日本全国、同一料金で配達してくれる郵便やゆうメール、ありがたいですね。

サービスを維持するため、配達員さんの苦労は結構なものと聞きます。

働き方改革もあってか、普通郵便やゆうメールなどのサービス内容が一部変更となりましたので、紹介しましょう。

2021年10月~土曜日の郵便配達なし

土曜日の配達が休止に

2021年10月~郵便物のサービス変更
≪画像元:日本郵便

10月2日より、普通郵便・ゆうメールの土曜日配達が休止となりました。

特定記録郵便(郵便局での引受時間や配達状況が分かる郵便)も同様です。

配達はしませんが、集荷は行います

2021年10月~郵便物のサービス変更内容
≪画像元:日本郵便

配達日数の繰り下げ

配達日数の繰り下げ
≪画像元:日本郵便

土日休日の配達休止に伴い、普通郵便・ゆうメールの配達日数も1日程度繰り下げられます。

2021年10月、2022年1月以降と段階的に繰り下げを実施予定です。

2021年10月以降、配達日数に変更のある主な郵便物は以下の通りです。

・ 普通郵便、ゆうメール

・ スマートレター

・ Webレター

・ コンピュータ郵便

・ 通常国際郵便(外国から到着するもの)

特定記録郵便・国際eパケットライトは、配達日数は変わらないものの、土曜日の配達を休止することに伴い、現在土曜日に配達しているものは月曜日に配達します。

ゆうパック・レターパック・速達・書留などは配達に変更なし

ゆうパック・レターパック・速達・書留などは配達に変更なし
≪画像元:日本郵便

上記以外の

・ ゆうパック
・ レターパック
・ 速達
・ 書留
・ 国際小包(外国から到着するもの)

などは、土日祝日も配達します。

配達日数にも変更はありません。

特にゆうパックは、ライバルとの競争もあるでしょうから、利用者にとってはありがたいです。

速達料金が最大60円値下げ

速達
≪画像元:日本郵便

土曜日の配達をしないとなると、できるだけ早く郵便を届けたい人は、速達を利用する機会が多くなるかと思います。

そんなニーズに応えるかのように、10月より速達料金(オプションサービスの追加料金)が、以下のように値下げされました。

・ 250gまで:+290円 → +260円

・ 1kgまで:+390円 → +350円

・ 4kgまで:+660円 → +600円

260円切手の発行を開始

260円切手
≪画像元:日本郵便

速達料金の値下げに伴い、最安速達料金に相当する260円切手の発行が9月1日より始まりました。

旧料金の290円切手の発行は終了しましたが、10月31日まで、交換手数料無料で他の郵便切手類と交換できます。

配達日指定料金は土曜日のみ「32円→210円」と変更

10月より、配達日指定郵便料金区分も変更されました。

原則として、差出日の3日後から起算して10日以内の日を指定でき、土日休日も指定できます。

・月~金曜日:32円で変更なし

土曜日:32円 → 210円

・日・休日:210円で変更なし

土曜日の配達休止に伴い、土曜日と日・休日が同じ扱いとなりました。

郵便区内特別郵便物の差出局が拡大

郵便区内特別郵便物の差出局が拡大

・ 差出人が同一

・ 定形郵便物または定形外郵便物

・ 同時に100通以上差し出す

・ 同一の郵便区内のみで引き受けおよび配達をする

という条件を満たすと、郵便料金がお得になる「郵便区内特別郵便物」があります。

2021年10月より、差し出しできる郵便局が2022年4月までに段階的に拡大し、利便性が高まりますね。

普通郵便やゆうメールは月~水曜日に出すのがおすすめ

2021年10月より、普通郵便やゆうメールが大きく変わりました。

土曜日の配達がなくなり、配達日数もかかるようになります。

速達ニーズが高まることも予想されるため、速達料金は値下げです。

できるだけ週末の投函は避けて、月曜日から水曜日に投函すると影響が少ないでしょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)