楽天銀行で口座開設してから数か月が経過しました。

楽天ポイント獲得数と獲得回数が増えたことで、楽天会員ランクアップにもつながりとても満足しています。

楽天銀行の口座を貯蓄用のサブバンクとして利用しており、ネット銀行ならではの金利の良さも大きな魅力だと感じています。

この記事では、楽天銀行のハッピープログラムについてと、サブバンクとしての活用方法についてご紹介したいと思います。

楽天銀行のメリット

楽天銀行のメリット
≪画像元:楽天銀行

実際に使用して感じる楽天銀行の主なメリットは、

・ コンビニATMでいつでも入出金可能

・ ハッピープログラムエントリーでATM手数料無料

・ 楽天ポイントが貯まりやすい

・ ネット銀行ならではの好金利

などです。

コンビニATMでいつでも入出金可能で、ハッピープログラムを利用すれば手数料無料にもなるのでとても便利です。

楽天銀行の口座で楽天カードの引き落としをすると「ポイント+ 1倍」なので、私は現在「楽天カード+ 2倍」「楽天会員+ 1倍」「楽天市場アプリ+ 0.5倍」と合わせて常時4.5倍のポイントを獲得できています。

ハッピープログラムで楽天ポイント獲得数と獲得回数が増えます

ハッピープログラムについて
≪画像元:楽天銀行

ハッピープログラムは、楽天銀行のお客様優遇プログラムで、エントリーするだけで取引ごとに楽天ポイントが貯まるお得なプログラムです。

「取引ごとに楽天ポイントが貯まる」という点が絶妙で、他の金融機関からの振込、給与受取などの度にポイントがもらえるのでポイント獲得回数を稼ぐのに便利です。

楽天銀行の口座開設で会員ランクアップにもつながりやすい

≪画像元:楽天ポイントクラブ

私自身、楽天銀行で口座開設してからハッピープログラムを利用しポイント獲得回数を稼げているので、楽天会員ダイアモンドランクにランクアップできました。

楽天会員のランクを上げるにはいくつか条件があり、例えばダイアモンドランクでは

「過去6か月で4,000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得、かつ楽天カード保有」

が条件となっています。

楽天銀行のハッピープログラムを利用すれば、ネックとなりやすいポイント獲得回数を稼げるのでランクアップにつながりやすくなります。

楽天経済圏を活用していて、会員のランクを上げたいと考えている方には楽天銀行の口座開設&ハッピープログラムの利用がおすすめです。

ハッピープログラムには5つのステージがある

ハッピープログラム5つのステージ
≪画像元:楽天銀行

楽天銀行のハッピープログラムには5種類の会員ステージがあります。

私自身、口座開設からまだ数か月で、会員ステージは「アドバンスト」で、ATM利用手数料と他行振込手数料は月1回まで無料となっています。

基本的に貯蓄用のサブバンクとして利用しており、ATMでの出金や他行振込はほとんどしないので、手数料の無料回数はそれほど気にしていません。

コンビニATMで入出金ができるのは便利ではありますが、会員ステージが低いと結局手数料がかかってしまうので注意が必要です。

楽天銀行の口座をメインバンクとして使いたい方は、手数料無料の回数を上げるためにも、会員ステージを上げる方がメリットも大きいでしょう。

好金利でサブバンクとして優秀

サブバンクとして優秀なのです
≪画像元:楽天銀行

楽天銀行などのネット銀行は店舗運用のコストがかからないので、都市銀行や地方銀行に比べて金利が高い点も大きな魅力です。

楽天銀行の普通預金金利は、大手銀行の約20倍の0.02%だそうです。

楽天銀行と楽天証券を連携させれば更に金利アップが狙えるので、楽天証券の開始にも興味を持っているところです。

ハッピープログラムをうまく活用しよう

以上、この記事では楽天銀行のハッピープログラムについてと、サブバンクとしての活用方法についてご紹介しました。

楽天銀行はハッピープログラムをうまく活用することで、手数料優遇やポイント獲得にも有利です。

サブバンクとしても使いやすく投資との相性も良さそうなので、楽天経済圏を活用している方におすすめです。(執筆者:桐里 もえ)