楽天ポイントは、楽天市場での買い物や、楽天トラベルで旅行予約をするなど、楽天のサービスを使うことで貯められます。

最近では「楽天経済圏」という言葉が使われるようになりましたが、私自身も平均して毎月1万ポイント程を獲得しています。

貯まったポイントは共通ポイントとして買い物はもちろん、旅行やスマホ代、投資や保険などさまざまなシーンで使えます。他のポイントサービスと比較しても、貯めやすく使いやすいのが楽天ポイントです。

今回は、楽天経済圏でポイント獲得をしながらお得に生活するための「5つの心得」について解説します。

楽天ポイントを効率よく稼ぐための「5つの心得」

楽天ポイントを稼ぐための「5つの心得」

会員登録して楽天市場を利用するだけで、誰でも買い物金額の1%の楽天ポイントの還元を受けられます。

しかし、それだけでは1,000円買い物をしても10ポイントにしかなりません(1ポイント = 1円で利用可能)。

一方で、事前の知識を駆使して現在使っているサービスの切り替えなをすれば毎月1万ポイント以上の獲得を簡単に実現できますので、皆さんもぜひチャレンジしてください。

心得1. 楽天経済圏に入るには楽天サービスを使いこなす

SPU
≪画像元:Rakuten Group

積極的にポイント獲得を目指すことをポイ活と呼びますが、楽天でのポイ活を始める際には、最初に楽天のクレジットカードを申し込みましょう。

楽天カードを利用することで、楽天以外の買い物や食事など日常の支払金額の1%の還元を受けられます。キャンペーン期間中には、新規入会とカードの初回利用だけで5,000~8,000ポイントももらえるのも嬉しい要素です。

また、楽天市場や楽天トラベルなど楽天が提供するサービスの登録や利用で、その月の獲得ポイント倍率が上がる仕組みになっています。これを「SPU(スーパーポイントプログラム)」と言います。「SPU」で最大15.5倍まで倍率を上げることが可能です。

特に、日常に欠かせないスマートフォンの契約を楽天モバイルへと切り替えることで月額費用をぐっと抑えられるほか、ポイントでスマホ代を支払えて固定費の削減にもなるのでおすすめです。

スマホ料金の見直し、買い物を楽天で定期便にする、インターネット回線を楽天に切り替えるなど、日常利用しているものを楽天のサービスに切り替えていくことを意識していきましょう。

以下にSPUの対象になる楽天のサービスとポイント倍率を記載しておきますので、参考にしてみてください。

・ 楽天会員:+1

・ 楽天モバイル:+1倍

・ 楽天モバイルキャリア決済:+0.5倍

・ 楽天ひかり:+1倍

・ 楽天カード:+2倍

・ 楽天プレミアムカード:+2倍

・ 楽天銀行&楽天カード:+1倍

・ 楽天の保険&楽天カード:+1倍

・ 楽天でんき:+0.5倍

・ 楽天証券:+1倍

・ 楽天トラベル:+1倍

・ 楽天市場アプリ:+0.5倍

・ 楽天ブックス:+0.5倍

・ 楽天Kobo:+0.5倍

・ 楽天Pasha:+0.5倍

・ Rakuten Fashionアプリ:+0.5倍

・ 楽天ビューティ:+1倍

楽天サービスの登録は「セルフバック」が鉄則

楽天のサービスを登録すると最大15.5倍にまでポイント倍率が向上しますが、登録の際にはセルフバックを活用するとキャッシュバック額が数万円相当になります

セルフバックとは、自己アフィリエイトとも呼ばれるネット上の宣伝商品を自身が購入することで報酬が入る仕組みのことです。

セルフバックのできる大手アフィリエイトサイト「A8.net」では、キャンペーン期間中に楽天サービスの登録をする際の高額セルフバックの案件が数多く出現する傾向があります。

キャンペーン期間での一例を上げると、

・ 楽天クレジットカード:カード成約9,000円

・ 楽天モバイル:新規契約2,000円

・ 楽天マガジン:新規登録380円

などです。

キャンペーン期間中にこれらの特典が出ない場合にはキャッシュバック額が少額になってしまいます。自分の申込みのタイミングが合わない場合には、キャンペーンのタイミングを待つか、潔く通常契約をすることをおすすめします。

なお、現在は楽天カードの案件がキャンペーン対象になるケースが多いため、キャンペーンが終了しても1か月ほど待つご再度キャンペーンが始まることもあります。ご自身のタイミングで高額キャッシュバックを狙ってください。

心得2. 楽天銀行の口座を開設する

楽天銀行の口座を開設すると、買い物をすることなくポイントを貯められます。

他行の口座からの振り込みやATM取引、給与・賞与・年金の受け取りでもポイントが貯まるからです。

さらに、「ハッピープログラム」という楽天銀行の顧客優遇サービスにエントリーすると、ポイント還元率の上昇につながります。

口座残高や取引件数ごとに5つのステージがあり、1番上の「スーパーVIP」になると楽天ポイントの獲得倍率が3倍になります。口座の取引だけでポイントが貯まるお得なシステムです。

心得3. 楽天市場とキャンペーンを使いこなす

楽天市場と定期的に行われるキャンペーンを使いこなすことがポイントを効率よく貯めるコツであり、私もこの点を重要視しています。

楽天市場では、毎月1日は合計3,000円以上の買い物で全ショップのポイントが3倍に、5の倍数の日は最大5倍になります。

また、定期的に「お買い物マラソン」というキャンペーンが開催されていて、楽天市場内の複数のショップで買い物をすると最大10倍のポイントをもらえます。

毎月1日と5の倍数の日、「お買い物マラソン」のお知らせは要チェックです。

注意点は、ポイント倍率を上げようとして無駄なものを勝ってしまうことです。あくまでも必要なものを安く、お得に購入する際のテクニックとして意識してください。

また、楽天以外のドラッグストア、ファミレス、コンビニ、百貨店とのキャンペーンも不定期に開催されています。お出かけ前にスマホで確認してみましょう。

心得4. 楽天PointClubの会員ランクを上げる

楽天ポイントクラブ

≪画像元:Rakuten Group

楽天PointClubでは、楽天会員のポイント獲得数と獲得回数に応じた会員ランクを設けていて、毎月のポイント獲得数と獲得回数に応じた特典を受けられます。お買い物マラソンやキャンペーンを活用して効率的に楽天ポイントを稼ぎましょう。

楽天市場、楽天銀行、楽天カードなどの利用ですぐにランクアップ条件のポイントの獲得回数まで到達します。

楽天PointClubの会員ランクは全部で5つで、最初は何も特典のないレギュラーランクからのスタートです。しかし、最高ランクのダイヤモンドランクになると、会員限定の特別セールの招待・誕生日ポイント700ポイント進呈など、使えば使うほどお得な特典をたくさん受けられます。ランクキープ、ランクアップを目標に楽天ポイントをどんどん獲得してください。

心得5. 100点でなく70点を目指す

楽天ポイントは、楽天のサービスを利用すればするほど大きな倍率で還元されます。しかし、最大限のポイントを受け取ろうとすると、買いたい物があってもお得な日まで先延ばしにしたり、ポイントの計算に時間をかけて混乱してしまいます。100点を目指すと時間を取られて却ってコスパが悪くなることがあるのです。ポイ活に追い込まれないよう、無理なく70点を目指してポイントを稼ぎましょう。

楽天ポイントを効率よく稼いで日常の出費を削減

楽天ポイントを稼ぐという視点は「なんだかせこい考え方だな」と思う方もいるかもしれませんが、日常の無駄な出費を削減するには非常に効果的な方法です。

毎月1万ポイントの還元を得られれば、年間12万ポイント、つまり12万円分の削減効果を得られるのです。しかも、誰でも簡単に始められるのでやらない手はありません。

今回紹介した「5つの心得」ををベースにして、ご自身の考えもあわせながら楽天経済圏を活かしたお得な生活をしてみてはいかがでしょうか。

「ポイ活は日常生活の一部」というスタンスでいることが長続きの秘訣です。楽天ポイントを効率的にザクザク稼いでください。(執筆者:前園 将一)

楽天市場で開催中のお得なキャンペーンも覗いてみましょう。

楽天SPUとは?

【楽天ポイント】SPUでラク&効率よく最大16倍にする「8つのコツ」と最大44倍にする方法