東京都民に嬉しいニュースです。2021年5月6日から、QRコード決済のau PAYが都税支払いに対応します。

自動車税や固定資産税などが、au PAYで支払えるのです。

税金や公共料金の多くはすでにクレジットカード払いができるようになっていますが、au PAYで支払えることには大きな意味があるので紹介します。

au PAYでの税金支払方法

au PAY請求書支払手順
≪画像元:KDDI

au PAYは、アプリをインストールして、au IDを登録すれば誰でも利用できます。

大きな特徴はチャージ式であることです。事前にクレジットカード等からチャージをして支払います。金額上限は25万円までです。

アプリの「ホーム」→「コード支払い」→「コード読取」と進むとカメラが開くので、こちらで納付書のバーコードを読み取ればOKです。

チャージ式であるという点が、税金支払において画期的な役割を果たすのです。

au PAY以前の都税支払

税金支払ができるQRコード決済はau PAYが初めてではありませんが、au PAYは新たな付加価値を提供してくれます。

QRコード決済共通の特徴と併せて確認しましょう。

QRコード決済は手数料が掛からない

税金には「都税クレジットカードお支払いサイト」「Yahoo!公金」「モバレジ」等のウェブサイトで、クレジットカード払いができるものがあります。

ただし、税金のカード払いにおいては、決済手数料を利用者自らが負担しなければなりません

「都税クレジットカードお支払サイト」で都税を支払う場合、手数料は1万円につき約80円(税込)です。

ポイント還元率1.0%のカードで決済すれば、1万円につき100円分ポイント付与されるので損はしません。それでも、カードの利便性と付加価値は損なわれています。

都税 クレジットカードお支払サイト
≪画像元:東京都主税局

QRコード決済の税金支払は残高払い限定

QRコード決済アプリで税金納付書を読み込んでその場で支払うことはすでに2020年から可能になっていますが、デメリットは支払い原資が「残高」に限定されていることです。

QRコード決済を使ったカード払いはできません。クレジットカード払いの際の手数料を念頭に置けば、この措置は当然でしょう。

ところで、次の条件が整うのであれば、残高払い限定といっても実質的にはクレジットカード決済です。

(1) 残高をクレジットカードからチャージできる

(2) チャージの際、クレジットカードのポイントが付く

(3) 残高で税金が支払える

(1) ~ (3) のすべてを満たすQRコード決済は今までほぼありませんでした。

かろうじて、「LINE Pay」と「Visa LINE Payクレジットカード」との限定された組み合わせがあっただけです。

これを劇的に変えたのがau PAYです。上記の3つすべてを満たします

au PAYでの税金支払はクレジットカード払いよりもよい

au PAYでの税金支払効果をさらに深掘りします。

au PAYにチャージできてポイントの貯まるクレジットカードのある人は、au PAYでの支払いが最もお得です。

au PAYとクレジットカードでの税金支払いを比較

au PAYでの都税支払のメリットです。

・ 手数料無料

・ チャージでポイントが貯まるクレジットカードが多数ある

・ 税金支払時に0.5%ポイントが付く

・ バーコードを読み込むだけなので簡便

系列の「au PAYカード」からのチャージであれば、チャージ時の1.0%、利用時の0.5%と、Wポイントがつきます。

実際のリターンと経費を比較

「5万円」の自動車税を支払うケースを想定してポイント還元と手数料とを比較します。

クレジットカードのau PAYカードで、「都税クレジットカードお支払いサイト」を利用して支払う場合が比較対象です。

実際のリターンと経費を比較

このように、au PAYの勝利です。

au PAYにチャージしてポイントの貯まるカード

大事な注意点です。

au PAYにチャージできて、かつチャージ時にポイントの貯まるクレジットカードは限られています

チャージ用におすすめのカードをお伝えします。チャージ時の還元率も載せています。

・ au PAYカード(1.0%

・ 楽天カード(1.0%

・ Orico Card THE POINT(1.0%

・ ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード(1.0%

・ エポスカード(0.5%)

・ セゾンカード(0.5%)

Ponta陣営にいながらもリクルートカードのようにチャージしてもポイントの貯まらないカードもあるので気を付けましょう。

都税を支払うなら、ぜひau PAYで最大限のリターンを得ましょう。(執筆者:沼島 まさし)