ATMでお金をおろす場合、これまではカードが必要でしたが、現在はカードなしでお金をおろせる「スマホATM」が広がりを見せつつあります。

さらなる普及を促進するため、auじぶん銀行はローソン銀行を舞台にした、スマホATMのキャンペーンを実施しますので、紹介しましょう。

【8/31まで】ローソン銀行ATMで「スマホATM」入出金で100万ポイント山分け

ローソン銀行ATMで山分け
≪画像元:auじぶん銀行

8月31日までの期間中、ローソン銀行ATMを使って、auじぶん銀行の「スマホATM」で入出金をすると、

・ 第1期:~7月31日

・ 第2期:8月1日~8月31日

それぞれの期間で、Pontaポイント100万ポイント(合計200万ポイント)を山分けします。

条件を満たせばそれぞれの期間で山分けを受けられ、各期間の上限は200ポイントです。

適用条件達成月の翌月末までに、山分けされたPontaポイントが加算されます。

入出金の金額に特に制限はありません。

スマホATMの利用方法

利用経験のない人が多いと思われる「スマホATM」、簡単にいうと、キャッシュカードなしでATMを使った現金の入出金ができるサービスです。

ここではその利用方法を解説します。

入金の場合

入金の場合
≪画像元:auじぶん銀行

1. auじぶん銀行のアプリにログイン

2. 画面下部中央の「マイページ」 → 「スマホATM」を選択

3. アプリで「入金」を選択し、ローソン銀行ATMの画面で「スマホ取引」を選択

4. ATM画面に表示されるQRコードをアプリで読み取り、ATM画面の「確認」を選択

5. アプリに表示された企業番号をATMに入力し、「確認」を選択

6. 入金する紙幣をATMに投入

7. 入金金額をATM画面で確認し、「確認」を選択

出金の場合

出金の場合
≪画像元:auじぶん銀行

1. auじぶん銀行のアプリにログイン

2. 画面下部中央の「マイページ」 → 「スマホATM」を選択

3. アプリで「出金」を選択し、ローソン銀行ATMの画面で「スマホ取引」を選択

4. 出金金額をアプリに入力

5. ATM画面に表示されるQRコードをアプリで読み取り、ATM画面の「確認」を選択

6. アプリに表示された企業番号をATMに入力し、「確認」を選択

7. 暗証番号を入力

8. 出金金額をATM画面で確認し、「確認」を選択

キャンペーンの注意点

ただし、このキャンペーンは以下の点に注意してください。

各期間で応募の必要あり

各期間で応募の必要あり

このキャンペーンは、入出金をしただけでは山分けの権利がもらえません

各期間で応募をする必要があります

以下の手順で応募してください。

1. スマホATMで取引

2. ATM画面にてクーポンを確認し、「クーポンを発行する」を選択し、クーポンを受け取る

3. 期間中にクーポン内のQRコードまたは「キャンペーンに応募する」よりキャンペーンサイトへアクセス

4. キャンペーン応募サイトに必要事項を入力

ローソンに設置のローソン銀行ATMのみ対象

auじぶん銀行の「スマホATM」は、ローソン銀行ATMだけでなくセブン銀行ATMでも利用できます。

しかし、セブン銀行ATMはキャンペーン対象外のため、必ずローソン銀行ATMを利用しましょう

また、ローソン以外に設置のローソン銀行ATMは対象外、一部のローソン銀行ATMではスマホATMを利用できません。

現金の入金・出金のみが対象

対象となるスマホATMの取引は、現金の入金・出金のみです。

各種照会は対象外となります。

入出金に上限あり

ローソン銀行ATMでの入金は、1回あたり50万円(紙幣枚数は59枚)が上限で、硬貨は利用できません。

また、ローソン銀行ATMでの出金は、1回あたり20万円が上限となります。

上限を超えた取引を希望の場合は、複数回に分けて利用してください。

ただし、複数回利用しても山分けの口数は増えません。

110円/回の手数料がかかる

手数料がかかる
≪画像元:auじぶん銀行

ローソン銀行ATMでスマホATMを利用する際には、入金・出金のいずれも1回につき110円の手数料がかかります

ただし、「じぶんプラス」のステージに応じて、ATMを無料で利用できる回数が異なります。

じぶんプラスとは、残高や取引状況に応じて1か月ごとに設定されるステージです。

入金はステージ1で月1回、ステージ2以上なら何度でも無料です。

出金はステージ2以上で、月3回~11回の無料回数が設定されます。

auじぶん銀行の口座開設を忘れずに

8月31日までの期間中、ローソン銀行ATMを使って、auじぶん銀行の「スマホATM」で入出金をすると、Pontaポイントが還元されます。

auじぶん銀行の口座を持っていることが条件ですので、持っていない方はまず口座開設をしましょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)