テレワークが普及し、ひんぱんに使っていたPASMOカードを使わなくなった人も多いことでしょう。

かつては、そのまま眠らせてもすぐに払い戻ししても、大差ありませんでした。

しかし、PASMOカードの払い戻しに手数料が発生するようになると、状況は変わってきます。

今回は、PASMOカードの払い戻し手数料について解説します。

PASMOの払戻手数料220円発生

3/12より、PASMOカードの払い戻しに220円の手数料が発生

3/12より、PASMOカードの払い戻しに220円の手数料が発生
≪画像元:PASMO協議会

2022年3月12日から、PASMOカードを払い戻す際に220円の手数料が発生します。

2014年4月に払い戻し手数料が廃止されましたが、8年ぶりの復活です。

【PASMOカード】「チャージ残高+280円」を返金

チャージ残高+280円を返金
≪画像元:PASMO協議会

PASMOカードの場合、チャージ残高から220円を差し引いた金額に、デポジット(預り金)500円を加えた金額が返金されます。

チャージ残高が220円未満の場合、デポジット500円のみの返金です。

【PASMO定期券】「定期券の払い戻し計算額+チャージ残高+280円」を返金

定期券の払い戻し計算額+チャージ残高+280円」を返金
≪画像元:PASMO協議会

PASMO定期券の場合、定期券の払い戻し計算額とチャージ残高を合計します。

その合計から、220円を差し引いた金額に、デポジット(預り金)500円を加えた金額が返金されます。

定期券の払い戻し計算額とチャージ残高の合計が220円未満の場合、デポジット500円のみの返金です。

【クレジットカード一体型PASMO】デポジットの返金はなし

【クレジットカード一体型PASMO】デポジットの返金はなし
≪画像元:PASMO協議会

一体型PASMOの場合、定期券を搭載しているかによって異なります。

・ 定期券なし:チャージ残高から220円を差し引いた金額を返金

・ 定期券あり:定期券の払い戻し計算額とチャージ残高の合計金額から220円を差し引いた金額を返金

いずれの場合も、デポジットの返金はありません

払い戻しの流れを予習

3月11日までにPASMOカードを払い戻せば、220円の手数料はかかりません

その場で取り乱さないように、払い戻しの流れを予習しておきましょう。

1. 事前準備をしよう

払い戻しの前に、事前準備をしましょう。

不要となったPASMOカードはもちろん、無記名式PASMO以外は、以下の本人確認書類が必要です。

・ 運転免許証

・ パスポート

・ 身体障害者手帳

・ 知的障害者療育手帳

・ 精神障害者手帳(写真付)

・ 健康保険証

・ 在留カードまたは特別永住者証明書

・ 学生証(写真付)

・ 社員証(写真付)

・ 個人番号カード

・ 住民基本台帳カード(写真付)

・ 運転経歴証明書

2. 窓口へ行く

必要なものを持参して、駅やバス窓口へ行ってください。

一部の駅・バス会社窓口では、払い戻しを受け付けていませんので、事前に確認するといいでしょう。

3. 書類に記入する

払い戻しの旨を伝えると、氏名などを記入する紙が渡されますので、記入します。

記入が終わったら、PASMOを渡して本人確認書類を提示しましょう。

4. 返金される

さほど時間もかからず、「払戻証明書」とともにデポジットとチャージ残高(PASMO定期券の場合は定期券の払い戻し計算額もプラス)が返金されます。

これで終了です。

地下鉄の自動改札

「モバイルPASMOに移行 → 後日デポジット返金」という手も

「これを機に、PASMOカードからモバイルPASMOに乗り換えたい」

という人もいるでしょう。

PASMOカードからモバイルPASMOに、チャージ残高や定期券情報を移行できます。

移行手順については、以下の記事をご覧ください。

デポジットはその場では返却されませんので、駅・バスの窓口でデポジットを受け取ってください。

「PASMO回り」を確認してから払い戻そう

3月12日より、カードタイプPASMOの払い戻しに、手数料220円が発生します。

その際、注意したいのが「PASMO回り」です。

メトポやToKoPoで貯まったポイントは、PASMOにチャージできます。

チャージした上で払い戻すといいでしょう。

また、PASMOカードを家の鍵にしている方は、払い戻してカードがなくなると、家から閉め出されてしまいますよ。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)