12月1日、PayPayカードが誕生しました。

以前、別の記事でPayPayカードのメリット・魅力を中心に紹介しました。

ただし、デメリットや注意点も紹介しないと、不公平かもしれません。

そこで今回は、PayPayカードの7つの注意点を解説します。

PayPayカード

【注意点1】申込方法はスマホのみ

申込方法はスマホのみです
≪画像元:PayPayカード株式会社

PayPayカードの申込方法は、スマホのみです。

PCから申し込もうとしても、申し込めません

スマホからしかできません
≪画像元:PayPayカード株式会社

PCからアクセスすると、スマホサイトへアクセスできるQRコードとURLが表示されます。

アプリではなく、スマホ専用サイトにアクセスしてください

申込ボタンが表示されて、申し込めるようになります。

【注意点2】カード情報の確認にはネット必須

カード情報の確認にはネット必須です
≪画像元:PayPayカード株式会社

PayPayカードには、表裏両面とも、カード番号、セキュリティコード、有効期限といったカード情報が記載されていません。

リアル店舗では、カード情報を盗み見られるリスクがないので、大きなメリットです。

一方で、ネットショッピングでカード情報が必要なときでも、すぐに情報を確認できません。

カード情報の確認は、PayPayカード会員メニューの[カード番号はこちら]からお願いします。

【注意点3】旅行傷害保険・ショッピング保険が付帯しない

ショッピング保険が付帯しません
≪画像元:ヤフージャパン株式会社

PayPayカードには、旅行傷害保険・ショッピング保険が付帯しません。

ヤフーカードにはショッピング保険が付帯しています。

しかし、切り替えPayPayカードの発送予定月から2か月後の月末、ヤフーカード停止と同時にショッピング保険も終了です。

【注意点4】家族カード・ETCカードが付帯しない

ETCカードも付帯しない
≪画像元:PayPayカード株式会社

PayPayカードには、家族カード・ETCカードが現在のところ付帯しません。

準備ができ次第、案内があるとのことです。

ヤフーカードには、年会費無料で家族カードを、年会費550円でETCカードを付けられます。

ヤフーカードが停止となると、家族カード・ETCカードも停止となります

2022年4月以降、ヤフーカードは順次PayPayカードに切り替わることから、そのタイミングで家族カード・ETCカードが登場するかもしれません。

すぐに家族カード・ETCカードを希望の方は、他のカードも候補に入れてください

【注意点5】ヤフーカード会員は新規申込不可

ヤフーカード会員が、PayPayカードに新規申込することはできません

ヤフーカードを退会してから申し込むか、ヤフーカード → PayPayカードへの切り替えが必要です。

いずれにせよ、PayPayカードの新規入会特典は適用されません。

【注意点6】PayPay残高へのチャージで還元がない

現在、PayPay残高にチャージできるクレジットカードは、ヤフーカードとPayPayカードのみです。

ただし、ヤフーカード・PayPayカードのいずれも、PayPay残高にチャージして還元がありません。

オンラインでのPayPay利用はPayPay残高のみですから、オンライン利用では還元を受けられないことになります。

1%分のPayPayボーナスが還元されるキャンペーンを実施中
≪画像元:PayPayカード株式会社

PayPayカードのみ、支払い元に設定した上での引き落としで、1%分のPayPayボーナスが還元されるキャンペーンを実施しています。

期間限定ですが、こちらを利用するのもいいでしょう。

【注意点7】上位カードがない

dカードにはdカードGOLD、au PAYカードにはau PAYゴールドカード、楽天カードには楽天プレミアムカードというように、一般カードの上にゴールドカードがあります。

上位カードを利用すると、残高へのチャージや系列サービスの利用などで、さらにお得です。

一方、PayPayカードには上位カードがありません

お得が限られてしまうのは、非常に惜しい気がします。

自分がPayPayカードに向いているか、確認してから申し込もう

こんな人は、PayPayカードに向いていません。

・ ヤフーカード会員(新規入会特典がないため)

・ ステータス重視の人(ゴールドカードがない)

・ 付帯サービスが欲しい人(保険や付帯カードがない)

逆に、こんな人はPayPayカードに向いていると思います。

・ PayPayユーザー(残高チャージが可能、PayPayアプリとの連携)

・ 実利重視の人(PayPayのカード決済でも1%還元)

・ 利便性重視の人(3つの国際ブランドから選択可能、いずれもタッチ決済搭載)

自分がPayPayカードに向いているか、確認してから申し込みましょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)