昨今は、キャッシュレスの手段が豊富ですが、フル活用するにはクレジットカードが必須です。

一般的には、キャッシュレスアイテムと同系列のクレジットカードを組み合わせるのが有利なのですが、他の系列との組み合わせが最高還元になる場合もあります

今回は、年会費無料のカードに限定して、キャッシュレスの裏技的な組み合わせを見てみましょう。

リクルートカードと電子マネー

リクルートカード
≪画像元:Rectuit

ポイント還元率1.2%のリクルートカードは、「モバイルSuica」との組み合わせが優れています

月3万円までの範囲なら、チャージで通常どおりのポイントが貯まるためです。

また、VISA、Mastercardブランドのリクルートカードに限りますが、モバイル楽天Edyとの組み合わせは、通常の半分の還元率の楽天カードを凌ぎます

決済時に0.5%付くポイントと合わせたうえで比較すると、次の通りです。

【リクルートカード(VISA、Mastercard)から楽天Edyへチャージ】
1.7%(月3万円までのチャージ限定)

【楽天カードから楽天Edyへチャージ】
1.0%

dカードよりもd払いに向いているカード

dカードよりもd払いに向いているカード
≪画像元:NTT DOCOMO

「dポイント スーパー還元プログラム」の終了によって、QRコード決済の「d払い」と系列のクレジットカード「dカード」の組み合わせの価値が低下してしまいました。

これを機に、他の系列カードとd払いを組み合わせてみるのもよいことでしょう。

決済時に付く0.5%のdポイントと合わせて比較します。

【d払い + dカード】
1.5%

【d払い + リクルートカード】
1.7%

【d払い + Visa LINE Payクレジットカード】
2.5%

d払いの場合、還元率の高いカードが有利です。

エポスゴールドカードとモバイルSuica

モバイルSuicaにはエポスゴールドカードが有利
≪画像元:EPOS Card

モバイルSuicaは、JR系のビューカードとの組み合わせが圧倒的に優れています

ビューカードからチャージのたびに還元率1.5%でJREポイントが貯まるのです。

しかしながら、探してみると、チャージ時の還元率がさらに高いカードがあります。年会費無料で持てるエポスゴールドカードです。

ただし、通常のポイント還元率が0.5%に過ぎないこのカードの場合には、次の2要件が必要です。

・「選べるポイントアップショップ」に「モバイルスイカ」を登録(ポイント3倍)

・ カードを年間、50万または100万円使うこと(Suicaチャージ額を含めてよい)

カードを年間50万円使うと、ボーナスポイントとポイントアップを含めた実質還元率が2.0%です。年間に100万円使うと、2.5%です。

この還元率が、そのままSuicaチャージにも適用されます。

エポスゴールドカードと楽天Edyも

モバイル楽天Edyも、エポスゴールドカードを年間100万円利用している人なら、楽天カードとの組合せよりお得に使えます。

「選べるポイントアップショップ」には登録できませんが、決済時ポイントを含めると2.0%となるのでおすすめです。

その他、「d払い」「au PAY」との組み合わせでもエポスゴールドカードは威力を発揮します。

au PAYカード入会キャンペーンとPayPay

au PAYカード
≪画像元:au Financial Service

au PAYカードでは、1万ポイント(1万円相当)のPontaがもらえる新規入会キャンペーンを実施中です。

このうち「au PAYへのチャージ額の10%」と「カード決済の5%(au会員でない場合3%)」で、それぞれ3,500ポイントもらえます

前者は3万5,000円のチャージでクリアですが、後者は3%の場合なら11万7,000円の利用が必要です。

au PAYカード決済を増やすには、PayPay(またはd払い、楽天ペイ)にセットして支払えば簡単です。

普段使いではPayPayよりau PAYを使ったほうが得(決済時0.5%のPonta付与による)ですが、キャンペーンを確実にクリアしておくためには、損して得を取るのもよいことでしょう。

裏技でキャッシュレスはさらに楽しい

キャッシュレス派は、少しでも得をするフォーメーションを作り上げたいものです。

キャッシュレスの系列をいったん離れてみると、少ないながら有利な組み合わせが存在しています。

なお、系列外の組み合わせは不意に終了することもありますので、その点に気を付けたうえで最大限に「お得」を享受してください。(執筆者:沼島 まさし)