夏休みで外食やテイクアウトが増えている方、必見です。

レシートを登録したり、グルメの口コミをするとLINE ポイントがもらえるLINE CONOMIでは、8月中、ポイント2倍がもらえるキャンペーンを実施しています。

コンビニやドラッグストア、カフェなどで利用できるLINE ポイントですが、利用せずに「貯める」「投資する」筆者なりの方法も紹介します。

LINE CONOMIとは 8月はポイント報酬2倍

LINE CONOMIとは、グルメ、おすすめスポットの検索・投稿サービスです。

≪画像元:APP Store

カフェ、レストラン、人気スポットを検索できるほか、

・ レシートを撮影してポイントをためる

・ 口コミをしてポイントをためる

LINEポイントを貯められる「ポイ活」の要素も持ったサイトです。

≪画像元:CONOMI

そして、8月中は「通常報酬2倍獲得のチャンス」があります。

・ レシート1枚2ポイント

・ グルメの口コミ1件最大40ポイント

なのです。

実例で口コミ投稿の方法を紹介

口コミ投稿をした時の実例で、わかりやすく紹介します。

1. レシートを登録する

≪執筆者撮影≫

LINE CONOMIを開き、「レシートで口コミを投稿 最大P21」をタップ。

レシートを撮影します。

店舗の候補が出てきますので、購入店舗を選択。

もし店舗がなくても検索窓から語句を入力して検索できます。

レシートを登録完了で「約3週間後にLINEポイント2ポイント」がもらえます。

2. お店やメニュー欄に食べ物の写真や感想を登録する

≪執筆者撮影≫

「お店の口コミ」では、「メニューの口コミ」を選びました。

レシートから購入商品が自動的に転記されているので、商品横の「えんぴつのマーク」をタップ。

写真をアップロードして、星評価と口コミ入力をします。

獲得予定ポイントの表示もあり、写真や口コミを登録することで20/20になります。

投稿内容の検収が終わると報酬が付与されます。

口コミ登録完了で「約3週間後にP40」がもらえます。

レシート登録 → 2ポイント(通常は1ポイント)

口コミ投稿 → 40ポイント(通常は20ポイント)

合計、42ポイントがもらえる予定です。

キャンペーンのメリット

キャンペーン報酬は、条件を満たした場合に「通常報酬付与のタイミングで同時付与」。

口コミは、内容によって5ポイントや15ポイント獲得になることもあるのですが、その場合も8月中は2倍がもらえます。

キャンペーンのメリットは、カフェやレストランなどで購入した商品の口コミがポイントになることです。

外食したりテイクアウトした時のレシートと商品口コミがLINEポイントとなります。

キャンペーンのデメリット

デメリットは、LINE CONOMIでは独自のガイドラインがあり、ポイント対象外となることもあることです。

・ 口コミ登録後にレシート追加登録をしても、ポイント付与対象外

・ 付与対象はカフェ・レストランといったグルメカテゴリ店舗

・ 1日あたり最大10件まで

・ 100店以上のチェーン店は付与対象外

・ 同じスポットであると最初の1回のみ

また、ガイドライン違反の可能性があると付与対象外になります。

詳しくはガイドラインを確認してみてください。

また、ポイント付与は以下の通りです。

・ レシート投稿 → 1LINE ポイント

・ 口コミのスポットまたはメニューに対し写真を登録した場合 → 15LINE ポイント

・ メニュー欄にメニューの評価、口コミ登録がある場合 → 5LINE ポイント

これらが2倍となります。

レシート投稿で2ポイント、口コミで最大40ポイントは少額と思われるかもしれません。

特に、複数商品を買っていても「同じスポットであると最初の1回のみ」ですので、複数商品に写真添付や口コミを書いたとしても40ポイントとなってしまいます。

レシート投稿は当日ではなくても構いませんので、あくまでも、ポイ活として時間の余裕がある時に利用してみることをおすすめします

LINEポイントを貯めて投資

LINEポイントは、コンビニのほか、ドラッグストアやスーパーマーケット、カフェで利用できます。

ためたポイントでコーヒーやスイーツなど買えるとポイ活の醍醐味を感じられます。

徹底的にポイ活をするのなら、もらったLINEポイントをLINE証券で貯め、ポイント投資をしてみましょう

例えば、LINE証券を利用することで

・ いちかぶ

・ 投資信託

を購入して投資できます。

いちかぶ、投資信託、どちらも元本割れもありえるリスク商品です。

しかし、ポイント投資であれば、原資はもらったポイントですので、リスク商品にもチャレンジしやすいと感じます。

LINE証券で買える「いちかぶ」は、1,000円未満で購入できる銘柄もあります。

そして、投資信託は少額投資ができ、最低購入金額は100円です。

筆者は、当初、LINE証券で「いちかぶ」を保有していましたが、投資信託も注文してみました。

LINE証券でのLINEポイント入金方法

LINEポイント入金方法
≪執筆者撮影≫

LINE証券の入金方法には、

・ LINE Payから入金

・ クイック入金

・ 銀行振り込みで入金

の3つがあります。

選びたいのは「LINE Payから入金」です。

LINE ポイントを利用して、100円から入金ができます。

LINE証券での投資信託注文方法

≪執筆者撮影≫

投資信託「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の注文画面です。

以前に500円分を購入し、現在は評価損益額は505円で+5円とプラスが出ています。

「最低購入金額は100円です。」とあるように、最低購入金額100円から購入できるのでかなりハードルが低いのです。

今回は900円分を購入しました。

ほったらかし投資として中長期保有予定です。

LINEポイントを投資して増やすところまで可能か

筆者は、これまでLINEポイントをPayPayに交換して貯めていたため、まだLINEポイントの投資は少額です。

しかし、LINE CONOMIで少しずつポイントを貯め、ためたポイントをいちかぶや投資信託にするだけでもポイント投資ができ、運用していけると感じています。

LINE CONOMI以外にもLINEポイントを貯める方法は増えています。

ペットボトル飲料購入などでもキャンペーンがあります

1つ1つは少額ですが、見逃さずにLINEポイントを「貯める」ことで「増やす」きっかけづくりとなります

もちろん、たまったLINE ポイントは利用もできます。

ためたポイントを「増やす」ことができるのならば額も増えますし、いざとなった時にお金と同じように利用できるLINE ポイントがあるなら家計も助かるのではと考えています。

外食やテイクアウト時にはポイントを貯めよう

8月はLINE CONOMIでポイントがたまりやすい1か月。

夏休みやお盆休みもあり、普段よりも外食やテイクアウトを利用する人も多いのではと感じます。

そんな時、レシート登録や口コミ投稿でポイントを貯めていけるのはいいのではないでしょうか。(執筆者:節約への情熱は誰にも負けない谷口 久美子)