ローソン銀行は、その名の通りおなじみコンビニ大手のローソンが主導となり開業した銀行です。

キャッシュレスが進んだ現代では現金を持つことが減ったとはいえ、銀行は無用というわけにはいきません。

利用しやすいコンビニで使えるローソン銀行のメリット・デメリット、お得なキャンペーンについて調べてみました。

ローソン銀行

ローソン銀行の3つのメリット

ローソン銀行のメリット3つお伝えします。

【メリット1】ATMの設置数が多い

ローソン銀行のATMは1万3,367台(2020年3月現在)、平均すると1都道府県に280以上ある計算になります。

24時間営業の店舗もあるコンビニですから、いつでも出し入れできるのは助かります。

ただし、店舗そのものは国内に1万4,476(2021年2月現在)あるというのですから、全てに併設されているというわけではないようです。

参照:ローソン銀行(PDF)

【メリット2】手数料が安い

銀行を利用するうえで手数料は、日々積み重ねるとあなどれない金額になるので確認しておきましょう。

ローソン銀行のATMは預入れ、引き出しともに、朝7時から夜19時まで費用はかかりません

それ以外の時間でも110円です。

さらにこれは、平日であっても土日祝日あっても違いがありません。

ローソンATMの手数料
≪画像元:ローソン銀行

また意外に費用がかかる振込手数料は、大手メガバンク・りそな銀行では他行への振込はカードで440円、現金では660円です。

一方ローソン銀行では、個人のローソン銀行の口座あては55円、他の金融機関の口座へは220円とこれまた、安くすませることができます。

【メリット3】300万円以上預けるなら金利がよい

低金利といわれて久しいですが、現在もゆうちょ銀行の通常貯金はいくら預けても0.001%、定期預金は 0.002%にとどまっています。

参照:ゆうちょ銀行

かたやローソン銀行の普通預金は、300万円未満は年0.001%とゆうちょ銀行とかわりませんが、300万円以上になると150倍の年0.150%になります。

またスーパー定期・期日指定定期預金ではともに年0.030%、とゆうちょ銀行より上回っています。

参照:ローソン銀行

ローソン銀行の要確認事項

電気や水道料金等の公共料金や税金、クレジットカード等の使用料金など、口座振替の取扱いがありません

ですが、ローソン銀行のクレジットカード「ローソンPontaプラス」の支払口座にローソン銀行口座を指定しておき、「ローソンPontaプラス」で決済すれば各種料金を銀行口座から引き落とすことができます

参照:ローソン銀行

また口座維持手数料はありませんが、長年使っていない普通預金口座には「未使用口座管理手数料」が必要となる場合があります。

最後の入出金から2年以上1度も取引がない残高1万円未満の普通預金口座に対して、毎年1,320円(税込)かかります

ただし、以下は対象とはなりません。

・ 同一支店に定期預金口座があり、1円以上残高がある

・ ローソン銀行ダイレクトに、直近2年以内にログインしている

・ ローソン銀行クレジットカード「ローソン Ponta プラス」の引落口座となっている

現在開催中のキャンペーンを紹介

ここからは、現在開催中のキャンペーンを紹介します。

ローソン銀行に口座がなくても参加できるものがありますので、ご確認ください。

かんたん口座開設で100Pontaポイントプレゼント

ローソン口座アプリ
≪画像元:ローソン銀行

口座をまだお持ちでないなら、キャンペーンを利用しましょう。

口座開設アプリから開設すると100Pontaポイントがもらえます。

応募手順

(1) 口座開設アプリから口座開設を申し込む。

(2) 申込時にお客さま情報入力画面からPonta会員IDを入力、もしくはキャッシュカード到着後、ローソン銀行ダイレクトからPonta会員IDを登録する。

注意点

Ponta会員ID登録は、キャッシュカード表面に記載されている発行年月の翌月15日までに終えてください。

またこのキャンペーンは、口座開設Webやメールオーダー(申込書類)で申し込んだ場合は対象外です。

必ずアプリを経由してください。

信用金庫 ATMご利用キャンペーン 4月19日~5月31日

ローソン銀行からのATM出金
≪画像元:ローソン銀行

信用金庫でのご利用がある方、必見です。

ローソン銀行ATMにて信用金庫キャッシュカードを使ってに入金もしくは出金をし、応募すると抽選でAmazonギフト券1,000円分が2,000名にプレゼントされます。

応募手順

(1) ローソン銀行ATMにて入出金など取引後、発行されるクーポンを取得する

(2) 期間中にクーポンのQRコードや検索からキャンペーンページにアクセス、「キャンペーンに応募する」をクリックする

(3) クーポンに記載されている問合わせ番号と必要事項を入力する

注意点

結城信用金庫、川口信用金庫、横浜信用金庫、松本信用金庫、興能信用金庫、津信用金庫、高知信用金庫は対象外です。

また指定されている取引は入出金となっており、各種照会は該当しません。

10万Pontaポイントもらえるチャンス 4月13日~5月31日

10万ポイントもらえるチャンス
≪画像元:ローソン銀行

こちらは取引不要です。

キャンペーンサイトからアンケートするだけ、10人に10万Pontaポイントがあたります

注意点

Ponta会員IDが必要です。

チャンスはIDごとに1回、キャンペーン期間中から特典進呈までにPonta会員IDを退会された場合、リクルートIDを退会された方はポイントは獲得できません。

三菱UFJニコス × ローソン銀行 Pontaポイントプレゼントキャンペーン! 4月1日~5月31日

Pontaポイントキャンペーン
≪画像元:ローソン銀行

三菱UFJニコス(MUFGカード、DCカード、NICOSカード)をご利用の方は、ローソン銀行ATMで入出金をすると、もれなく毎月10Pontaポイントがもらえます。

さらに参加した人の中から30人には、1,000Pontaポイントが進呈されます。

注意点

応募できるのは1PontaIDあたり毎月1回までです。

使用するATMは、ローソンに設置のローソン銀行のものをご利用ください。

それ以外は対象外です。

こんな方におすすめ 

ローソン銀行の1番のメリットは、出し入れのしやすさです。

一般的な銀行よりATMの数は多いうえ、手数料無料の時間が長く、しかもそれは日曜祭日でも変わりません。

お勤めの方など、平日の昼間に忙しい方は特に使いやすいでしょう。

また、口座振替できないのは一見デメリットとも考えられますが、生活費と分けられるという見方ができます。

300万円以上なら普通預金でも金利が上がることをいかして、貯蓄口座とするのもよいでしょう。

さらにPontaとの相性が良いことから、ポイントをためてお試し引換券で生活費を節約している方にもおすすめです。

ローソン銀行の特徴を理解して、うまく生活にいかしていきましょう。

なお、記載の情報は2021年5月現在のものです。

金利などは変更される場合がありますので、ご利用の際はホームページなどをご確認ください。(執筆者:吉田 りょう)