主婦がTマネーデビューしたところ、簡単にお得の「3重取り」ができ、Yahoo!経済圏で生活するなら攻略すべきと感じました。

Tマネーは

・ もれなく200ポイント

・ 利用金額20%キャンペーン

があったので、使い始めました。これだけでもキャンペーンの2重取りができ、FamiPayでPOSAカードを買ってポイントが付与されることも知っていたので、試しに「どれだけお得か?」と実践してみました。

新たなキャッシュレスに挑戦

Tマネーとは

お得なキャンペーンもやっているのだ
≪画像元:Tサイト

Tマネーとは、「Tカードにチャージ」できる電子マネーです。現在、お得なキャンペーンを実施しています。

月間利用金額税込500円ごとに1ポイントが付与されるほか、「ショッピング」と「Tマネー決済ポイント」の2重取りができることもあります。

Tポイントが利用できる店舗で使えるほか、Tマネー「かざして支払い」を使うことで電子マネーのiD支払いもできます。

チャージ方法

・ お店で現金チャージ
・ クレジットカードチャージ
・ paidyで後払いチャージ
・ Tポイントからチャージ
・ POSAカードなどギフトカードからチャージ

筆者は、FamiPayを利用した時、POSAカード購入で翌日にポイント付与される「POSAカードなどギフトカードからチャージ」を実践しました。

ほぼ現金同様として使えるPOSAカードは、

5,000円チャージで翌日25ポイント

1万円チャージで翌日50ポイント

が、付与されていました。

お得な2つのキャンペーン

≪画像元:Tサイト

現在、Tマネー「かざして支払い」ではじめて利用キャンペーンを実施しています。魅力は、以下の2つのキャンペーンに同時参加できることです。

1. はじめて登録でもれなく200ポイント

期間:2021年8月1日~9月30日

Tポイントアプリから、「かざして支払い」を設定することでもれなく200ポイントがもらえるキャンペーンです。

Tポイントアプリから、

(1) 「Tマネーかざして支払い」

(2) 「次へ」

(3) 「手続きを始める」

(4) 電話して氏名とメールアドレス入力をしたら登録完了

≪画像元:Tサイト

筆者の場合、Android、おサイフケータイですので、「おサイフケータイに設定する」をタップ、優先設定にするをタップしました。

Apple Pay、iOSの設定方法は違いますので、設定方法ページを参考にしてみてください。

9月30日までの初期登録で、もれなく200ポイントがもらえます。

2.「Tマネーかざして支払い」で利用金額20%のTポイントをプレゼント

期間:2021年8月1日~10月31日

利用手続きをし、10月31日までの期間で「Tマネーかざして支払い」で支払うことで、利用金額の20%を「Tマネーチャージ限定Tポイント」プレゼントしてくれます。

ポイント付与上限は最大1,000ポイントまでなので、5,000円購入で最大の1,000ポイントをもらえます。

Tマネーチャージ限定Tポイントは、チャージのみに使えるようです。

初期設定が必要ですが、どちらも長期キャンペーンで参加しやすいです。

メリット1:iDで支払いできる

≪画像元:Tサイト

利用可能店舗が多くなります。Tポイントアプリ「かざして支払い」設定をすることで、iD Mastercardコンタクトレスが使えるお店でTポイントがたまるようになります。

「iD」マークがついているレジで支払いができ、「Tポイント」マークがついていない店舗でも利用できるのです。使う際は「iDで」と伝え、Tポイントアプリをかざして使用できます。

メリット2:Tポイント獲得が簡単

Yahoo!経済圏に住む人にとって朗報です。

これまでTポイント支払いできなかった店舗であってもiDを利用することで、Tポイントがもらえます。

iDは「日本全国約150万台以上」あります。

≪画像元:NTT DOCOMO

イトーヨーカドーやマックスバリュ、まいばすけっと、平和堂といったスーパーマーケット、100円寿司のかっぱ寿司、はま寿司、ファミレスのガストやデニーズ、ファストフードのマクドナルドなどが対象です。

Tポイントが使えるスーパーは、マルエツなどがありますが多くない印象です。

主婦としては、Tマネーを利用して食品購入時のスーパーでTポイントがためられる点は大きなメリットと感じます。

Tポイントを貯めるYahoo!経済圏に住む人にとって、Tポイント利用できる店舗が増えるのはうれしいことです。「かざして支払い」でiD利用をすれば「Tポイントを貯められる」機会が増えます

メリット3:Tマネー対応の店舗ならポイント2重取りも

二重取りっていい響きよね
≪画像元:Tサイト

Tマネー対応の店舗であれば、「ショッピング」と「Tマネー決済ポイント」の2重取りができます。

Tマネー利用の場合は「Tマネーで払います」と伝えます。

Tポイント付与は、ショッピングポイントのほか、Tマネー決済ポイントの月間利用金額税込500円ごとに1ポイントです。

デメリット1:使えない機種がある

ホームページに「auのAndroid端末ではご利用できません。」とあります。

また、対応機種はiOSだと「iPhone7以上」「Apple Watch Series 2以上」「iOS 13.4以上」で、Androidは「Android5.0以上」です。

「Tマネーのギフトカードがあまり売っていない」という口コミも見かけました。

コンビニエンスストアによっては、取扱のないこともあります。

使える機種が少ないのはデメリットです。

筆者の利用方法

筆者が好きな中華料理店の「王将」では、Tポイント支払いができません。

そこで「iD」払いをすることを伝え、「Tマネーかざして支払い」を使用しました。

iDで支払え、チャージした1万円のTマネーが使えました。

idでtマネーが使えたよ
≪執筆者撮影≫

手順1:ファミペイでTマネーのギフトカードを1万円分購入 → 50ポイント付与 

手順2:はじめて登録でもれなく200ポイント

手順3:「Tマネーかざして支払いで支払うことで利用金額の20%をTポイントプレゼント」で20%還元 → 591ポイント付与

1万円をTマネーにチャージして、「チャージ」「はじめて登録」「20%ポイント還元」など複数のキャンペーンなどを利用することで「お得の3重取り」で841円相当額節約できているとわかります。

キャンペーンの20%ポイント還元最大額まで、あと2,000円ほどあったので、他店でも利用しました。他店は交通系電子マネーとiD、QUICPayが使える店舗です。

筆者が普段利用する電子マネーが使えない店舗でしたので、iD利用で払えたのはよかったです。

ファミリーマートでPOSAカードを買うことでキャンペーンと併用ができ、お得の3重取りができました。

反省点

≪画像元:Tサイト

Tマネーはウエルシアグループで「土曜日」にチャージすると、

・ 3,000円分で30ポイント

・ 5,000円分で75ポイント

と、POSAカードチャージよりもお得でした。

Tマネーを駆使してYahoo!経済圏を充実

Tマネーは、Tポイントよりも普及率としてはまだな気もします。

初期設定も必要です。

しかし20%ポイントバックの特典だけでもメリットがありますし、「かざして支払い」でiD店舗でもTポイントが貯まることは大きいです。

Yahoo!経済圏を利用する人にとって、Tポイント消費だけでなくTマネー利用をすることで、iD利用のみしかできない店舗でも利用できるようになります。(執筆者:節約への情熱は誰にも負けない谷口 久美子)