いつでも安く手に入り、どんな料理にも合わせやすい「もやし」は最強の節約食材です。

ただ、いつも使っているとメニューがマンネリになりがちです。

この記事では、そんな時にマネしたい「もやし」をおいしく調理するコツや、オススメのレシピを紹介します。

もやしを絶品料理に変身させるコツ

おいしく調理をするコツを紹介します。

ひげ根をとる

もやしはヒゲ根を取ると、さらにおいしく食べることができます。

とくに、炒め物やナムルなどにするときはヒゲ根を取ることでおいしさが際立ちます。

1本1本ヒゲ根を取るのは面倒かもしれませんが、時間があるときにぜひ試してみてください。

もやし料理のマンネリ脱却に一役買ってくれます。

炒める時は水分を出さないように一気に炒める

もやしを炒めるときは、もやしから水気が出る前に強火で一気に炒めるのがおいしく仕上げるコツです。

今回は、この2つのコツを使った絶品もやし炒めや、もやし料理のレパートリーがマンネリ気味のときにおすすめのレシピを紹介します。

絶品もやし炒め

絶品もやし炒め

ひげ根を取ったもやしを、強火で一気に炒めます。

味付けはニンニクと醤油だけですが、ひと味違う絶品もやし炒めが作れます。

材料(4人分・60円)

もやし → 2袋

ニンニク → 1~2かけ

醤油 → 大2

サラダ油:適量

作り方

1. もやしを洗って水気を拭き、ヒゲ根を取る

2. ニンニクを薄切りにする

3. フライパンに油を入れ強火で熱し、ニンニクを入れて香りが立ったらもやしを入れる

4. もやしから水分が出ないようさっと炒め、醤油をかけて全体に絡めたら完成

ポイント

強火で一気に炒めるのがコツです。

でき立てがおいしいので、食べる直前に作りましょう

もやしたっぷりチャンポン風スープ

もやしたっぷりチャンポン風スープ

もやし、キャベツ、カマボコ、豚肉だけで作る節約チャンポン風スープです。

使う調味料が多いですが、安い材料でもお店のような味に仕上げることができるので、ぜひお試しください。

材料(4人分・180円)

もやし → 1袋

キャベツ → 2、3枚

カマボコ → 1/2本

豚肉(こま切れでもバラでも) → 100g

ごま油大さじ1

すりおろし生姜(チューブ可) → 小さじ1

〇醤油:小さじ1

〇鶏がらスープの素 → 大さじ2

〇牛乳 → 100ml

〇水 → 600ml

塩こしょう → 適量

あればオイスターソース → 小さじ1(なくてもいいです)

作り方

1. 材料を切る(豚肉は食べやすい大きさ、キャベツはざく切り、カマボコは短冊切り)

2. フライパンにごま油を入れて火をつけ、生姜と豚肉を炒める

3. 豚肉に火が通ったら、もやし、キャベツ、カマボコを入れて炒める

4. 〇の調味料を入れて軽く煮込み、具材に火が通ったら塩こしょうで味を整えれば完成

ポイント

めんに絡めてチャンポンにする場合は、倍量で作ってください。少し濃いめの味付けにすると麺にスープが絡んで美味しく食べられますよ。

牛乳を入れてから煮立て過ぎると、牛乳が分離してしまうので注意しましょう。

もやしとカマボコの和風あえ

もやしとカマボコを和えるだけですが、箸が進むおいしい1品にしあがります。

材料(4人分・85円)

もやし → 1袋

かまぼこ → 1/2本

醤油 → 大さじ1

砂糖 → 小さじ1

ごま油:小さじ1

作り方

1. カマボコは短冊切りにする

2. もやしは軽くゆでて粗熱を取り、水気を絞る

3. ボウルに全ての調味料を入れてよく混ぜ、1と2を入れて和えれば完成

ポイント

冷蔵庫で1~2時間冷やすと味がなじんでさらにおいしくなります。

もやしを使って食費を節約しよう

本日は、もやしをおいしく料理するコツやオススメのレシピをご紹介しました。

もやし料理のレパートリーを増やして、食費の節約に役立ててください。(執筆者:佐藤 まゆこ)