電子マネー「nanaco」を利用できるようになるなど、最近、Apple Payが利便性を高めています。

nanacoと時を同じくして、電子マネー「WAON」も使えるようになりましたので、その特徴を徹底解説します。

「Apple PayのWAON」始まる


≪画像元:WAON

2021年10月21日より、Apple Payでも電子マネー「WAON」が使えるようになりました。

Apple PayのWAONには、以下のような特徴があります。

【特徴1】発行手数料が無料

WAONカードを発行する際には、新規発行手数料として300円かかります(年会費は無料)。

一方、Apple PayのWAONは年会費、新規発行手数料もかかりません

【特徴2】普通に使う分には十分


≪画像元:WAON

イオンなどに設置されている「WAONステーション」には、以下のような機能があります。

  • ポイントチャージ
  • ポイント照会
  • クレジットチャージ
  • ポイントの合算
  • 利用可能上限額の変更

他にもできることが多いWAONステーションは、WAONユーザーにとって欠かせません。

一方、Apple PayのWAONでは、以下のことが可能です。

  • 新規発行
  • 現金チャージ
  • 残高・取引履歴照会

WAONステーションほどではないものの、必要最低限のことはApple Payで事足ります。

iPhoneの「WAONアプリ」との比較


≪画像元:Apple

iPhone版に「WAONアプリ」というアプリもあり、違いがよく分からない人もいるでしょう。

WAONアプリの方が全般的に多機能ですので、スマホだけでWAONを完結させたいならWAONアプリです。


≪画像元:WAON

後ほど説明しますが、クレジットチャージや手持ちのWAONカードの移行を考えている人は、Apple PayのWAONがいいかもしれません。

【特徴3】手持ちのWAONカードを取り込める


≪画像元:WAON

すでにWAONカード、G.G WAON、ゆうゆうワオンを持っている人は、そのカードを取り込んでApple Payで利用できます。

残高やポイントもそのまま移行可能です。


≪画像元:WAON

移行後のWAONカードは利用できませんので、自分で破棄してください。

Apple Payでは利用できないWAONもある


≪画像元:WAON

「ご当地WAON」をApple PayのWAONに取り込むことはできません

ご当地WAONをiPhoneで使いたい人は、「WAONアプリ」を利用してください。

また、以下のWAONカードも、Apple Payでは利用できません

  • JMB WAON
  • サッカー大好きWAON(順次導入予定)
  • グループ外部提携発行WAON(吉野家WAONなど)
  • クレジットカードなどと一体型のWAON

【特徴4】チャージ可能なクレジットカードが多い


≪画像元:WAON

これまで、WAONにチャージ可能なクレジットカードは、イオンマークの付いたカードのみでした。

nanacoと比べても、チャージ可能なクレカが格段に少ないです。

一方、Apple Payなら以下のクレジットカードからWAONにチャージできます。

  • Mastercard・JCBのイオンカード
  • Mastercard・JCB・アメックスのクレジットカード
  • Mastercard・JCB・アメックスのデビットカード

1,000円以上、1円単位で、1回につき4万9,000円までチャージ可能です。

WAONアプリを使用し、チャージ方法として「Apple Pay」を選択して、チャージしましょう。

チャージでポイントが付くかはカード会社によって異なる


≪画像元:アメリカン・エキスプレス

WAONへのチャージでポイントが付くかは、カード会社によって異なります。

ちなみに、発行元がアメリカン・エキスプレスの場合、ポイントは付きません

他のカード会社についても、確認するといいでしょう。

Visaブランドのカードは利用不可

Visaブランドは、Apple Payに未対応のため設定できません。

イオンカードのVisaカードは、WAONアプリに登録すれば利用できます。

また、イオンクレジットサービスが発行しているデビットカードは設定できません。

イオンカード以外のカードについては、ウォレットアプリに設定できても、WAONのチャージに対応しているカードの必要があります。

オートチャージはWAONアプリでの設定が必要

一定以下の残高になると自動でチャージされる「オートチャージ」、iPhoneでも利用できます。

ただし、オートチャージに設定できるカードはイオンマークのカードのみです。

また、WAONアプリからの設定が必要です。

【特徴5】WAONのお得なキャンペーンも利用できる


≪画像元:WAON

WAONカードと同様、Apple PayのWAONでもお得なキャンペーンの対象です。

以下のようなキャンペーンがあります。

  • イオングループの対象店舗でいつでもポイント2倍
  • 毎月20日・30日に対象店舗で5%引き
  • 毎月15日にG.G WAON・ゆうゆうワオンでの支払いで5%引き
  • 毎月5日・15日・25日に対象店舗でポイント2倍
  • 毎月10日はポイント5倍

いつでもポイント2倍について

「ウォレットアプリ」から新規発行したり、会員未登録のWAONを読み取り設定した場合は、この特典の対象になりません

WAONアプリで会員登録をしてください。

G.G感謝デーについて

「G.G感謝デー」は、毎月15日に5%引きとなる、55歳以上が対象のサービスです。

Apple PayのWAONを使っているうちに55歳になっても、そのWAONをG.G感謝デー対象カードにすることはできません

G.G感謝デー対象のご当地WAONは、Apple PayのWAONに未対応です。

便利に使いたいなら「WAONアプリ」のダウンロードも忘れずに

Apple PayでもWAONが使えるようになりました。

チャージ可能なクレジットカードが増えたのが、大きなメリットです。

ミニストップでの請求書支払いで、特に力を発揮しそうですね。

ただし、Apple Pay単体では使える機能に限りがあります。

より便利かつお得に利用したいなら、WAONアプリも忘れずダウンロードしてください。