「飛行機を使わないわけじゃないけど、電車の方が当たり前に毎日使うんだよなぁ」

首都圏に住んでいる人は特に、そういうパターンの方が多いのではないでしょうか。

・ 時々飛行機には乗る

・ でも日々の移動手段は電車、地下鉄がメイン

そういう方が、日々の支払いでマイルを貯めて、年数回の飛行機搭乗でもお得にマイルを増やせるカードがあるので紹介します。

ソラチカゴールドカード

ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)

このソラチカゴールドカードが最強の理由は

・ マイル還元率最低でも1%

・ 最大還元率なんと約1.56%

・ 東京の地下鉄乗車でポイントが貯まる

・ ポイントをANAマイルへ移行できる

・ 通常5,500円かかるマイル移行手数料が無料

・ 国内旅行保険が最高5000万円

・ 海外旅行保険が最高1億円

・ カード更新時2,000マイル貰えて、

・ 搭乗ボーナスマイルが25%ある

というところです。

ソラチカカード

≪画像元:ANA

他カードだと、移行手数料がかかるのに還元率0.5%なんてカードがザラにあるANAマイル系の中では破格のレートです。

デメリットとしては、年会費が割高なところです。

ソラチカゴールドカードの年会費は、税込みで1万5,400円です。

しかし、年会費を割り引く方法があります。

高い年会費を割り引く方法

スマリボ=リボ払いで支払うと、年会費が1万400円に割引されます。

ただ、リボ払いというと、手数料地獄のようなイメージがあると思います。

その例に漏れず、考えなしにリボ払いをすると、年会費割引や還元率どころか、浪費が増えるばかりです。

ですから、決済日前に、コンビニATMなどを使って、繰上げ返済をすることで、支払うリボ払い手数料を最小金額にします。

手間はかかりますが、これで5,000円の割引が得られます

また、本来ANAマイルは、高レートで還元したい場合、ポイントのマイル移行手数料が通常5,500円かかります。

ソラチカゴールドカードは、移行手数料が無料なので、実質5,500円が割引扱いです。

考えようによっては、

1万5,400円-5000円-5,500円=年会費4,900円

と考えることもできます。

最大還元率へ高める方法

最大還元率は約1.56%ですが、手順を知らないと1%止まりになってしまいます。

その手順を説明します。

【手順1】

年間100万円(可能なら300万円)以上利用する

【手順2】

スマリボを利用して、ボーナスポイントを獲得

【手順3】

ボーナスポイント → メトロポイント → ANAマイルの順で交換

この手順で1.54%まで還元率が上がります。

年300万円以上と、かなりカードを使う人は、1.56%まで還元率がアップします。

手順1は、特に考えなしでカードを利用するだけでOKです。

「100万円も使えない」と思われるかもしれませんが、意外とそんなこともありません。

年間の消費額(生活費)の全国平均は約390万円です。

この消費をなるべく全てソラチカゴールドカードで決済すれば、条件は余裕で達成できるはずです。

手順2は、上述した通り考えなしにリボ払いをしてしまうと、浪費が増えて本末転倒です。

ですから、決済日前に、コンビニATMなどを使って、繰上げ返済をして、支払うリボ払い手数料を最小金額にていきましょう。

手順3は、この過程を経てポイント交換することで、高還元率にすることができます。

飛行機を全く使わない人には向かない

・ 手順を踏めば、超高還元率&割安の年会費になる

・ 首都圏に住む人ほど、メリットが大きい

ただし飛行機を全く使わない人は、スマリボなどの手間が取られる上に、マイルの恩恵がないので年会費が無駄になります

目安としては、毎年100万円以上決済がある人で、かつ、年に2回以上ANA便を利用する場合、かなりのメリットを享受することができると思います。

手間以上の恩恵が受けられると思うので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。(執筆者:沼島 まさし)