auじぶん銀行は、ユーザーの優遇制度「じぶんプラス」を2022年4月1日に運用ルールを変更すると発表しました。

「じぶんプラス」とは、預入残高や利用状況・回数に応じてステージ分けしていて、ATM利用手数料、振込手数料の無料特典を受けられるサービスです。

楽天銀行でいう「ハッピープログラム」と同じサービスになります。

「じぶんプラス」は、auじぶん銀行に口座を持っているすべての利用者が対象で、利用者は必ずランク分けされています。

これまでauじぶん銀行をあまり主要な銀行にしてこなかった利用者にとって、手数料等の回数が増えるなどの他にも対象取引によってはPontaポイントが付与されることも発表され、かなりの改良となります。

ここでは、2022年4月1日からauじぶん銀行「じぶんプラス」変更点・新要素のまとめと、各変更点の注意事項を紹介します。

参照:公式サイトプレスリリース

auじぶん銀行

【変更】ステージが5段階から4段階に

これまでステージは「じぶんプラス1~5」の5段階でしたが、2022年4月1日より「プレミアム、ゴールド、シルバー、レギュラー」の4段階に変更されます。

最下位ステージ「レギュラー」でのメリットが増えます。

(新要素)対象取引で【2022年4月1日~】auじぶん銀行のステージシステム大幅リニューアルでATM利用手数料などが変更 

キャッシュレス決済(au PAY 残高へのオートチャージ、スマホ決済、じぶん銀行スマホデビット)や入金(給与・賞与の受取または定額自動入金サービス)など、対象の取引を行うとPontaポイントが付与されるようになります。

Pontaポイントが付与

≪画像元:auじぶん銀行株式会社

対象取引でのPontaポイント付与について注意点

  • Pontaポイントの付与については、条件を達成しても上限が設定されているため、予めステージの上限付与ポイントは把握しておきましょう。
  • キャッシュレス決済はオートチャージが条件になるため、手動でのチャージは対象外となります。
  • メルペイ、PayB、PayPay、FamiPay、LINE Payへのチャージが対象ですが、PayPayへの新規登録およびFamiPay、LINE Payへのチャージは現在停止中です。
  • 口座振替では、auPAYカードやクレジットカード利用代金、家賃、携帯電話費等の引落としを1つでも設定すれば条件クリアとなります。

(変更)ATM利用手数料、振込手数料の無料回数

「ATM利用手数料」と「振込手数料」の無料回数が変更になり、レギュラーステージでは無料回数も増え、条件も改良されます。

振込手数料の無料回数

振込手数料の無料回数(改正後)

≪画像元:auじぶん銀行株式会社

  • 最下位ステージ「レギュラー」でも、入金出金手数料が2回/月まで無料になり、それ以外のステージも回数増加となります。
  • 最下位ステージ「レギュラー」でも、auじぶん銀行間から三菱UFJ銀行以外への振込手数料が3回/月まで無料になります。
  • 全ステージでゆうちょ銀行TAMの利用制限がなくなります。

手数料に関する注意点

  • ATM入出金手数料の無料回数は、キャッシュカードとスマホATMの利用回数の合算の回数になります。
  • 無料回数を超えてATMを利用した場合、手数料は発生します。

110円/回(税込):三菱UFJ銀行ATM、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM

220円/回(税込):ゆうちょ銀行ATM

  • 無料回数を超えた他の銀行宛振込も、振込手数料は発生します。

99円/回(税込):振込にかかる手数料(パソコン・スマートフォンからのお振込み)

(新要素)スタンプラリー

ステージ分けは、設定された条件によってランクが決定しますが、そのステージ分けを管理する機能が新しく登場するスタンプラリーです。

6項目を1つ達成すると、1つスタンプがもらえます。もらえたスタンプの数に応じてランクが決定します。

 

スタンプ0~1個 … レギュラー

スタンプ2~3個 … シルバー

スタンプ4個 … ゴールド

スタンプ5個以上 … ゴールド

 

◎マークはポイ活を行っている人にとっては、比較的達成しやすい条件です。

1回設定してしまえば、毎月条件クリアするものもあるので、チェックしておきましょう。

(1) 入金(いずれかでスタンプ1個)

・給与・賞与の受取

※判定は、入出金明細の取引内容欄が「給与」または「賞与」で始まる入金が対象

・定額自動入金サービスによる入金

(2) 口座振替(スタンプ1個)

◎口座振替(例:クレジットカード利用で代金引落とし)

※クレジットカードや電話料金等の口座振替(自動引落とし)設定をしていた場合でも、口座引落としによる出金がない場合は対象外

(3) キャッシュレス決済(いずれかでスタンプ1個)

◎au PAY 残高へのチャージ(オートチャージ含む)

・スマホ決済のご利用

※メルペイ、PayB、PayPay、pring、FamiPay、LINE Payへのチャージが対象。ただし、PayPayへの新規登録、FamiPay、LINE Payへのチャージは現在停止中。

・auじぶん銀行スマホデビットの利用

・auじぶん銀行決済の利用

(4) エンタメ(いずれかでスタンプ1個)

・じぶん銀行toto(BIG・toto)の購入

※BIG付き定期預金によるくじの付与、当せん金の入金は対象外

・公営競技への入金

※即PAT、TELEBOAT、SPAT4、オッズパークへの入金が対象

(5) 資産運用

・外貨預金お取引

・auじぶん銀行FXの取引

※ミニ取引(1,000通貨単位)および新規・決済取引ともに対象

◎auマネーコネクトの設定

・円定期預金残高1円以上

(6) 残高(いずれかでスタンプ1個)

・総資産残高50万円以上

・外貨預金残高10万円以上

※外貨預金残高とは、外貨普通預金・外貨定期預金の合計

・仕組預金残高10万円以上

※仕組預金とは、円仕組預金・外貨仕組預金の合計

・カードローン残高1万円以上

※円普通預金口座を所持していて、じぶんローンの借り入れがある場合に対象

・住宅ローン残高1円以上

※長期間の延滞など、取引状況によっては、借入れがあっても対象外となる場合があり

(新要素)スペシャルオファー

ステージはスタンプの数で決まりますが、結構条件が細かく多いのでスタンプラリーで条件達成が難しい場合は、スペシャルオファー達成するという手段もあります。スペシャルオファーでの特別条件をクリアすると、ステージ判定が優遇されるシステムです。

スペシャルオファーの条件

≪画像元:auじぶん銀行株式会社

さすがに各項目ハードルの高い条件になりますが、「総資産残高100万円以上」であれば預金だけで、ゴールドランクになります。

スタンプラリーでの条件達成が難しい場合は、銀行口座に100万円預金しておけば、よいので1番ハードルは低そうです。

※毎月20日の状態で判定

ステージ判定シミュレーター

スペシャルオファーを利用しない場合、現時点の条件で自分がどのステージになるかを「ステージ判定シミュレーター」を使って把握することができます。

変更で普段使いしやすくなった

金融サービスはルールや条件が細かく設定されているので、詳細については公式サイトなどで確認しておきましょう。

今回の改定にも「~は除く」「~は対象外」「ただし~」などの例外が多くあるので、お得を取り逃さないためにも、一通り目を通しておくとよいです。

auじぶん銀行は、「auまとめて金利優遇」で各au金融サービスを連結させることで、円普通預金の金利が最大で年0.20%(税引後 年0.15%)になるので、金利面では優良な銀行となりました。

ただ、デジタル面などは充実している一方で、現金に対しては手数料など、やや慎重に利用する必要があるという面もありました。

今回の変更点で、ATM手数料、利用回数が改良され、かなり普段使いしやすい銀行になったといえます。

各社経済圏が改革を繰り返しており、ここ1年で各社サービス概要も様変わりしました。

精力的に邁進するau経済圏でしたが、今回の改定は経済圏市場の特に金融サービス面に大きな影響を与える内容です。

今後のau経済圏金融サービスの動向は注目です。(執筆者:太田 玲世)