プラチナカードが欲しいけど、年会費がちょっと高いと思っていませんか。

そんな方のため、今回は年会費が2万円を切る超格安プラチナ「UCプラチナカード」を紹介しましょう。

UCプラチナカードの概要

プラチナカードって年会費が高いと思う

UCプラチナカードの概要を紹介しましょう。

一覧でまとめてみたよ

特徴1:年会費1万円台のプラチナ

年会費が数万円することも珍しくないプラチナカードにおいて、UCプラチナの年会費はリーズナブルです。

本人会員は1万6,500円と、安いと評判のMUFGプラチナ・アメックスの2万2,000円よりさらに安くなっています。

家族会員は、1名につき3,300円です。

特徴2:基本還元率は1%

基本の還元率は1%なのさ

UCプラチナカードを1,000円利用するごとに、UCポイントが2ポイント貯まります。

1ポイント=5円相当のアイテム(UCギフトカード、dポイントなど)と交換すれば、還元率は1%です。

特徴3:ボーナスポイントもあり

ボーナスポイントもあるっていうのよ

さらに、以下の2つの条件を満たすと、ボーナスポイントがもらえます。

1. 当年10月~翌年9月にポイントが付く月が10回以上 → 100ポイント

2. (1) の条件を満たした上で、UCポイントが累計1,000ポイント以上 → 150ポイント

公共料金の支払い元などに設定すれば、1の条件は簡単にクリアできそうですね。

特徴4:「スマホ保険」も付帯

スマホ保険の付帯してるってのはすてき

海外旅行保険やショッピング保険などでも、スマホやノートPCの故障や盗難まで補償してくれる保険は、多くありません。

しかし、UCプラチナカードには通信端末機器の保険が付いており、以下の6つの条件をすべて満たすと適用されます。

・ 本人または家族の通信端末機器

・ 無線通信(Wi-Fi)接続が可能な通信端末機器

・ サービス入会日の午前0時以降

・ サービス入会日時点で正常に動いており、保険開始日の1年前より後に購入

・ 日本国内の正規品

・ 日本国内で修理可能、購入可能

修理可能な場合は年1回、最大3万円を上限に支払われます。

修理不能な場合は、保険金額の25%または購入金額の25%のいずれか小さい金額です。

特徴5:さまざまなサービスで優待あり

優待がたくさんあるのよ

UCプラチナカード会員限定で、優待サービスを受けられます。

主な企業と優待内容は、以下の通りです。

・ アソビュー!:体験予約・レジャーチケットが+10%OFF、アソビュー!ストアで販売している商品全品が常時5%オフ

・ 資生堂パーラー:アペリティフ1杯サービス(4名分まで)

・ 成城石井.com:5%オフクーポン

・ 日比谷花壇:フラワーギフト利用料金10%引き(オンライン限定)、高級日本酒のフラワーラッピングギフト

・ menu(フードデリバリー):初回インストール者限定2,000円分クーポン

・ 焼肉トラジ:プレミアムコース2,000円オフ+ドライスーププレゼント(オンライン限定)、スープ4つプレゼント(店舗)

比較的高級なサービスが多いですが、日常使いできる店舗もあります。

【6/30までに入会】利用金額の20%還元

6/30までに入会したらお得だよ

6月30日までに入会し、8月末日までにカードショッピングで利用(ETCカード、家族カード利用分も含む)すると、利用金額の20%分のUCポイントが還元されます。

上限は2,000ポイントですから、1万円利用分までは満額還元と、ハードルは高くありません。

UCプラチナカードの注意点・デメリット

UCプラチナカードは以下の点に注意してください

ポイント付与単位が1,000円と高額

UCプラチナカードは、1,000円利用ごとに2ポイントが付与されます。

1,000円未満の利用は切り捨てですので、ちょっともったいないですね。

旅行保険が利用付帯

UCプラチナカードには、最高5,000万円の海外・国内旅行保険が付帯しています。

しかし、海外・国内とも、旅行代金をUCプラチナカードで支払わなければなりません。

プライオリティ・パスがない

「プライオリティ・パス」は、国内外の航空会社の空港ラウンジを利用可能なパスです。

プライオリティ・パスに無料登録できるプラチナカードも多いのですが、UCプラチナカードは無料登録ができません

国際ブランドがVisaのみ

UCプラチナカードで選択可能な国際ブランドは、Visaのみです。

すでにVisaを持っている人は、かぶってしまいます。

UCポイントの有効期限が分かりにくい

ポイントの有効期限がわかりにくいです

セゾンカードとUCカードは同じグループですが、UCプラチナカードのポイントはUCポイントでなく、セゾンの「永久不滅ポイント」ではありません

UCポイントの有効期限は「獲得した年度の次年度」ですが、UCポイントの年度の数え方は少し変わっています。

UCポイント(にこにこプレゼント)2021」(2020年10月5日~2021年9月6日引き落とし分)で獲得したポイントの有効期限は、2022年9月末日です。

類似プラチナカードとの比較

年会費2万円前後のリーズナブルなプラチナカードには、他に「エポスプラチナカード」や「MUFGプラチナ・アメックス」があります。

以下で色々と比較してみました。

いろいろと比較してみました

家族で年間200万円以上使うなら「エポスプラチナ」

年間200万も使う人いるのかしら
≪画像元:エポスカード

年会費はUCプラチナが最も安く、エポスプラチナが最も高額です。

ただし、年間100万円以上利用すると翌年以降の年会費が2万円となり、年間200万円以上利用すると年会費分のボーナスポイントが還元されます。

加えて、エポスプラチナは3つまで選べるショップの還元率が1.5%にアップし、しかも普段使いできるお店が多いです。

家族カードの年会費が無料なこともあり、家族で年間200万円以上利用する人はエポスプラチナを選ぶといいでしょう。

旅行・長期出張に行く人なら「MUFGプラチナ」

出張とか旅行が多めだったらいいかもね
≪画像元:三菱UFJニコス

UCプラチナは還元率が1%なのに対して、MUFGプラチナは還元率が0.5%です。

しかし、海外でMUFGを利用すると還元率が1%にアップし、国内利用も初年度に限って0.75%にアップします。

旅行保険も全般的にMUFGアメックスの方がハイスペックで、最高1,000万円の犯罪被害傷害保険も付帯します。

プライオリティ・パスにも無料登録できることから、国内外問わず旅行・長期出張に行く人はMUFGプラチナを選ぶといいでしょう。

1人で持つプラチナなら「UCプラチナ」はあり

UCカードより、年会費が2万円を切るプラチナカードが誕生しました。

還元率1%と、他のプラチナカードよりも高還元率です。

家族カードの年会費が若干高いので、1人で持つプラチナとしてはありかもしれません。