これまで、Amazonでは「Amazon Mastercardクラシック」(以下、クラシック)と「Amazon Mastercardゴールド」(以下、ゴールド)を発行していました。

先日、ゴールドがいきなり発行停止となって、驚いた人もいるでしょう。

そして、11月より「Amazon Prime Mastercard」「Amazon Mastercard」の発行を開始しました。

詳しく解説しましょう。

Amazon Mastercard持ってますか

11月より「Amazon Prime Mastercard」「Amazon Mastercard」の発行を開始

「Amazon Prime Mastercard」「Amazon Mastercard」が発行されました
≪画像元:Amazon.co.jp

2021年11月1日より、「Amazon Prime Mastercard」「Amazon Mastercard」が発行されました。

旧カードは段ボールデザインでしたが、新カードはシンプルなデザインです。

順次更新カードが送られるほか、新規申込の受付もスタートしました。

新カードの概要

新カードの概要

新カード(Amazon Prime Mastercard、Amazon Mastercard)の概要は、上記の通りです。

「Amazon Prime Mastercard」がゴールドで、Amazon Mastercardが一般カード?」とも思いましたが、そうではありません。

両方とも一般カードで、Amazonプライム会員には「Amazon Prime Mastercard」、それ以外の人には「Amazon Mastercard」が発行されます。

2枚の新カードはほとんど違いなし

デザイン以外で、「Amazon Prime Mastercard」「Amazon Mastercard」で基本的な違いはありません。

Amazonでの還元率に違いがありますが、プライム会員に登録すれば、Amazon Mastercardでも還元率2%です。

新旧カードを徹底比較!

新旧合わせて、Amazonには4種類のカードが存在することとなります。

旧カードと新カードでは大きな違いがありますので、その違いを表にしてみました。

旧カードと新カードでは大きな違い

年会費:新カードはゼロコスト

旧カードのクラシックは、年会費1,375円です。

初年度は無料、2年目以降も年1回以上のショッピング利用があれば、年会費は発生しません。

ゴールドは、年会費1万1,000円です。

旧カードは、ETCカードの年会費が550円(年1回以上のETC利用で翌年度無料)かかります。

これに対して、新カードは本カード・ETCカードの年会費、いずれも無料です。

還元率:新カードはコンビニで高還元

Amazonでの還元率に大きな違いがあります。

クラシックは、プライム会員は2%、そうでなければ還元率は1.5%です。

ゴールドは、プライム会員を継続していれば2.5%還元されます。

新カードの2枚は、プライム会員は2%、そうでなければ還元率は1.5%と、クラシックと変わりません。

コンビニ(セブン-イレブン、ローソングループ、ファミリーマート)で新カード2枚を利用すると、1.5%還元されます。

これに対して、旧カード2枚は通常通り還元率は1%です。

Amazonプライム会員資格:別途登録が必要

ゴールドは、利用者の負担なしで資格が付帯されていました。

一方、新カード2枚とクラシックは、有料で登録が必要です。

保険:「クラシック」よりは充実

旅行傷害保険については、ゴールドが最も充実しています。

次いで新カード2枚、最も乏しいのがクラシックです。

ショッピング保険も同様で、新カード2枚はゴールドより補償金額が落ちます

しかし、新カード2枚は、国内での1回払いでも補償対象となりそうで、これはゴールドと遜色ありません。

支払い方法:「Mastercardコンタクトレス」が追加

旧カードも、通常のクレジット払いだけでなく、Apple PayやGoogle Payにも使えました。

しかし新カードには、タッチ決済の「Mastercardコンタクトレス」が加わりました。

利用シーンが多くなりますね。

新旧カードの疑問を一挙に解決!

気になる旧カード(クラシック、ゴールド)の行方
≪画像元:Amazon.co.jp

既存ユーザーにとって気になるのは、旧カード(クラシック、ゴールド)の行方でしょう。

旧カードも引き続き利用可能ですが、一部機能やサービスに変更があります。

新カードのことをもっと詳しく知りたい方もいると思うので、新旧カードの気になる疑問を一挙に解決します。

登録状況に変更はあるの?

Amazonアカウント、カード番号などに変更はありません。

ゴールドのAmazonプライム会員資格の自動更新サービスはどうなるの?

2021年10月いっぱいで、ゴールドのAmazonプライム会員資格の自動更新サービスは終了です。

それ以前にゴールドの年会費を支払っている場合、利用中のAmazonプライム特典はAmazonプライム会員更新日まで継続します。

ただし、自動更新はされませんので、自分でAmazonプライム会員に登録が必要です。

ゴールドのAmazonでの2.5%還元は続くの?

ゴールドのAmazonでの2.5%還元は、Amazonプライム会員更新日まで継続されます。

自分でAmazonプライム会員を継続すれば、2.5%還元は継続です。

ゴールドの旅行傷害保険・ショッピング補償・空港ラウンジサービスは引き続き利用できるの?

ゴールドには、旅行傷害保険・ショッピング補償・空港ラウンジサービスがあります。

2021年10月で終了かと思いきや、そうではありません。

カード年会費の請求月にかかわらず、2022年10月まではサービスを利用できます。

有効期限がまだ来ない旧カード、年会費は?

2021年11月以降は、クラシック・ゴールドの両方とも、年会費がかかりません

カードの変更手続きは必要?

古いカードを持っている人は、有効期限が到来し次第、新しいカードが届けられます。

Amazonプライム会員の登録の有無によって、送られてくる新しいカードは異なります。

利用者が変更手続きなどをする必要はありません。

新しいカードでAmazonプライム会員の登録状況が変わったら、カードは変更になるの?

プライム会員以外が持てるAmazon Mastercardを手にしてから、Amazonプライム会員に登録すると、新たにAmazon Prime Mastercardが届けられます。

もちろん、プライム会員の特典付きです。

プライム会員が持てるAmazon Prime Mastercardを手にしてから、Amazonプライム会員の登録を解除しても、新たにAmazon Mastercardは届きません

プライム会員向けの特典はなくなります。

有効期限を待たずにすぐに新しいカードが欲しい

有効期限を待たずにすぐに新しいカードが欲しい場合は、有料です。

Amazonプライム特典は付かないので、加入は慎重に

11月より「Amazon Prime Mastercard」「Amazon Mastercard」の発行が開始されました。

旧カードのクラシックよりはハイスペックですが、旧カードのゴールドに付帯の「プライム会員特典」、新カードには付帯しません

これが最大のネックです。

還元率1%とそこそこですので、年会費無料カードとしては持っていてもいいでしょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)