マイルとは、航空会社のポイントプログラムのことです。

飛行機に乗ったり、普段のお買い物で貯めることができます。

貯まったマイルは次回の旅行などの航空券に交換できたり、座席をエコノミー → ビジネスクラス → ファーストクラスにアップグレードできたりと、お得に活用することができます。

飛行機に乗らずにJALマイルを貯める

必要マイル数

JALという会社のマイレージの場合、以下のレートで航空券に交換できます。

往復に必要なマイル数

【1万2,000】東京 → 大阪

【1万5,000】東京 → 札幌

【2万】東京 → 石垣

マイルを使おうと思ったら、1.2万~のマイル数が必要ということになります。

では、どのようにしてマイルを貯めればいいのでしょうか。

マイルを貯める方法

マイルを貯める方法は3つです。

(1) JALカード(普通)を作る

JALカード
≪画像元:JAL CARD

飛行機に乗らず、普段のお買い物でJALマイルを貯めるには、クレジットカードを作る必要があります。

オススメは「JALカード」です。

年会費が2,200円となりますが、JALカード群では、実質これが最も低い年会費のカードとなります。

楽天カードなど、年会費が無料のカードがある中、年会費がかかるのはちょっとと思うかもしれません。

マイルを貯める上で必要なカードとなりますし、飛行機の旅が好きなら余裕で元を取ることができます

しかし、カードを作っただけでは、あまりお得感がありません。

それもそのはず、年会費が2,200円JALカード(普通)では、通常200円 → 1マイルのレートなのです。

そこで、ある小技を使います。

(2) JALカードショッピングマイル・プレミアムに登録

ショッピングマイルプログラム
≪画像元:JAPAN AIRLINES

JALカードを使った上で、「JALカードショッピングマイル・プレミアム」という制度に登録します。

ここでさらに年会費3,300円がかかってしまい、カード分と合わせると5,500円の年会費となってしまいます

しかし、これに登録すると、200円 → 1マイルだったレートが、無条件で100円 → 1マイルの「2倍」のレートに変わります

つまり、一般会員の人よりも半分の期間で、航空券の交換に必要なマイルが貯まる、あるいは普通の人が1回分の航空券しか交換できないところを、2回分の航空券と交換できてしまうというワケです。

(3) なるべく「特約店」でカードを使う

「特約店」で買い物をすると、上記の2倍からさらに「2倍」マイルが貯まります。

100円 → 2マイルということになるワケです。

200円 → 1マイルからすると4倍。これは驚異的です

特約店とは、現時点では以下の店舗を指します。(一部)

・ ENEOS

・ イオン

・ ファミリーマート

・ ウェルシア

・ ロイヤルホスト

・ スターバックス(オンライン入金)

・ アドベンチャーワールド

・ スカイアドベンチャー

・ 白い恋人パーク

・ ルスツリゾートスキー場

・ ルスツリゾートホテル&コンベンション

エネオスでガソリンを入れたり、イオンでお買い物をしたり、ファミリーマートを使ったりと、意外と日常の中で使える特約店が多く、4倍マイルを獲得しやすくなっています

こちらの記事でも触れているのですが、年間の消費額(生活費)の全国平均は約390万円です。

そう考えると、生活費をなるべくJALカードで支払うようにすれば、たった1年間で3万~6万マイルを貯めることも十分可能となります。

お得にマイルを使う方法

JALの制度「どこかにマイル」を使うと、通常の半額の6,000マイルで航空券と交換することができます。

年に3万マイル以上貯められる前提なら、5、6回の旅行に行ける計算になります。

年会費が合計で5,500円なのに、往復の航空券が5、6枚手に入る時点で、余裕で元の何倍以上も取れます。

旅行好きならかなりのメリットになるでしょう。

注意点

・ 浪費が増えたら元も子もないので、マイルを貯めるために無駄遣いしないこと

・ 年会費等の固定費がかかること(5,500円~) → 旅行好きなら超余裕で元が取れます

・ 他のクレカポイントなどを貯める場合、併用すると効率がかなり落ちること=JALを貯めたいならJAL特化がおすすめ

今のうちにマイルをためておこう

・ JALカード×JALカードショッピングマイル・プレミアム × 特約店で100円 → 2マイルでマイルが貯まる

・ 「どこかにマイル」を使えば、生活費の支払い+年会費5,500円の支払いで、年に5枚以上の往復航空券と交換可能

コロナの影響で、旅行業界はあまり動きがないようにも感じます。

逆に言えば、今のうちにマイルをじっくり貯めていけるワケです。

いつか大手を振って旅行ができるようになった時に、ぜひ超お得に航空券を手に入れてください。(執筆者:久保 文明)