何としてもマイナンバーを普及させようと、政府は躍起になっているようです。

その最たるものが「マイナポイント」ですが、第2弾の開催が予定されています。

不確定要素も多いですが、予習だと思って、マイナポイント第2弾を解説しましょう。

マイナポイント第2弾

2022年1月1日より「マイナポイント第2弾」を実施予定

マイナポイント第2弾
≪画像元:マイナポイント事務局

11月19日、「マイナポイント」の第2弾を実施することが、閣議決定されました。

ただし、第2弾の実施は補正予算の成立が前提ですので、あくまでも「予定」です。

第1弾では、最大5,000円分のマイナポイントがもらえました。

第2弾では、以下の3条件を満たすことで、最大2万円分のマイナポイントがもらえます。

  • マイナンバーカードの新規取得:最大5,000円分のポイント
  • 健康保険証としての利用登録:7,500円分のポイント
  • 公金受取口座の登録:7,500円分のポイント

以下で、3条件について詳しく見ていきましょう。

1.マイナンバーカードの新規取得:最大5,000円分のポイント

最大5,000円分のポイント
≪画像元:マイナポイント事務局

まずは、「マイナンバーカードの新規取得」です。

こちらは、第1弾でも実施されており、第2弾でも条件はさほど変わらないでしょう。

マイナンバーカードを取得したら、マイナポイントへの申込をして、好きな決済サービスを選びます。

選択した決済サービスで、チャージ or 買い物(決済サービスによって条件が異なる)をしましょう。

チャージ or 買い物金額の25%分(最大5,000円分)のマイナポイントが付与されます。

「マイナポイント」という独自ポイントがあるわけではありません。

実際に付与されるのは、選択した決済サービスのポイントです。

マイナンバーカード取得済みの人も対象

マイナンバーカードを取得したものの、第1弾のマイナポイントに申し込んでない人もいるでしょう。

その人が第2弾の対象から外れてしまっては、非常に悔しいです。

そこで第2弾では、そのような人も対象に含めます。

ただし、第1弾の際にマイナンバーカードを作成して、マイナポイントをもらった人は対象ではありません。

2.健康保険証としての利用登録:7,500円分のポイント

健康保険証としての利用登録

≪画像元:デジタル庁

次は、マイナンバーカードを健康保険証として利用登録する条件です。

これだけで、7,500円分のマイナポイントがもらえます。

おそらく、マイナポイント申込の際に選択した、決済サービスのポイントとして付与されるのでしょう。

こちらは、5,000円分のマイナポイントをすでにもらった人も、対象のようです。

マイナンバーカードを健康保険証として利用登録するメリット

マイナンバーカードを健康保険証として利用登録すると、以下のようなメリットが考えられます。

  • 住所が変わっても健康保険証として使い続けられる
  • マイナポータルから特定健診情報、薬剤情報、医療費を見られる
  • マイナポータルから確定申告の医療費控除が簡単ににできる
  • 窓口への書類持参が不要

ただし、厚生労働省によれば、10月3日時点で準備完了しているのは、全国の医療機関の約7.4%とのことで、普及が課題です。

また、医療費控除を受けない人には、あまりメリットを感じないかもしれません。

利用登録の流れ

利用登録の流れ
≪画像元:セブン銀行

マイナンバーカードを健康保険証として利用登録するには、以下の方法があります。

  • セブン銀行ATM
  • マイナポータル(PC)
  • マイナポータル(スマホ)

PCやスマホだと、ハードルが高くて面倒そうです。

そこでここでは、セブン銀行ATMを使った健康保険証としての利用登録方法を紹介しましょう。

その際マイナンバーカードと利用者証明用パスワード(4桁)が必要となるので、お忘れなく。

健康保険証は必要ありません。

  1. 「マイナンバーカードでの手続き」を選択
  2. 「健康保険証利用の申込み」を選択
  3. 利用規約を確認して、マイナンバーカードをカード挿入口に挿入
  4. 利用者証明用パスワード(4桁)を入力
  5. マイナンバーカードを受け取って完了

3.公金受取口座の登録:7,500円分のポイント

公金受取口座の登録
≪画像元:デジタル庁

最後に、公金受取口座の登録で、7,500円分のポイントがもらえます。

こちらは他と異なり、制度自体がまだ開始していないため、全てがあくまで予定・予想なことをご了承ください。

1人1口座、給付金(年金、児童手当、所得税の還付金等含む)の受取などに使う金融機関の口座を、国(デジタル庁)登録する制度です。

これにより、給付の際の作業がシンプルかつスピーディーになり、振込不能になることもありません。

口座開設などの際、金融機関にマイナンバーを届出する制度とは異なります。

あくまで任意であり、強制ではありません。

また、口座情報は利用者がお金を受け取る際に使われ、そこからお金を引き落とすことはない、とのことです。

登録情報は、マイナポータルよりいつでも確認・変更・削除ができます。

興味のある方は、まずマイナンバーカードを作成しよう

マイナポイント第2弾では、合計最大2万円分のポイントがもらえる予定です。

まだ不確定な要素が多いものの、非常に魅力的ですね。

ただし、マイナンバーカードがないと始まらないため、まずはマイナンバーカードを作成しましょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)