いま、「セブン銀行ATM」で対象の取引をすると「7,000名に現金1,000円&7万名にお茶の無料引換券当たる」キャンペーンが開催されています。

提携銀行の手数料が無料でなければ参加自体が無駄な出費ですが、気づいていないだけで「セブン銀行ATMでの引き出しや預け入れの手数料が無料」だという人も多いようです。

そのあたりも含め、キャンペーン内容とともに詳しく紹介しますので、最後までご覧ください。

キャンペーン概要

セブン銀行ATM利用感謝キャンペーン
≪画像元:Seven Bank

今回のキャンペーン名称は「セブン銀行ATMご利用感謝キャンペーン」です。

セブン銀行からキャンペーン参加銀行の口座で、対象となる取引「引き出し・預け入れ・振込・振替・ローン取引」のいずれかをすることが条件です。

その後、セブン銀行LINE公式アカウントを友だち追加し、自動入力されるシリアル番号を送るだけです。

初回のみ簡単なアンケートに答える必要がありますが、名前や住所などの個人情報の入力はなく、質問は2問ほどです。

1人3回までの応募が可能です。手数料が無料の人は「無料で参加」できます。

キャンペーン開催期間も2021年9月30日(木)までと長いのがうれしいところです。現在すでに開催中ですので、手数料が無料の人は、ぜひ応募してください。

参加方法

参加方法は非常に簡単です。

セブン銀行からキャンペーン参加銀行の口座で対象となる取引を実行し、取引後に表示されるQRコードを読み込むか、印刷して自宅に帰ってから読み込みます。

するとセブン銀行のLINEが開くので「追加」を押し、自動入力されたシアリアル番号を送信するだけです。

初回のみ、アンケートがあります。アンケート入力後、またはシリアル番号送信後、すぐに当落のメッセージが届きますのでご注意ください。

注意事項

注意事項が多いので、主なものは下記に記載しましたが、詳しくはキャンペーンの参加前に公式サイトで確認してください。

・ 応募は1人につき3回まで

・ 景品が変更になることもある

・ 抽選や当選の権利は譲渡できない

・ 応募には通信料がかかる

・ 応募によるトラブルなどは自己責任

などが主な注意事項です。

対象となる取引

セブン銀行ATMで下記の取引を対象口座ですることが条件です。

・ 引き出し

・ 預け入れ

・ 振込

・ 振替

・ ローン取引

キャンペーン参加銀行

対象となっているのは、下記の銀行です。

あ行

・ 愛知銀行
・ あおぞら銀行
・ 青森銀行
・ 秋田銀行
・ 阿波銀行
・ 池田泉州銀行
・ 伊予銀行
・ 岩手銀行
・ 大分銀行
・ 大垣共立銀行
・ 沖縄銀行
・ オリックス銀行

か行

・ 関西みらい銀行
・ 北日本銀行
・ 紀陽銀行
・ 京都銀行
・ 群馬銀行
・ 京葉銀行
・ 高知銀行

さ行

・ 西京銀行
・ 埼玉りそな銀行
・ 佐賀共栄銀行
・ 三十三銀行
・ 滋賀銀行
・ 四国銀行
・ 七十七銀行
・ 島根銀行
・ 十六銀行
・ 荘内銀行
・ 新生銀行
・ セブン銀行
・ 仙台銀行

た行

・ 第四北越銀行
・ 大東銀行
・ 千葉銀行
・ 千葉興業銀行
・ 中京銀行
・ 東邦銀行
・ 東北銀行
・ 徳島大正銀行
・ 富山銀行
・ 富山第一銀行

な行

・ 名古屋銀行
・ 南都銀行
・ 西日本シティ銀行

は行

・ 八十二銀行
・ 肥後銀行
・ 百五銀行
・ 広島銀行
・ 福井銀行
・ 福岡中央銀行
・ 福邦銀行
・ PayPay銀行
・ 豊和銀行
・ 北都銀行
・ 北陸銀行
・ 北海道銀行

ま行

・ みちのく銀行
・ みなと銀行
・ 南日本銀行
・ 宮崎銀行
・ 宮崎太陽銀行
・ みんなの銀行
・ 武蔵野銀行

や行

・ 山形銀行
・ 山梨中央銀行
・ ゆうちょ銀行
・ 横浜銀行

ら行

・ りそな銀行
・ 琉球銀行

手数料が無料ならドンドン応募

キャンペーンの景品内容

今回のキャンペーンは、「いくら得する」や「いくら節約になる」とハッキリと結果の出るものではありませんが、いつもの取引で抽選対象となるのは嬉しいものです。

また、手数料が無料の人の場合には1人3回まで無料で応募できます

当選者数も、

・ 現金1,000円:7,000名

・ お茶の無料引換券:7万名

と多いのが嬉しいポイントです。

手数料が無料の人はこの期間だけでもセブン銀行を利用してドンドン参加してみてはいかがでしょうか。

提携銀行の手数料が無料かどうかを確認する

セブン銀行と提携している銀行のなかには、一定の取引を無料としている銀行もあります。

銀行のキャッシュカードをセブン銀行ATMに入れると、最初に「取引名と取引にかかる手数料」が表示されることがほとんどです。

今回のキャンペーンには参加したいと思うものの「自分の持っている対象銀行のキャッシュカードが手数料のかかる状態なのかどうか分からない」というときに試してみてください。

この機会に手数料の見直しを

コンビニATMは、全国ほぼどこにでもあって対応時間も長いので利用者も多い便利なものです。

ネックとなるのは手数料ですが、セブン銀行のように手数料無料の提携銀行がある場合も少なくありません。

この機会に、よく利用するコンビニの手数料が無料になる銀行を選ぶなど、見直しをしてみてはいかがでしょうか。(執筆者:最強節約ママ 山内 良子)