「マイル」「マイレージ」言葉は聞いたことあるけど、イマイチなんのことかわからない。

そういう方も多いと思います。

マイルとは、航空会社のポイントプログラムのことです、

ANAとか、JALとか、航空会社のマイレージ会員になると、飛行機に乗った距離に応じてマイル(一般的な言い方だとポイント)が貯まっていきます。

貯まったマイルは次回の旅行などの航空券に交換できたり、座席をエコノミー → ビジネスクラス → ファーストクラスにアップグレードできたりと、お得に活用することができます。

飛行機でどこかいきたい

航空券に必要なマイル数

例えば、JALという会社のマイレージの場合、以下のレートで航空券に交換できます

往復に必要なマイル数

【1万2,000】

・ 東京 → 大阪

・ 大阪 → 福岡

・ 福岡 → 鹿児島

・ 鹿児島 → 奄美大島

【1万5,000】

・ 東京 → 札幌

・ 札幌 → 名古屋

・ 名古屋 → 沖縄

・ 沖縄 → 与那国

【2万】

・ 東京 → 石垣

・ 石垣 → 大阪

どんなに短い区間でも、少なくとも往復で1万2,000マイルは必要になります

JALマイルが貯まるクレジットカードでは、通常200円 → 1マイルのレートなので、1万2,000マイル貯めるには240万円の決済が必要になります。

こちらの記事でも触れているのですが、年間の消費額(生活費)の全国平均は約390万円です。

通常のレートだと、頑張っても年に1回しか、航空券に交換できるマイルはたまりません。

つまり、普通の買い物だと、短い区間でもマイルだけで飛ぶには遠い道のりな訳です。

超お得な「どこかにマイル」

そんな、遠い道のりなマイレージですが、JALの企画「どこかにマイル」を活用することで、なんと【半分のマイル】で航空券をゲットできます。

JALどこかにマイル
≪画像元:JAPAN AIRLINES

「どこかにマイル」とは

JALが用意しているマイルの制度です。

文字通り、「どこかに辿り着く」航空券を、マイルを使って交換できます

「日本各地に眠る美しい風景や豊かな文化にきっと出会える」という想いで、JALが運営している企画です。

予約の時に、4つの行き先候補地をJALから提案されます。

そこに応募すると、申込みから3日以内に、決定した行き先が知らされます。

どの行き先になるかは、それまではわかりません

しかし、その分、必要マイル数が破格に少ないです。

さらに、いつもとは違うワクワクする旅になったり、自分ではできない、偶然が生み出す発見の旅になることでしょう。

航空会社は除菌・消毒など、管理を徹底しています。

行き先もJALが選ぶので、ある程度安心できる旅程となっています。

そのため、コロナ禍でも通常通り運営されている企画となっています。

注意点

行き先は選べません

東京(羽田)、大阪(伊丹・関西)、福岡、の3空港の発着便の路線に限ります

・ ホテル代などは別で、あくまで航空券との交換となります

・ 新型コロナの影響で、運休や減便があるため、希望の日程・時間帯とならない場合があります

・ 申込み後、希望した便が運休や減便となった場合、同日の別便となる場合があります

以上が注意点となります。

安全にかつお得に旅行を

・ JALマイルの場合、通常はどんなに短い区間でも、少なくとも往復で1万2,000マイルは必要になります

通常、1万2,000マイル貯めるには240万円のお買い物が必要になります

・ JALの企画「どこかにマイル」を使えば、半分の6,000マイルで航空券と交換できます

コロナの不安が尽きない中、少しでも安全に配慮して、かつお得に旅行ができると良いですよね。

ストレスフルな時代に、ぜひ、癒しの旅を!(執筆者:久保 文明)