仮想通貨(暗号資産)として最も有名なビットコイン、日本最大級の取引所は「bitFlyer」です。

2021年12月、アプラスが発行元となり、「bitFlyerクレカ」の発行がスタートしました。

お得なキャンペーンとともに、その魅力を徹底解説しましょう。

「bitFlyerクレカ」が誕生

bitFlyerクレカの概要

 

bitFlyerクレカ
≪画像元:株式会社bitFlyer

新登場のカードには、一般カードの「bitFlyer Credit Card」(bitFlyerスタンダード)、プラチナカードの「bitFlyer Platinum Card」(bitFlyerプラチナ)があります。

それぞれの概要は、以下の通りです。

それぞれの概要

裏面にカード情報を集約しており、表面はナンバーレスでシンプルです。

Apple PayやGoogle Payにも対応しています。

カード利用でビットコインをもらえる

最大のメリットは、やはりカード利用でビットコインをもらえる点でしょう。

ビットコインをもらえるポイントサイトはありますが、ビットコインをもらえるクレカは初めてとのことです。

通常時、bitFlyerスタンダードは0.5%、bitFlyerプラチナは1%分のビットコインをもらえます。

対象外の商品・サービス

ただし、以下の商品・サービスの利用に関しては、対象外となります。

・キャッシング

・年会費

・楽天Edyチャージ

・BANKITチャージ

もらったビットコインの可能性は無限大

例えば、bitFlyerプラチナを100万円利用すれば、1万円分のビットコインをもらえる計算です。

もらったビットコインは、もちろん売却できますし、持ち続けて値上がりを待つのもいいでしょう。

ポイントと異なり、ビットコインには有効期限がありません。

変換のタイミングを選べない

直接ビットコインをもらえるわけではありません。

直接もらえるのは「とっておきポイント」です。

それを毎月20日頃、1ポイント=1円相当の変換レートで自動的に「ビットコイン」に交換し、利用者のbitFlyerアカウントに貯まります。

変換日は自分で選べません

1日で乱高下することもあるビットコインですから、気になりますね。

コストは極めて低い

クレジットカードはいろいろとコストが気になりますが、bitFlyerクレカならその心配も少ないでしょう。

「とっておきポイント → ビットコイン」への変換手数料は無料です。

bitFlyerスタンダードなら、カード年会費・家族カード・ETCカードの全てが永年無料です。

bitFlyerプラチナは年会費1万6,500円がかかりますが、初年度は年会費がかかりません。

2年目以降も、前年度に150万円以上カードショッピングを利用すれば、翌年度の年会費が無料となります。

キャンペーンも実施中

キャンペーンも実施中
≪画像元:株式会社bitFlyer

2022年3月31日まで、bitFlyerクレカではキャンペーンを実施中です。

期間中にbitFlyerクレカの申込を完了させた先着1万名に、500円相当のビットコインが4月中旬頃にプレゼントされます。

また、カード申込月と翌月のショッピング利用分については、

・bitFlyerスタンダード:2%

・bitFlyerプラチナ:2.5%

と、還元率がアップして利用月の翌月中に付与されます。

申込殺到につき、到着には時間がかかるかも

申込殺到
≪画像元:株式会社アプラス

bitFlyerクレカは、デビューからわずか3日で申込件数が1万件を突破しました。

ビットコインをもらえる初めてのクレカだけに、注目度も高いです。

通常は申込から2週間程度かかるそうですが、申込殺到につき、さらに時間がかかるかもしれません。

投資やカード発行はあくまでも自己判断で、ある程度余裕を持って申し込みましょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)