楽天市場での買い物で、SPUやお買い物マラソンなどを利用して期間限定ポイントを獲得できる方法はありますが、この記事では主に楽天通常ポイントを普段の生活の中で上手に貯める方法について解説していきます。

楽天通常ポイントは楽天カードの支払いなどに充填できるので、節約につながります。

楽天市場のキャンペーンで貯める

まずは楽天市場で貯める方法を見ていきましょう。

1. 楽天スーパーDEALの活用

楽天スーパーDEAL
≪画像元:Rakuten Group

楽天スーパーDEALは、楽天会員であればエントリーは不要、楽天市場での買い物時に最大で楽天通常ポイントが50%還元されるサービスです。

対象商品が毎日更新されており、購入ランキング、ポイントバック率、ブランド、ジャンルなどからいつでもお得な商品を探せます。

また、過去の記事でも紹介した筆者のおすすめの1つに楽天トラベルでのスーパーDEAL商品があるのですが、こちらは最大で利用料金の40%程度ポイントバックされます。

旅費は数万円から時には数十万円の支払いになるため、一度にたくさんの楽天通常ポイントを獲得できます

ちなみに、もらえるポイントが期間限定ポイントにはなるのですが、「5と0のつく日」や「お買い物マラソン」などとの併用も可能なので、スーパーDEALを利用する場合にはこうしたキャンペーンとの併用をおすすめします。

2. ショップポイントアップ商品を定期購入する

皆さんも利用されていると思いますが、楽天市場のショップにはショップポイントアップという制度があります

楽天市場で購入の際の獲得ポイントの横に「+~倍UP」と記述されています。

「内訳をみる」をクリックすると「ショップポイントアップ分 ~倍」と記載があります。商品やショップにもよりますが、6~9倍程のポイントアップが多いといったイメージです。

筆者はお気に入りのショップや商品の中から、ポイント高還元のお米などを選んで定期購入しています。

一定の期間、年に3~4回ポイントアップを実施している商品で定期的に購入するお米や洗剤などを見つけてそのショップでリピートしていると自然と通常ポイントが貯まります。

普段の買い物・支払いで貯める

ここからは、普段の買い物や支払いで貯める方法です。

1. 楽天ペイで支払う

最大1.5%還元
≪画像元:Rakuten

楽天カードを用いた楽天キャッシュのチャージ、楽天Payでの支払いで1.5%の還元を受けられます。

さらに、楽天カードの提示でポイントを獲得できる店舗であれば、ポイントの3重取りが可能です。

また、楽天ペイのアプリの機能で「ポイントを使う」をタップして利用すると、期間限定ポイントの支払い利用でも通常ポイントを獲得できるので、

・ 通常ポイントの獲得

・ 期間限定ポイントの使い忘れ防止

・ 現金を利用せずに節約できる

など、一石三鳥のお得な効果があります。

2. 公共料金や毎月利用する料金を楽天カードで支払う

楽天市場などでの買い物はもちろん、

・ 公共料金の引き落とし

・ 車のガソリン料金

・ 携帯料金

・ その他の楽天ペイを利用できない店舗での買い物

では、楽天カードでの支払いで金額の1%が通常ポイントで還元されます。

3. その他楽天のサービスを利用する

他にも筆者おすすめの通常ポイントの貯め方として、楽天モバイル、楽天ひかりなどに加入して楽天ポイントを貯めるという方法です。

毎月定期的に利用料金を支払うことで楽天通常ポイントをコツコツと貯められます。

貯まった通常ポイントは楽天カードの支払いに充当

ポイントで支払いサービス
≪画像元:Rakuten Card

貯まった通常ポイントは、楽天カードの支払いに利用するのが最も効率的で節約につながります。

投資に興味のある方はポイント運用やポイント投資にも利用できますね。

また、楽天モバイルの料金支払いには期間限定ポイントも通常ポイントも充填支払いできるため、上手にポイントを貯めると節約効果絶大です。

参照:Rakuten Mobile

ポイントを貯めてどんどん節約

皆さんも楽天通常ポイントを貯めてどんどん節約してください。(執筆者:永瀬 真人)