パイのお菓子やお料理を手作りと聞くと、「手が込んでいるな」「手間暇がかかっているな」という印象がありますね。

実際、パイ生地から作ると、何度も層を重ねて冷蔵庫で寝かせて…など、かなり手間がかかります。

そこで便利なのが「冷凍パイシート」です。

いまではたくさんのメーカーから販売されていて、よく使われている方も多いと思います。

そんな冷凍パイシートですが、少々値段が高めです。

筆者の近隣スーパーで調査したところ、

Aメーカー 320g:323円(税込)

Bメーカー 360g:468円(税込)

となっていました。

しかし、節約の味方「業務スーパー」の冷凍パイシートは500gで300円(税込)で購入できます。

【100gあたりの値段で比較】

Aメーカー:101円

Bメーカー:130円

業務スーパー:60円

業務スーパーの冷凍パイシートがとても安いということがわかります。

業務スーパーの 【冷凍パイシート】

今回は、そんな業務スーパーの冷凍パイシートを使った節約レシピをご紹介します。

※記載された商品価格は税込みで、筆者購入時の情報です。

商品は店舗により異なる場合があります。

おいしくてコスパ最強!業務スーパーの冷凍パイシート

業務スーパーの冷凍パイシート

リトアニアから直輸入されている、業務スーパーの冷凍パイシート。

甘さは控えめなので、お菓子作りはもちろん、キッシュやポットパイなどのお料理にも使えて幅が広がります。

開封すると、きれいにカットされた6枚の生地が出てきます。

使いやすい大きさで、残りは冷凍でとっておけるのも魅力のひとつです。

1枚づつの個包装にはなっていないので、開封後の冷凍は乾燥しないようしっかり密閉できるジップ袋などを使いましょう。

穴(ピケ)の加工がない

また、生地ふくらみ予防の穴(ピケ)の加工がないので、作る時はフォークなどで全体的にむらなく細かい穴をあけることが必要となります。

【レシピ1】「1本5円!切って焼くだけスティックパイ」

切って焼くだけスティックパイ

サクサク食感が楽しいスティックパイ。

そのまま焼くだけで簡単、シート1枚で60円、およそ11㎝のスティックパイが12本できます

材料(作りやすい分量:出来上がり12本分)

・ 業務スーパー「冷凍パイシート」:1枚

・ グラニュー糖:約5g(お好みで調整してください)

作り方

(1) パイシートを室温に置いて解凍しておく。

(2) そのままの状態で、満遍なくグラニュー糖を振りかける。

(3) 12等分に切って、オーブンペーパーに並べる(分量外の小麦粉をふるうと切りやすい)

(4) オーブン200℃で20分ほど焼く。

ポイント

グラニュー糖以外でも、お好みの味付けで楽しめます。

塩や粉チーズで、おつまみ風にも!

【レシピ2】「1個45円!三角形のチョコレートパイ」

三角形のチョコレートパイ

業務スーパーの激安本格ドイツ産ミルクチョコレートをたっぷり使いました。

1個あたりなんと、45円

某ファーストフードのチョコパイは1個130円なので、85円もお得につくれちゃいます。

材料(作りやすい分量:出来上がり2個分)

絶対においしい組み合わせ
・ 業務スーパー「冷凍パイシート」:1枚

・ 業務スーパー「ミルクチョコレート」:25g(1/4枚)

・ 溶き卵:適量(つや出し用、お好みで)

作り方

(1) パイシートを室温に置いて解凍しておく。

(2) 分量外の小麦粉をふるいながら(張り付き予防に)半分に切る。

(3) 形を整えながら、生地半分の位置にチョコレートを並べて、もう半分を畳むようにしてチョコレートを包み込む。フォークで綴じ目に飾りをつける。(お好みで溶き卵を塗る。)

(4) オーブン200℃で20分ほど焼く。

ポイント

焼く前にチョコレート部分に少し切れ目を入れると、焼き上がりにチョコレートが顔を出しておいしそうに見えます。

【レシピ3】「1皿67円!シチューパイ」

シチューパイ

業務スーパの激安レトルトビーフシチューを使いました。

1皿あたりなんと、67円!お安く手軽にパーティー向きの1皿ができ上がります。

材料(作りやすい分量:出来上がり2皿分)

自宅でレストラン気分
・ 業務スーパー「冷凍パイシート」:1枚

・ 業務スーパー「ビーフシチュー(レトルト)」:1袋

・ 溶き卵:適量(つや出し用、お好みで)

作り方

(1) パイシートを室温に置いて解凍しておく。

(2) 分量外の小麦粉をふるいながら(張り付き予防に)半分に切る。

(3) 耐熱皿にビーフシチューを入れる。

(4) 形を整えながら、生地半分を(3)の容器に蓋をするようにかぶせて、フチをしっかりとめる。(お好みで溶き卵を塗る。)

(5) オーブン200℃で20分ほど焼く。

ポイント

お皿が大きいと焼いている途中でパイ生地が沈んでしまうので、なるべく小さめで深さのある耐熱容器がおすすめです。

中身をホワイトシチューやカレーに変えてもおいしいです。

【レシピ4】1個58円以下!揚げりんごパイ」

缶詰りんごの揚げパイ

業務スーパーの「りんご缶詰」を使いました。

1個あたりなんと、58円!りんごのシャクシャク食感がクセになるボリューム満点の揚げパイです。

材料(作りやすい分量:出来上がり2個分)

缶詰のリンゴを使うと簡単

・ 業務スーパー「冷凍パイシート」:1枚

・ 業務スーパー「りんご缶詰」:2切

・ 砂糖:大さじ1

・ 揚げ油:適量

作り方

(1) パイシートを室温に置いて解凍しておく。

(2) 分量外の小麦粉をふるいながら(張り付き予防に)半分に切る。

(3) りんごは好みの大きさに切って砂糖をまぶしておく。

(4) (2)の生地の半分位置に(3)のりんごをのせ、残りの生地を畳むようにかぶせる。中身が出ないようにフチをフォークなどで抑える。(水をつけると閉じやすい)

(5) 170℃の揚げ油でキツネ色になるまで揚げる(3分くらい)

【レシピ5】アップルシナモンジャムの揚げりんごパイ

アップルシナモンジャムの揚げりんごパイ
業務スーパーの「アップルシナモンジャム」を使いました。

1個あたりなんと、57円!シナモンが効いている大人の揚げパイです。

材料(作りやすい分量:出来上がり2個分)

これは絶対においしい
・業務スーパー「冷凍パイシート」:1枚

・業務スーパー「アップルシナモンジャム」:80g(お好みで調整してください)

・揚げ油:適量

作り方

(1) パイシートを室温に置いて解凍しておく。

(2) 分量外の小麦粉をふるいながら(張り付き予防に)半分に切る。

(3) (2)の生地の半分位置にアップルシナモンジャムをのせ、残りの生地を畳むようにかぶせる。中身が出ないようにフチをフォークなどで抑える。(水をつけると閉じやすい)

(4) 170℃の揚げ油でキツネ色になるまで揚げる(3分くらい)

ポイント

中身はなんでもいいです。

ミートソースを入れると「揚げミートパイ」に、とろけるチーズとピザソースを入れて「揚げピザパイ」など、オリジナル揚げパイを楽しみましょう

※揚げ油と砂糖の価格は除いています。

業務スーパーの冷凍パイシートで、いつもの食卓がお安くワンランクアップ!

これから「クリスマス」や「バレンタイン」など、楽しいイベントが多くなる季節です。

業務スーパーの冷凍パイシートで、節約しながらいつもと違ったアレンジも楽しんでみませんか。(執筆者:中島 さゆり)