全国を網羅しているゆうちょ銀行は、旅先などでありがたい存在です。

しかし、広範なネットワークの維持費も半端でないことも、容易に想像できます。

手数料収入を増やすべく、1月17日よりゆうちょ銀行では、さまざまな手数料の新設・値上げを実施予定です。

私たちに特に関係の深いものについて、紹介しましょう。

時間が ないんだ

【手数料1】現金を使った支払い・払込みで手数料を新設

現金を使った支払い・払込みで手数料を新設
≪画像元:ゆうちょ銀行

筆者は定期的に昆布佃煮の取り寄せをしていますが、その支払い方法は払込取扱票のみです。

しかも、コンビニ払いできないタイプのため、ゆうちょ銀行ATMにはいつもお世話になっています。

1月17日より、現金を使った払込みや支払いをすると、新たな手数料が加算されます。

税金、義援金などの払込みは、現金であっても加算料金の対象ではありません。

対象サービスは、通常払込み、ゆうちょPay-easy(ペイジー)サービス、電信払込みです。

通帳・カードより現金の方が手数料は110円高い

通帳・カードより現金の方が手数料は110円高い
≪画像元:ゆうちょ銀行

料金受取人負担の払込取扱票を使い、ゆうちょ銀行ATMで1万円の払込を行う場合を見てみましょう。

通帳・カードからの払込みにはこれまで通り手数料が発生しませんが、現金での払込みには110円の手数料が発生します。

支払い・払込みをするなら、現金よりも通帳・カードを利用した方がお得です。

また、同じ払込み方法でも、窓口よりもATMを利用した方がお得です。

注意点

電信払込みは通帳・カードを利用した払込みができません。

現金払いによる高額な手数料が避けられません。

現金ではなく、証券・小切手・証書などを利用する場合も、加算料金がかかります。

【手数料2】金種指定料金の手数料を新設

金種指定料金の手数料を新設
≪画像元:ゆうちょ銀行

商売やフリーマーケットなどをされている方は、ゆうちょ口座からの払い戻しの際、金種指定をしている人も多いのではないでしょうか。

そうすれば、おつりも用意できますからね。

これまで、金種指定に手数料はかかりませんでした。

1月17日からは、硬貨・紙幣の指定後の持ち帰り合計枚数に応じて、以下のように手数料が発生します。

 

・1~50枚:無料

・51~100枚:550円

・101~500枚:825円

・501~1,000枚:1,100円

・以降500枚ごと:550円加算

 

新券でない1万円紙幣のみ、持ち帰り合計枚数に含みません。

2万円を払い戻す際、1万円紙幣×1枚、5,000円紙幣×1枚、100円硬貨×50枚の金種指定をしたと仮定しましょう。

新券でない1万円を除いた51枚が持ち帰り合計枚数で、手数料は550円です。

注意点

同時に複数件の手続きをする場合、硬貨の枚数を合算して料金を判定します。

50枚までは手数料がかからないからといって、50枚ずつ連続で複数件の手続きをしても、ムダということですね。

日を改めるか、最初からまとめて手続きしましょう。

【手数料3】硬貨を窓口に持ち込む際の手数料を新設

硬貨を窓口に持ち込む際の手数料を新設
≪画像元:ゆうちょ銀行

ビンなどに小銭を貯めて、ゆうちょ銀行の窓口に持ち込む方も多いのではないでしょうか。

筆者も以前はやっていましたが、現在は小銭を使い切るためやっていません。

小銭をゆうちょ銀行の窓口に持ち込む際、これまでは手数料がかかりませんでした。

しかし、1月17日からは硬貨の枚数に応じて手数料が発生します。

 

・1~50枚:無料

・51~100枚:550円

・101~500枚:825円

・501~1,000枚:1,100円

・以降500枚ごと:550円加算

 

50枚までは、これまで通り手数料がかかりません。

義援金の払込みのみの場合は、対象外となります。

注意点

硬貨を数えてもらったものの、「やっぱりやめる」「この硬貨も追加して」となった場合でも、手数料はとられます

金種指定の時と同様、同時に複数件の手続きをする場合、硬貨の枚数を合算して料金を判定します。

日を改めるか、最初からまとめて手続きしましょう。

【手数料4】ゆうちょATMでの硬貨取扱における手数料を新設

ゆうちょATMでの硬貨取扱における手数料を新設
≪画像元:ゆうちょ銀行

「窓口で手数料がかかるなら、ATMを使って硬貨をゆうちょ口座に預ければいい」と思っていませんか。

1月17日からは、硬貨をATMを使って預ける際の手数料も新設されます。

・1~25枚:110円

・26~50枚:220円

・51~100枚:330円

通常貯金または通常貯蓄貯金の残高から、手数料が引かれます。

ATMから硬貨を伴う払い戻しをする際は、枚数にかかわらず1枚から110円の手数料です。

1枚から手数料がかかるのは、痛いですね。

預入金額が手数料以下の場合は、取り扱えません。

窓口とは異なり、複数件の預け入れでも合算はせず、それぞれ手数料が発生します。

ゆうちょATMでの硬貨取扱時間帯が短縮

ゆうちょATMでの硬貨取扱時間帯が短縮
≪画像元:ゆうちょ銀行

また、ATMでの硬貨取扱時間帯も変更されます。

これまでは、土日休日でも取り扱っていましたが、変更後は取り扱いません。

平日の取扱時間も、7時~21時 → 7時~18時と短縮されます。

【手数料5】郵便局・ゆうちょ銀行以外に設置のゆうちょATMで手数料を新設

ゆうちょ銀行ATMは、郵便局・ゆうちょ銀行以外にも設置されています。

筆者の近所では、イオンやファミリーマートに設置されています。

これまでは手数料無料で、ゆうちょ口座の預け入れ・払戻しを利用できました。

1月17日からは、平日8時45分~18時、土曜日9時~14時以外の日時に、郵便局・ゆうちょ銀行以外に設置のゆうちょATMで、ゆうちょ口座の取引を利用すると、110円の手数料が発生します。

定額・定期貯金への預け入れは、これまでどおり手数料がかかりません。

【手数料6】ローソン銀行ATM・イーネットATMでの手数料引き上げ

ローソン銀行ATM・イーネットATMでの手数料引き上げ
≪画像元:ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行のキャッシュカードがあれば、ローソン銀行ATMやイーネットATMからも、預け入れ・払戻しを利用できます。

1月17日からは、手数料が引き上げられます。

おおむね110円の引き上げです。

しかし、平日8時45分~18時、土曜日9時~14時にイーネットATMを利用する際は、無料 → 220円と、一気に値上げされます。

ちなみに、ローソン銀行ATM・イーネットATM以外の提携金融機関ATMについては、当面変更はありません。

1月17日からは値上げラッシュ よく考えて利用しよう

1月17日から、ゆうちょ銀行では以下のように値上げラッシュです。

 

・現金を使った支払い・払込みでの手数料を110円値上げ

・金種指定料金の手数料を新設

・硬貨を窓口に持ち込む際の手数料を新設

・ゆうちょATMでの硬貨取扱における手数料を新設(110円~330円)

・郵便局・ゆうちょ銀行以外に設置のゆうちょATMで110円の手数料を新設

・ローソン銀行ATM・イーネットATMでの手数料値上げ(110円~220円)

 

結構なインパクトですね。

インターネットバンキングの利用、他行の利用なども検討してください。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)