近年ではブログ副業がオワコンと言われ、ブログアフィリエイトに参入する人もかなり減った印象です。

しかしブログアフィリエイトはまだオワコンとは言えません。

集客方法をもっと広い視野で捉える必要があります。

「ブログアフィリエイトに挑戦してみたいけど、オワコンなの?」

「SNSを絡めた集客方法について知りたい」

ブログを副業として取り組もうと思った方は、上記のような疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

そこでこの記事では、「ブログ副業を始める上で各種SNSを活用する方法」についてまとめました。

ブログ副業は複数のSNSをかけ合わせる時代

SNSはそれぞれ特徴がありSEOにないメリットがたくさんある

ブログアフィリエイトを始める上で重要なのは、集客です。

たくさんの方に見てもらわなければ、案件を紹介して収入を得ることもできません。

しかしブログの集客は今まで、「いかにして検索されるか?」が重要視されてきました。

SEO対策という言葉を聞いたことがある方も多いかもしれません。

この検索エンジンで上位表示される対策を行い、効果的に見てもらう手法です。

ただ検索エンジンは認知されるまで時間がかかり、定期的なアップデートにより順位がすぐ下落してしまいます

検索エンジン頼りでは、副業として取り組もうにも難易度が高すぎるでしょう。

そこで各種SNSを活用する方法が取り上げられ、ブログへの流入を増やそうと多くの工夫が見られています

ただしふつうに運営しているだけでは、集客につながりません。

それぞれSNSの特徴に合わせた運営方法が大切なのです。

Twitterの運営

Twitterの活用

TwitterはまさにSNSを始める代表格といってもいいくらいで、多くの方が利用しています。

とくにバズった際の爆発力は凄まじく、あらゆるユーザーが1日で1か月分ほど流入することもあります。

つまり検索エンジンにはないユーザーへ認知される可能性が高いため、ブログアフィリエイトではぜひ押さえておくべきSNSです。

注意点としては、ただリンクを貼るだけでは全く見てくれません

ブログでは見られない情報を発信し、うまく動線を確保する必要があるでしょう。

Twitterに関しては実績ゼロでも副収入を得られる方法があり、うまく利用すればブログアフィリエイトも拡散できる可能性があります。

過去にまとめたものがありますので、気になる方は下記記事も御覧ください。

Instagramの運営

インスタグラム

InstagramもSNSでは代表格といえるサービスです。

Twitterと違い、炎上が起きにくくポジティブな投稿が主体となっています。

ただしInstagramではリンクを貼り付けることができず、ダイレクトに外部サイトへ誘導することが難しいです。

そのため拡散力も劣り、どちらかというとクローズド感があるSNSとなっています。

個人的な所感ではInstagramのほうがフォロワー数は伸ばしやすく、ブランディングもしやすいです。

投稿者のイメージアップや、Instagram内でのブランディングに力を注いだほうが良いでしょう。

YouTubeの運営

YouTubeは動画を主体とし、テキストや図が中心となりやすいブログとはまた違う表現が行えます。

自身の記事を動画化したり、別のコンテンツを動画化したりと表現の幅が広がるでしょう。

単体で収益化できればそのまま収入となりますし、登録者数が伸びればブログへの流入も間違いなく増えます

テキストが苦手な方も取り込めるため、ぜひ積極的に運営したいSNSです。

ちなみにYouTubeの収益化に関しては、筆者も実際に運営して収益化したものをまとめた記事があります。

ぜひ気になる方はこちらも確認してみてください。

各種SNSを絡めた場合で実際どれくらい成果が出るのか?

正直なところ、どれくらい稼げるかはかなり未知数となります。

なぜなら複数のSNSを運営することでより複雑化し、絡み合うことで予測がかなり困難になるからです。

筆者は過去にブログアフィリエイトを行い、Twitterのみで流入を得て月収3~5万円を稼いでいた時代があります。

当時はトレンドネタが話題で、瞬発力のあるTwitterと相性が良かったです。

検索エンジンでは浸透するまでに時間がかかり、流入は増えませんでした

逆に言えばSNSの特徴に合った運営を行えば、絡め方次第で大きな結果になると感じます。

筆者の周りには副業関連の発信を行い、有料noteとTwitterを駆使して月収30万円ほど獲得している方もいらっしゃるほどです。

まだまだブログアフィリエイトは終わりとは言えない感覚があります。

まだまだブログアフィリエイトは稼げる

副業でこれからブログを始めようと思っても、オワコンと言われ諦めている方がいたらまだ早いです。

検索エンジン頼りではなく、SNSを絡めてSNSの特徴に合わせた運営と動線を意識するのが鍵でしょう。

ただし各SNSの特徴があります。

事前にリサーチして、正しくターゲットを決めれば成約率は高まるはずです。(執筆者:副業スペシャリスト 奥泉 望)