6月にも「おうち定食」の対象弁当を100円引するキャンペーンを実施した「やよい軒」が、今月7月にも100円引キャンペーンを実施中です。

この記事では、キャンペーンの対象となる商品や期間などのほか、ほかのチェーン店の弁当や自宅で手作りした場合などと比べ、どれぐらいお得なのかも検証します。

※この記事で紹介している商品価格は、すべて税込です。

「やよい軒」とは

やよい軒は、バリエーション豊富な手作りメニューと食べたときの満足度が高いことに定評のある外食チェーン店で、一汁三菜をベースとする定食はとくに人気があります。

そんな「やよい軒」の定食を弁当にしたのが、テイクアウトメニューの「おうち定食」です。

7月開催の「おうち定食」100円引とは

「おうち定食」100円引
≪画像元:やよい軒

「やよい軒」では、2021年7月1日(水)~2021年7月13日(火)14時までの間、対象の「おうち定食」が100円引となるキャンペーンを実施しています。

100円引の対象となる「おうち定食」は、

「チキン南蛮」

「4種類のチーズハンバーグ」

「なす味噌と焼き魚」

「カットステーキミックス」

の4商品です。

価格比較なども交えながら、今回のキャンペーン利用でどのぐらいお得になるのか、詳しくみていきましょう。

やよい軒の弁当が割高な理由

弁当の価格なら、ほかにもっと安いチェーン店もあります。

「やよい軒」の弁当には生野菜がたっぷり入っていて、汁物がついているため割高になってしまうのです。

たとえば、スーパーのカット野菜は1袋198円ほどなので、3分の1を弁当に入れると66円、ゆでブロッコリーを30円として見積もりすると、野菜だけで96円弱かかります。

また、ほかのチェーン店の弁当も汁物が付けば、80~150円ほどは価格がアップしてしまうのです。

そのため、野菜の96円分と汁物にかかる金額を引いて計算すれば、「やよい軒」の弁当が割高ではないことがわかります。

チキン南蛮

チキン南蛮
≪画像元:やよい軒

「チキン南蛮」は、通常価格760円のところ、100円引で660円になります。

チキン南蛮は揚げ物なので、鶏モモが1枚200円として、揚げ油代176円(800ml)と足すと376円です。

タルタルソースを44円ほどで作ったとしても合計で420円ほどになるため、ここに野菜代99円とみそ汁代120円を足せば「639円」となります。

そこに調理や洗い物にかかる水道光熱費、手間などを考えると、キャンペーン価格の660円はかなりお得です。

通常価格の760円も、水道光熱費やキッチンペーパー、固めるテンプルなど細かいことを考えると、決して高い金額ではありません。

また、ほっともっとの「チキン南蛮弁当」が500円、ローソンの「これがチキン南蛮弁当」が550円ということを考えれば、生野菜たっぷり&汁物付きで660円は安価と言えます。

4種類のチーズハンバーグ

4種類のチーズハンバーグ
≪画像元:やよい軒

「4種類のチーズハンバーグ」は、通常価格890円のところ、100円引で790円です。

ハンバーグは安価な挽肉で手作りすれば1個100円ほどなので、ハンバーグ100円、野菜99円、みそ汁120円、ご飯26円、スパゲティ30円で計算すると375円となります。

そのため790円だと割高に感じますが、コストのかかる4種類ものチーズを使っていることを考えながら計算してみると、1種類30円としても120円のチーズ代が必要です。

375円に120円を足すと495円になるため、自宅で作ったほうが295円安くなります。

ただ、「やよい軒」のハンバーグはふわっふわですし、手作りするには4種類のチーズを準備や調理の手間、調理にかかる水道光熱費も必要です。

そういった諸々の手間や経費を考えると、790円でも安いと思う人がほとんどでしょう。

また、「やよい軒」と同グループで、安くておいしい弁当で有名な「ほっともっと」のハンバーグ弁当も、チーズが乗っているものであれば690円です。

この690円に野菜の99円やみそ汁代120円を足せば909円にもなるため、キャンペーン中の790円はとてもお得で、通常価格の890円も適正価格と言えます。

なす味噌と焼き魚&カットステーキミックス

≪画像元:やよい軒

「なす味噌と焼き魚」は通常価格930円のところ、100円引の830円で購入できます

「カットステーキミックス」は通常価格990円のところ、100円引の890円で購入可能です

こちらは、ほぼ素材の価格がそのまま弁当に反映されていると言えるため、焼き野菜やカットステーキに使っている食材がどのようなものかによって計算が違ってきます。

そのため、この2つの弁当についての価格比較は控えますが、どちらも弁当箱に具材がギュっと詰まっていてボリュームは満点です。

入っている具材は「やよい軒」のほうが豪華でボリュームもあるため純粋な比較はできませんが、「ほっともっと」の弁当と比較してみました。

すると、野菜や汁物の金額を差し引いても100~300円ほど割高です。

あとは、味のクオリティや使っている食材、彩りや個人的な好みなどによって、この差額が「高い」と感じるか「安い」と感じるかが違ってきます。

健康的な弁当を安く買うチャンス

「やよい軒」の弁当は「一汁三菜」をベースにしているため、たっぷりの生野菜や汁物にコストがかかり、ほかの弁当と比べると割高に感じることが多いかもしれません

ただ、生野菜分99円やみそ汁分120円を引けば、ほかの弁当と同価格ぐらいになることも多いですし、「やよい軒」の弁当は味のクオリティや満足度が高いという特徴があります。

健康的な弁当が安くなっているこの時期に、「やよい軒」の弁当も試してみてはいかがでしょうか。(執筆者:最強節約ママ 山内 良子)