最近テレビや新聞でSDGSが話題となっています。

SDGSとは、国連により採択された「持続可能な開発目標」のことです。

その目標の中で、私たちに協力できる取り組みとしてフードロス削減があります。

KURADASHIはフードロス削減に協力できるショッピングサイトです。

フードロス削減協賛メーカーより商品提供を受け、それらを最大97%オフで購入できます。

また買い物代金の一部が寄付されて、社会貢献もできます。

今回は、KURADASHIに会員登録をして買い物を体験してみました。

KURADASHIとは

KURADASHIに出品されている商品は、賞味期限が短いまたは訳あり商品ということで、定価よりかなり安い価格となっています。

KURADASHIの商品例
≪画像元:クラダシ

肉やレトルト食品やお菓子などの食料品、お茶やお酒などの飲料、マスクなどの日用品、化粧品など、種類が豊富です。

大手メーカーの商品もありますが、あまり見かけないメーカーのものや海外のものが多い印象です。

送料は買い物1件に付き550円です。

同日に他の商品を購入しても、別々に送料が発生します。

冷蔵、冷凍のクール便の場合は重さにより330円~715円の別料金がかかります。

プレミアム会員について

KURADASHIで買い物をするためには会員登録が必要です。

会員種類は

・ 無料会員と
・ プレミアム会員

の2種類があります。

プレミアム会員の会費は1か月550円(税込)です。

プレミアム会員になると送料が無料になるので、1か月に2件以上利用するのであればメリットがあります。

ただし、クール便の料金はプレミアム会員でも発生するので注意しましょう。

KURADASHIで買い物を体験

筆者は8月にKURADASHI会員となり、買い物を体験してみました。

筆者が購入したのは「クリームクロワッサン5個入×9袋(合計45個)3,985円(税込)」です。

KURADASHIのクリームクロワッサン5個入×9袋(合計45個)3,985円
≪画像元:KURADASHI

お得度を検証するために、クリームクロワッサン1個あたりの価格を計算します。

3,985円 + 送料550円 + クール便代金330円 = 合計4,865円

4,865円 ÷ 45個 = 1個108.1円

同等のものを他のショッピングサイトで検索すると1個300円以上だったので、半額以下で購入できまました。

1個300円するものと違い、筆者がKURADASIで購入したものは装飾がない袋に簡易包装されていました。

贈答用には使えませんが、自宅で食べるのであれば問題ないでしょう。

購入する際に社会貢献活動団体への寄付金額も表示されます。

この買い物での寄付代金は40円でした。

KURADASIのデメリット

お得なKURADASIにも2つのデメリットがあります。

確認の上、利用してください。

1.家族の人数が少ない人にはあまり向いていない

今回の筆者の買い物ではクロワッサンが45個でした。

他の商品も1件当たりの数量は多くなっています。

クール商品だと、購入した商品で冷蔵庫や冷凍庫がいっぱいになってしまいます。

また同じ食品ばかりでは食べ飽きる可能性もあります。

家族の人数が少ないと賞味期限が短いものは、期限内に食べきれない可能性もあります。

また数量が多いので、1個当たりで計算すると安くても1件の買い物金額は数千円以上と大きくなってしまいます。

気になった商品がいくつかあっても、1人で何件も買い物するのは予算オーバーとなり難しい人もいるでしょう。

KURADASHIの商品は大容量が多い

おすすめの人とデメリットの克服法

逆に家族が多い人には、安いものが大量に購入できるKURADASIは向いているといえます。

また家族の人数が少なくても、知人で共同購入する方法であればメリットがあるでしょう。

2. 支払い方法が少ない

KURADASIの支払い方法はクレジットカード、デビットカードと代引きの3種類です。

クレジットカードやデビットカードを利用しない人には代引きしか選べず、330円の代引き手数料がかかってしまいます。

KURADASIで社会貢献しながらお得に買い物しよう

KURADASIで買い物をすることで、お得に買い物できるだけではなく「フードロス削減」に協力でき、寄付により「社会貢献」ができます。

無料会員登録をすると「会員限定」商品も閲覧できるようになるので、気になる人は登録してみてください。(執筆者:山口 智子)