キャッシュレスが叫ばれて久しいですが、まだまだ現金の出番は多いです。

現金を調達するなら、全国にあるローソン銀行ATMが便利ですね。

そんなローソン銀行ATMで、ポイントをもらえるスタンプカードがスタートしましたので、解説します。

ローソン銀行ATM スタンプカード開始 Pontaポイント獲得

ローソン銀行ATMでの出入金でポイントがもらえる「スタンプカード」開始

ローソン銀行ATMでスタンプカード
≪画像元:ローソン銀行

9月1日より、ローソン銀行ATMでスタンプカードがスタートしました。

貯まったスタンプの数に応じて、Pontaポイントがもらえます。

スタンプの貯め方

ローソン銀行ATMでのスタンプのため方
≪画像元:ローソン銀行

まず、ローソン店舗に設置のローソン銀行ATMで、出金・入金取引をしましょう。

取引終了後に発行されるクーポンを取得したら、スタンプカードを登録します。

スタンプカードの登録には、メールアドレス、SMSを受信可能な電話番号が必要です。

スタンプカードにログインし、「クーポン」の画像をアップロード、もしくは「問い合わせ番号」を入力して登録しましょう。

すると、10Pontaポイントに交換できるスタンプを獲得できます。

交換可能なスタンプがあれば、特典交換の申込はいつでも構いません。

「賞品を申し込む」から申込ボタンを押して、申し込みましょう。

さらに、抽選で毎月50名に2,000Pontaポイントがプレゼントされます。

注意点

ローソン以外に設置のローソン銀行ATMで取引をしても、スタンプは貯まりません。

振込・各種照会は対象外です。

現金チャージ、各種海外送金、海外発行のカードも対象外です。

何度取引をしても、スタンプを貯められるのは月1つまでです。

ローソン銀行ATMを利用すると、110円~220円の手数料がかかる

そして、最も注意すべきはATM手数料です。

多くの金融機関では、キャッシュカードを使ってローソンATMを利用すると、110円~220円の手数料が発生します。

ローソン銀行口座の出入金なら日中手数料無料

ローソン銀行口座の出入金なら日中手数料無料
≪画像元:ローソン銀行

ローソン銀行口座では、7時~19時の時間帯は、出入金の金額にかかわらず手数料がかかりません。

それ以外の時間帯は110円の手数料がかかります。

ローソン銀行ATMの手数料が無料の金融機関もある

また、一部金融機関では、ローソン銀行ATMの手数料を条件付きで無料にしています。

以下に一例を紹介しましょう。

・ auじぶん銀行:入金無料(取引状況に応じて月1回、または無制限)

・ オリックス銀行:0時15分~3時、4時10分~23時50分が無料

・ 新生銀行:入金無料(取引状況に応じて出金も無料)

・ ソニー銀行:月4回まで無料(5回目以降は110円)

・ PayPay銀行:毎月1回無料(2回目以降は3万円以上の取引のみ無料)

・ 三井住友銀行:25・26日の8時45分~18時が無料

・ 三菱UFJ銀行:25・末日の8時45分~18時が無料

・ 楽天銀行:3万円以上の入金は無料、預入残高やステージに応じて最高月7回無料

こうして見ると、メガバンクやネットに強い銀行で手数料無料が多いですね。

手数料無料でポイント獲得がベスト

ローソン銀行ATMで、スタンプカードがスタートしました。

ローソン銀行ATMを使って出入金すると、10Pontaポイントもらえるスタンプが貯まります。

ただし、110円~220円かかる手数料を支払ってはかえって損ですので、手数料を無料にしましょう。

メガバンクなら給料日や月末、ネット銀行も様々な条件で手数料無料にできますよ。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)