新年度を機に投資を考えている方、いませんか。

そんな中、今サービスが拡充しているのが、クレジットカードで投資信託などの積立投資ができる「クレカ積立」です。

現在、クレカ積立が可能な主な証券会社は、以下の通りです。

・ 楽天カード × 楽天証券

・ 三井住友カード × SBI証券

・ マネックスカード × マネックス証券

・ エポスカード × tsumiki証券

・ au PAYカード × auカブコム証券

今回は、この5社について、ポイントやキャンペーンに絞って比較しました。

クレカ積立でポイント獲得

【ポイント還元率】三井住友×SBIが最も高還元

クレカ積立の最大のメリット、それはポイント還元でしょう。

どの証券会社も、クレカ積立の上限は月5万円ですので、還元率がものをいいます

基本的なポイント還元率を比較しましょう。

・ 楽天カード × 楽天証券:1%

・ 三井住友カード × SBI証券:0.5%~2%

・ マネックスカード × マネックス証券:1.1%

・ エポスカード × tsumiki証券:0.1%~0.5%

・ au PAYカード × auカブコム証券:1%

三井住友カードが最も高還元を狙えますね。

【三井住友カード】一般で0.5%、ゴールドで1%、プラチナで2%

【三井住友カード】一般で0.5%、ゴールドで1%、プラチナで2%
≪画像元:三井住友カード

三井住友カードのクレカ積立は、一般カードで0.5%、ゴールドカードで1%、プラチナカードで2%還元です。

ポイント特化型プラチナ「三井住友カードプラチナプリファード」も、2%還元されます。

【エポスカード】年数を重ねるほど還元率アップ

エポスカードのクレカ積立は、1年経過するごとに還元率が0.1%アップします。

1年目は0.1%ですが、5年目に上限の5%に到達します。

【楽天カード】9月買付分より還元率が0.2%~1%にダウン

2022年9月買付分より、信託報酬のうち販売会社が受け取る手数料が年率0.4%(税込)未満のファンドについては、ポイント還元率が0.2%にダウンします。

年率0.4%以上のファンドについては、1%と変わりません。

【ボーナスポイント】エポスゴールド以上は年間利用額の集計対象

基本のポイント還元率が、クレカ積立の全てではありません。

それ以外にも、ポイントをもらえるチャンスはあります。

ボーナスポイントの有無や内容について、比較しました。

・ 楽天カード × 楽天証券:ポイント投資でSPUが+1倍

・ 三井住友カード × SBI証券:SBI証券Vポイントサービス

・ マネックスカード × マネックス証券:なし

・ エポスカード × tsumiki証券:ゴールド以上は年間利用額の集計対象

・ au PAYカード×auカブコム証券:au・UQ mobileユーザーは最大+4%

【楽天カード】ポイント投資でSPUが+1倍

【楽天カード】ポイント投資でSPUが+1倍
≪画像元:楽天証券

「SPU」とは、楽天サービスの利用に応じて、楽天市場での買物時の還元率がアップするプログラムです。

楽天証券も対象となっており、楽天ポイントコースを設定し、500円分以上のポイント投資(投資信託)をすると、ポイント+1倍になります。

ポイント投資とは、1ポイント以上使って1回500円以上購入することです。

ただし、4月1日より楽天ポイントコースとマネーブリッジを設定の上、条件が以下のように変更されます。

当月合計3万円以上のポイント投資(投資信託):ポイント+0.5倍

当月合計3万円以上のポイント投資(米国株式 円貨決済):ポイント+0.5倍

【三井住友カード】投資信託以外でもポイントが貯まる「SBI証券Vポイントサービス」

【三井住友カード】投資信託以外でもポイントが貯まる「SBI証券Vポイントサービス」
≪画像元:三井住友カード

「SBI証券Vポイントサービス」とは、さまざまな取引に応じてVポイントが貯まるサービスです。

対象の主なサービスとポイントは、以下の通りです。

・ 口座開設:100ポイント

・ 国内株式:現物取引の月間合計手数料の3%

・ 投資信託:対象投資信託の月間平均保有額が1,000万円未満で年率0.1%、1,000万円以上で年率0.2%

・ 金・プラチナ・銀取引:スポット取引および積立買付の月間合計手数料の1%

投資信託以外のSBI証券の口座開設、国内株式などの商品も対象となっています。

【エポスカード】ゴールドは年間50万円以上、プラチナは年間100万円以上でボーナスポイント

エポスゴールドカード、エポスプラチナカードには、年間ショッピング利用額に応じてボーナスポイントがもらえるサービスがあります。

ゴールド:年間50万円以上で2,500ポイント、100万円以上で1万ポイントです。

プラチナ:年間100万円以上で2万ポイント、200万円以上で3万ポイント、年間1,500万円以上で10万ポイント

クレカ積立も年間利用額に加算されますので、ボーナスポイントGETのチャンスです。

【au PAYカード】au・UQ mobileユーザーは最大+4%

【au PAYカード】au・UQ mobileユーザーは最大+4%
≪画像元:auカブコム証券

au PAYカードを持つau・UQ mobileユーザーは、さらにお得です。

クレカ積立で、auユーザーは+4%、UQ mobileユーザーでも+2%還元を受けられます。

対象外の回線プランがありますので、確認してください。

【お得なキャンペーン】楽天・三井住友で実施

通常のポイント還元、ボーナスポイントも魅力的ですが、大量ポイントを狙うならキャンペーンは欠かせません。

特に証券会社の投信積立について、キャンペーンを比較しました。

・ 楽天カード × 楽天証券:ポイント投資で200万ポイント山分け

・ 三井住友カード × SBI証券:最大2万ポイントもらえる

・ マネックスカード × マネックス証券:なし

・ エポスカード × tsumiki証券:なし

・ au PAYカード × auカブコム証券:なし

現在のところ、楽天証券とSBI証券でキャンペーンを実施しているので、詳しく紹介します。

【楽天証券】(3/31まで)米国株式で200万ポイント山分け

【楽天証券】(3/31まで)米国株式で200万ポイント山分け
≪画像元:楽天証券

3月31日までの期間中、エントリーの上で

・ 初めての米国株積立

・ または、ポイント投資(米国株式(円貨決済))設定と約定を完了させる

と、200万ポイントを山分けできます。

上限は200ポイントです。

【SBI証券】最大2万ポイントもらえる

【SBI証券】最大2万ポイントもらえる
≪画像元:三井住友カード

三井住友カード仲介口座を新規開設し、口座開設申込完了月の翌月10日までに、以下の3つの条件を満たしてください。

(1) SBI証券Vポイントサービスを登録

(2) プラン&キャンペーンエントリー

(3) 三井住友カードつみたて投資を利用

投資信託の積立額の20%のVポイントがプレゼントされます(最大2万ポイント)。

このキャンペーンは、特に終了が決まっていません。

【貯めたポイントの使い道】マネックス以外は積立に使える

ポイントは貯めて終わりではありません。

有意義に使ってこそ意味があります。

そこで、貯めたポイントを積立に使えるか、比較しました。

・ 楽天カード × 楽天証券:1ポイント = 1円で使える

・ 三井住友カード × SBI証券:1ポイント = 1円でTポイントとPontaポイントを使える(Vポイントについては検討中)

・ マネックスカード × マネックス証券:使えない

・ エポスカード × tsumiki証券:1ポイント = 1円で使える(100ポイント以上)

・ au PAYカード × auカブコム証券:1ポイント = 1円で使える

気になるポイントと証券会社について、ピックアップして解説します。

【SBI証券】TポイントとPontaポイントを使える

【SBI証券】TポイントとPontaポイントを使える
≪画像元:SBI証券

実はSBI証券、Vポイント、そしてTポイント・Pontaポイント・dポイントのいずれかを貯めることができます。

貯まるTポイント・Pontaポイント・dポイントは、投資信託保有残高の0.1%~0.25%です。

ただし、投資信託の買付代金に使えるポイントはTポイント・Pontaポイントのみで、Vポイントは使えません

【tsumiki証券】100ポイントから自由に使える

【tsumiki証券】100ポイントから自由に使える
≪画像元:tsumiki証券

エポスポイントは、100ポイント以上でポイント投資に使えます。

ポイント投資は毎営業日可能で、クレカ積立の月5万円とは別に、上限なく使えます。

無理のない範囲内で行おう

今回は、クレカ積立が可能な主な証券会社について、ポイントやキャンペーンを徹底比較しました。

どれも魅力的ですが、裏を返せば決定打に欠けるところはあります。

証券口座・クレカともほぼ維持コストがかかりませんので、その心配はないでしょう。

くれぐれも、無理のない範囲でクレカ積立を行ってください。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)