2001年11月、「楽天Edy」は、「Edy」としてサービスが始まりました。

サービス開始当初に作ったANAマイレージクラブのカードと一体になった「Edy」、筆者は現在もこれを愛用しています。

2021年、サービス開始から20年を迎えるにあたって、キャンペーン第1弾が開催中です。

今回は、このキャンペーンを徹底解説します。

【6/30まで】楽天Edyの利用で最大100万ポイントを山分け

楽天Edyの利用で最大100万ポイント山分け
≪画像元:楽天Edy株式会社

6月30日までの期間中にエントリーの上で、楽天Edyを利用すると、対象者全員で最大100万ポイントを山分けします(上限は200ポイント)。

「楽天」ではないEdyも対象
≪画像元:楽天Edy株式会社

現在の楽天Edy(旧ロゴを含む)はもちろん、「楽天」ではないEdyも対象で、カード、アプリのどちらも対象です。

税込200円以上かつ「2」が含まれる支払いをすると、山分け対象者となります

200円、520円、1,002円、3,200円など、どの桁に2が入っていても構いません

参加者みんなで山分けです
≪画像元:楽天Edy株式会社

対象の支払いが全部で20万回を超えるごとに、山分けする楽天ポイントが20万ポイントずつ増えます

「元気玉」のようにみんなの力を合わせて、最大100万ポイント山分けを目指しましょう。

キャンペーンの注意点

ただし、このキャンペーンは以下の点に注意してください。

【注意1】楽天Edyマイページに登録されている楽天Edyが対象

対象となる楽天Edyは、楽天Edyマイページに登録がされている楽天Edyです。

登録前の支払いはキャンペーン対象外ですので、まずは登録してください。

登録してあれば、エントリーと利用の順序は問いません。

【注意2】「税込」で2が付く金額の楽天Edy支払いが対象

対象となる支払いは、「税込」で2が付く金額です。

例えば、税別で422円の支払いをしても、税込では464円(税率10%の場合)となり、2が付かないので対象になりません。

また、楽天ポイント加盟店で320円の買い物をする際、ポイントから10ポイント充当すると、楽天Edyでの支払いは310円となります。

この場合も2が付かず対象にはなりませんので、注意しましょう。

さらに、楽天Edyへのチャージ、Edyの受け取りは含まれません

1人1口のみ

対象の楽天Edyを何回しても、山分けは1人1口のみです。

ただし、山分けポイントを増やすためには、1人が複数回決済することが重要となるでしょう。

山分けは期間限定ポイント

山分け特典を還元する際、特にお知らせはありません。

7月31日ごろに還元され、還元日より30日間有効な期間限定ポイントです。

通常ポイントより期限が短く、他のポイントへの交換などもできません

第2弾以降のキャンペーンにも乞うご期待

20周年を迎える楽天Edyでは、第1弾キャンペーンとして最大100万ポイント山分けを実施します。

みんなで「シャリ~ン」するごとに、山分けポイントが増える仕組みです。

第2弾、第3弾のキャンペーンも予定されていますので、期待しましょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)