスが1円分還元されます。

【d払い・楽天ペイ】還元なし

d払い・楽天ペイは還元なし
≪画像元:NTTドコモ

d払い残高を使ってd払いの請求書払いで支払っても、dポイントの還元はありません

また、d払い残高へのチャージでクレジットカードを設定することはできず、残高へのチャージでdポイントを貯めることもできません。

楽天ペイに至っては、そもそも請求書払いができません

還元率だけでなく請求書の取扱先の多さも考慮に入れよう

ここまでさんざん還元率の話をして恐縮ですが、請求書支払いは還元率だけで測れません。

支払おうと考えている請求書が、スマホ決済で対応していない場合もあるからです。

還元率だけでしたらau PAYが最も有利ですが、取扱先も考慮に入れると、取扱先の多いPayPayが最もおすすめでしょうか。

次いでLINE Pay、au PAYといった感じです。

同じ支払うなら、お得な方法で支払いましょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)