豆苗は、価格が手頃で通年安定供給している緑黄色野菜です。

栄養価も高いのはもちろん、1度使ったあともすぐに育って、再収穫できるなど、節約にもってこいの野菜です。

でも豆苗のおかずって、

「なんだかいつも炒め物になっている」

「バリエーションが少ない」

なんてことはありませんか。

今回は、そんな豆苗の簡単節約レシピをご紹介します。

豆苗で、節約&簡単レシピ

豆苗って、どんな野菜?

豆苗はえんどう豆(グリンピース)の若菜です。

シャキシャキとした歯ごたえが特徴的です。

ビタミンA(βカロテン)、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維など、栄養も豊富です。

他の緑黄色野菜と比べてみても、

≪画像元:文部科学省

豆苗は栄養価が高いことがわかります。

手頃に購入できるのも、豆苗の魅力です。

筆者がよく利用するスーパー「オーケー」では、1パックで72円(税込み)、他のスーパーでも、100円前後で売っています。

再生可能な野菜

【切ってすぐ】

切ってすぐの状態です

【切ってから5日経過】

切ってから5日経過した状態です

そして、なんといっても「再収穫できる」というのが豆苗の最大のポイントでしょう。

1度カットした根の部分を水につけておくと、ぐんぐん成長して1週間ほどでまた収穫できます

その後も、場合によっては2~3回ほど収穫できることもあります。(2回目以降は、少し細い茎になります)

水は毎日取り換えたほうが、育ちがいいようです。

冷凍保存もできる

1度に使いきれなかった分は、冷凍保存が便利です。

カットしてそのまま保存袋へ入れて、冷凍庫へ。

炒め物やみそ汁などに、すぐに使えて重宝します。

おすすめ簡単レシピ(1) 「豆苗ともやしの豚肉巻き」

豆苗ともやしの豚肉巻き

野菜と一緒にたんぱく質もとれる、主菜になる1品です。(1人前199円、調味料分は除く)

【材料2人前】

・ 豆苗 → 1パック

・ もやし → 1/2パック

・ 豚バラ肉スライス → 200g

・ 塩コショウ → 少々

【作り方】

(1) 豆苗は根本を残してカットして軽く洗っておく。もやしも洗っておく。

(2) 豚バラ肉スライスを広げて塩コショウをふっておく。

(3) 豆苗ともやしを豚バラ肉スライスで巻く。

(4) 耐熱容器に入れ、ラップをかけて電子レンジで5分ほど加熱する。(肉に火が通るまで加熱)

味付けは、ポン酢&ごま油がおススメです。

ちなみに、肉巻きでポピュラーな野菜「アスパラガス」で作ってみると、1人前300円前後です。

かつ、栄養価は豆苗のほうが高いです。

≪画像元:文部科学省

おすすめ簡単レシピ(2) 「豆苗の中華風和え物」

シャキシャキとした歯ごたえと、ごま油の風味が食欲をそそります。(1人前36円、調味料分は除く)

【材料1人前】

・豆苗 → 1/2パック(50g~60g)

・ごま油 → 小さじ1

・醤油 → 小さじ1と1/2

・白ごま(いりごま) → 適量

【作り方】

(1) 豆苗は、食べやすい大きさに切ってサッとゆでる。

(2) よく水気をきった豆苗と、ごま油・醤油を和える。

(3) 仕上げに白ごま(いりごま)をかける。

味付けは、お好みで調整してください。

再収穫した豆苗で作れば、「ほぼタダ」で完成する節約満点な1品です。

おすすめ簡単レシピ(3) 「豆苗とチーズのトースト」

豆苗とチーズのトースト

とろけるチーズに、豆苗の甘い香りと歯ごたえがおいしい1品です。(1人前82円、調味料分は除く)

【材料1人前】

・ 豆苗 → 20g

・ とろけるチーズ → 30g

・ 食パン → 1枚(6枚切り)

・ コショウ、オリーブオイル(お好みで)

【作り方】

(1) 豆苗は3cmほどの食べやすい大きさに切って洗っておく。

(2) 食パンに、豆苗とチーズをのせてオーブントースターで焼く。

(3) 仕上げにお好みで、コショウやオリーブオイルをかける。

アルミホイルの上にのせて焼くと、チーズがこぼれても安心です。

1品で、野菜もたんぱく質食材も、炭水化物食材もとれる、忙しい朝にぴったりなトーストです。

節約と健康維持を両立

豆苗は、他の緑黄色野菜と比べても栄養価が高く、かつ値段も手頃なので、節約と健康維持を両立できる優秀野菜です。

クセが少なくどんな料理にも合うので、何度食卓に上がっても、飽きがこないで食費節約できるのがうれしいです。(執筆者:中島 さゆり)