毎月恒例の「釜揚げうどんの日」、3月1日も2月1日同様中止。

しかし、その代わり、アプリクーポンが配布されています。

丸亀製麺

丸亀製麺のアプリで、「釜揚げうどんの日」以外にもお得なワザが利用でき、節約効果もありました。何がどのくらい利用できるでしょうか。

丸亀製麺3月1日の「釜揚げうどんの日」はお休み

釜揚げうどんの日はお休み

≪画像元:丸亀製麺

丸亀製麺では、毎月1日が「釜揚げうどんの日」です。

釜揚げうどんが半額になり、とてもお得に利用できる恒例イベントです。

しかし、2022年3月1日は中止が決定。2022年に入ってから、1月、2月、3月と3か月お休みの「釜揚げうどんの日」。

その代わり、丸亀製麺では公式アプリの「アプリクーポン」で半額クーポンを配布しています。

アプリで釜揚げうどん150円引きクーポン配布

150円引きクーポン配布

≪画像元:丸亀製麺

丸亀製麺アプリ内で釜揚げうどん150円引きクーポンを配布しています。

配布期間は2022年3月2日~3月31日。

アプリダウンロードが必要ですが、アプリ内にはお得なクーポンがあるため、丸亀製麺によく行く人はインストールをおすすめします。

今回配布される釜揚げうどん150円引きクーポンのメリットは、3月2日~3月31日の期間中なら「いつでも」利用できること。

「釜揚げうどんの日」は毎月1日に開催されますが、3月1日は平日。

その点、アプリクーポンは自分の都合がいいタイミングで利用できるので、休日に行けるなどメリットもあるのです。

丸亀製麺の公式アプリの節約効果とお得に食べる方法

丸亀製麺で併用できそうなクーポンやキャンペーンも調べてみました。

1. アプリでの配信クーポン

丸亀製麺では、定期的にお得なクーポンが配信されています。

定期的にお得なクーポンが配信

≪執筆者撮影≫

丸亀製麺でのクーポン、筆者のアプリに届いていたもので節約効果を計算してみました。

・ 釜揚げうどんの日半額分:150円相当額

・ 熱盛えび天玉子あんかけうどん弁当または熱盛カレーうどん弁当50円引き

・ お好きなうどん一品限り50円引き券

・ お好きな天ぷら30円引き券

2月、わかる範囲では、280円の節約効果がありました。

クーポンの有効期限は、2月20日や2月28日があったため、もしかすると届いていても記録せずにスルーしていたクーポンがあるかもしれません。

天ぷら30円引き券は1月にも同じ内容が届いていたので、2か月連続で届いています。

新製品のえび天玉子あんかけうどんやカレーうどん弁当が試せるクーポンも配布されています。

2. アプリで10回スタンプを集めると1杯無料券ももらえる

アプリで10回スタンプを集めよう

≪画像元:丸亀製麺

丸亀製麺では、スタンプをためるとクーポンがもらえます

・ アプリでクーポン利用

・ レシートの二次元バーコードを読み取る

来店スタンプを10個ためると、うどん並、かけ・ぶっかけ・ざるのいずれかと交換してもらえる無料クーポンに変わります。

10回で340円分のお得、20回で680円のお得になります。

丸亀製麺のメニューは元々低価格。そのうえ、スタンプをためると1回分のうどんが無料になります。

3. 株主優待券があれば支払時に利用もできる

丸亀製麺で利用できる株主優待券もあります。

株式会社トリドール(3397)の株主優待券を保有している人は、株主優待券を利用して食事をすることができます。

100株以上200株未満で100円優待券30枚分が年2回もらえます

4. キャッシュレス支払いができる店舗も

キャッシュレス支払い

≪画像元:丸亀製麺

丸亀製麺では、キャッシュレス支払い対応店舗があります。

現金を出さなくても支払うことができるのは便利です。

iD、メルペイ、楽天Edy、auPAY、PayPay、d払い、そのほか、JCB、マスターカードなどクレジットカードも利用できます。※一部利用できない店舗もあります。

5.(~3月7日)iD払いでミニストップのソフトクリームなど当てよう

≪画像元:iD

支払い方法をiDにして、キャンペーンに参加することもできます。

iDで税込300円以上利用し、レシートをiDの公式TwitterアカウントへDM送付すると、ミニストップソフトクリームバニラ回数券12枚、ミニストップコーヒーS回数券12枚が当たります

ミニストップ以外での、iD決済も対象」です。

税込300円以上利用した時は、キャンペーン応募してみましょう。

6.(9のつく日)QUICKPAY+は「9日」「19日」「29日」に利用

≪画像元:QUICKPAY

QUICKPAYでは、2022年3月まで「9のつく日は全額キャッシュバック!」を実施しています。

期間中、抽選でクイックペイ利用分を全額キャッシュバックするキャンペーンで、上限金額は1万円。

3月は9日、19日、29日に実施

支払った金額が全額キャッシュバックになる可能性もあります。

7. うどん札を集めて交換

丸亀製麺では1杯1枚の「うどん札」をもらえます。

3枚でトッピングひとつ無料、5枚で天ぷら100円引き、10枚でうどん並1杯無料です。

8. (浜松で利用)浜松市の丸亀製麺で最大30%還元

≪画像元:楽天エディ

丸亀製麺と自治体キャンペーンを併用するとさらにお得です。

静岡県浜松市では、楽天Edy、au PAY、d払いを利用した人対象で、決済金額の最大30%還元になる「電子決済サービス等を活用したポイントバックキャンペーン」をしています。

期間は2022年2月21日~3月20日。期間中、静岡県浜松市の対象店舗の丸亀製麺で楽天Edy利用すると最大30%還元です。

【対象店舗】

・ 丸亀製麺 浜松

・ 丸亀製麺 浜松西塚

・ 丸亀製麺 浜松東若林

・ 丸亀製麺 浜北

参照:浜松市 楽天Edy対象店舗(pdf)

楽天Edy付与上限額は3,000円相当/回、4万円相当/期間。

この金額は各決済の上限額のため、au PAY、d払いでも支払うと仮定すると、最大限の上限額は12万円と自治体キャンペーンとしてもかなり大規模です。

楽天Edy払いのほか、au PAY、d払いでも対象になるかは、各自ご確認ください。

期間は3月20日、23時59分までです。

丸亀製麺はアプリ・キャンペーンで「がっちり」

2022年に入ってから「釜揚げうどんの日」が中止になり寂しいものの、公式アプリクーポンを配布してくれている丸亀製麺。

アプリクーポンは好きな日に利用できるため使い勝手がよく、ファンが増えるのも納得です。

アプリの定番利用法から、キャンペーンや自治体の電子決済キャンペーンに参加することまで徹底してお得に。

最大限のお得を受けるため、丸亀製麺に行ってみましょう。(執筆者:節約への情熱は誰にも負けない谷口 久美子)