貯金をする気はあっても、あるだけのお金を使い切ってしまいなかなか貯金ができないという人は多いです。

積立貯金なら自動的に先取り貯金ができるため「先月も貯金できなかった」ということがなくなります。

この記事では、積立貯金のメリットと筆者の貯金実績をご紹介します。

「先取り貯金」のすすめ

お金を貯めたいなら先取り貯金が賢い選択

「余ったお金を貯金しよう」と考えていても、月末には予算を使い切ってしまった経験がある人も多いでしょう

よほど計画的にお金の管理ができていれば余った金額を貯金することができるかもしれませんが、筆者の周りで「余ったお金を貯金する」と言って実際に貯金できている人はいません。

先取り貯金なら給料から貯蓄額を差し引いた金額が口座に入金されるので、貯蓄分を生活費で使ってしまう心配がありません

貯蓄額にばらつきがないので貯まりやすく、貯金の心配をせずに生活費を使うことができるので、無理なく積み立てることができます。

ほったらかし運用なのでズボラでも続く

積立貯金は最初に手続きをしてしまえば、あとは毎月決まった日に一定の金額が積み立てられていきます。

給料から自動で先取り貯金をしてくれるので、うっかり忘れてしまったり面倒で先延ばしにしてしまったりすることがありません。

最初に手続きさえすればあとは勝手に積み立てをしてくれるので、今まで貯金ができなかった人にこそ積立貯金はおすすめです

積立貯金は少額からでも始められる

積立貯金は「お金に余裕がないとできない」と思っている人も多いのですが、自分で積み立てる金額を設定できるので無理なく貯金に取り組むことができます。

最低預入額は金融機関によって異なりますが、500~1,000円で始められる機関が多いです。

「お金に余裕がない」と思っていても、毎月500円なら無理なく貯められるのではないでしょうか。

例え500円だったとしても10年続ければ6万円になります。

1,000円なら10年で12万円、5,000円なら60万円です。

ただし最初に「たくさん貯めよう!」と意気込んで1回の積立金額を高く設定すると負担が大きくなってしまうので、無理のない金額から始めることをおすすめします

出金に手間がかかれば簡単に貯金を取り崩すことがなくなる

先取り貯金は普通口座でもできますが、普通口座だと簡単に出金できてしまうので足りない生活費ををおろしていたら貯金が減っているという場合があります。

積立貯金なら、満期前に出金したい場合は解約手続きをする必要があるため、簡単に貯金を取り崩すことができなくなります

【体験談】4年で1,000万円の実績

筆者は積立貯金をする前はなんとなく財形貯金をしていましたが、あとは月々の生活費によって貯蓄できる金額はバラバラで、予定外の出費で生活費が足りなくなれば貯金を取り崩すこともありました。

家を建てるために積立貯金を始めてからは計画的に毎月一定額を積み立てることができたので、積立貯金・財形貯金・ボーナス2回を合わせて年間で250万円貯めることができるようになり、この4年間で合計1,000万円を貯めることに成功しました。

先取り貯金でウハウハ

貯金を成功させるためには貯まる仕組みづくりが重要

「お金に余裕ができたら貯金しよう」「余ったら貯金しよう」と先延ばしにしていると、なかなか貯金はできません。

「収入-生活費=貯金」の考え方から「収入-貯金=生活費」に変えることで、無理せずに積み立てをすることができます。

貯金を成功させるには、

(1) 生活費と貯蓄の口座を分ける

(2) 給料から先に貯蓄額を差し引く

(3) 送金を忘れないよう自動引き落としにする

という強制的に貯める仕組みづくりをすることがポイントです。

積立貯金ならこれらのポイントを網羅しているので、最初の手続きさえしてしまえば気付いた時にはお金が貯まっている状況を作ることができます。

「貯金が苦手」と感じている人は、ぜひ少額から積立貯金を始めてみてください。(執筆者:川井奈央)