以前、「dポイントスーパー還元プログラム」というサービスがありました。

以前あったサービス
≪画像元:NTTドコモ

ドコモやdポイントのサービス利用に応じて、d払いやiD(dカード)利用時の還元率が最大+7%上がるというものです。

残念ながら7月9日にこのサービスは終了し、新たなサービスが検討されていました。

そして9月より、後継サービスと思われる「d払いステップボーナス」が開始されましたので、紹介します。

「d払いステップボーナス」登場

「d払いステップボーナス」の概要

新しいサービス
≪画像元:NTTドコモ

「d払いステップボーナス」は、ドコモユーザー限定のサービスです。

2022年3月31日までの期間中、実施されます。

来月の3月までのキャンペーン
≪画像元:NTTドコモ

d払い利用時の基本還元率0.5%に加え、

・ 前月のd払い(コード決済)の決済回数

・ d払いの支払い元をdカードに設定

・ 「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」の契約

に応じて、d払い(コード決済)利用時の還元率が2.5%アップ、合計最大3%にアップします。

利用時の還元率があがる
≪画像元:NTTドコモ

d払いアプリの「d払いステップ」から、還元率を確認できます。

以下で内訳なども詳しく解説しましょう。

前月のd払い(コード決済)の決済回数:最大+1%

以下のように、前月のd払い(コード決済)の決済回数に応じて、当月のd払い(コード決済)還元率に上乗せされます

・ 1~4回:+0.2%

・ 5~14回:+0.3%

・ 15~29回:+0.5%

・ 30~49回:+0.7%

・ 50回以上:+1%

1回利用するだけで、還元率がアップしますので、ハードルはさほど高くありません。

月15~29回利用で+0.5%あたりが、現実的でしょうか。

d払いの支払い元をdカードに設定:+1%

d払いの支払い元をdカードに設定すると、1%還元されます。

dカードの1%は、dカード利用による還元ポイントです。

電話料金合算払い、d払い残高払いを設定した場合、この1%還元はありません。

ギガホプランの契約:+0.5%

前月末時点で、以下の対象ギガホプランを契約していると、+0.5%還元です。

・ 5Gギガホプレミア

・ ギガホプレミア

・ ギガホプレミア2年定期

・ 5Gギガホ

・ ギガホ

・ ギガホ2年定期

還元率確認ページで、ギガホプラン契約の還元率を確認できるのは、10月12日からです。

d払いステップボーナスの注意点

ただし、d払いステップボーナスは、以下の点に注意してください。

ドコモユーザー限定

d払いステップボーナスは、ドコモユーザー(ahamo含む)限定です。

d払いステップボーナスの還元率確認も、ドコモユーザーしかできません

d払いを利用しているauやソフトバンクユーザーは、残念ながら対象外です。

また、ドコモユーザーでもdアカウントとドコモ回線が紐づいていないと、対象となりません

連携を忘れないでください

対象外となるd払いの決済

以下のd払い決済は、d払いステップボーナスの対象外です。

・ dカード以外のクレジットカードを支払い元に設定

・ dポイント利用分

・ クーポンでの利用分

・ d払い(iD)での支払い

前月のd払い決済回数、ギガホ契約分の還元は「決済金額5万円」が上限

基本還元率、dカードを支払い元に設定、前月のd払い決済回数、ギガホ契約のうち、前月のd払い決済回数、ギガホ契約は決済金額5万円分が上限となります。

5万円以上d払いで決済しても、還元対象となるのは5万円分のみです。

基本還元率、dカードを支払い元に設定については、上限がありません

d払い決済回数10回でその他の条件を満たしていると仮定して、決済金額ごとにポイント還元がどうなるのか、計算してみました。

決済金額ごとにポイント還元がどうなるのか

決済金額がいくら多くても、決済回数が月10回である限り、前月のd払い決済回数分、ギガホ契約分の還元は、どんなに頑張っても400ポイントで頭打ちです。

d払い決済回数が月50回以上なら1.5%還元となりますが、決済金額上限の5万円の1.5%で、750ポイントが上限となります。

前月のd払い決済回数、ギガホ契約分の還元は「期間・用途限定ポイント」

前月のd払い決済回数、ギガホ契約分の還元は期間・用途限定ポイントです。

d払い(コード決済)での支払い完了後、即時に還元され、還元から3か月間有効となります。

他のポイントへの交換などができませんので、注意してください。

d払いを利用するドコモユーザーは活用の価値あり

ギガホプランを契約しているドコモユーザーは、d払い利用時の還元率を最大3%にアップできるチャンスです。

来年3月までの期間限定ですから、利用してもいいのではないでしょうか。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)