業務スーパーの冷凍スイーツは、どれも簡単な調理で美味しく楽しめると話題です。

近頃筆者が「お得で美味しい&楽しい!」と注目しているのが、冷凍パイシートです。

簡単調理でお菓子が作れる冷凍パイシートについて、詳細をレビューいたします。

情報は調査時のものであり、内容やデザインなどが変更となっている場合があります。

なお店舗により取扱の内容は異なりますので、お求めの際には事前にご確認ください。

また取扱説明をよくご確認いただき、注意してご使用いただけますようお願い申し上げます。

ハートパイおうちで型抜きするとたのしい

業務スーパーのパイシート詳細

業務スーパーのパイシート「Puff Pastry Sheets(6枚入り)」です。

C:\Users\poco\Desktop\2203.3.4\新木みのる_3.4\piesheet1.JPG

サイズは約11cm × 20cm、厚みは約5mm弱です。

6枚で500g入りです。

1枚あたりの価格は約46.3円

価格は税抜278円、原産国はリトアニアです。

C:\Users\poco\Desktop\2203.3.4\新木みのる_3.4\piesheet2.JPG

筆者が3月に購入した製品の賞味期限は、2022年12月25日となっていました。

長期冷凍保存ができるのもありがたいですね。

中は個包装にはなっていません。

外装はチャック袋などの仕様にはなっていないので、使い切らずに保存する際は、パッケージの封をする必要があります。

業務スーパーのパイシートを使って実際に作ってみた

それでは業務スーパーのパイシートを使って、早速スイーツを作ってみました!

型抜きパイクッキー

形崩れ防止のためパイシートにフォークで穴を開け、グラニュー糖をふりかけます。

お好みのクッキー型で抜いたものを天板に並べ、オーブンで焼くだけ!

1枚で幅4cmのハート型19個を抜くことができました。

グラニュー糖はスティックシュガー1本を使用しました。

少量のため計算外としています。

1個あたり約2.4円です。

チョコペンでデコってもかわいいですね。

C:\Users\poco\Desktop\2203.3.4\新木みのる_3.4\piesheet3.JPG

筆者宅の子どもたちは型抜きクッキーを作るのが大好きなのですが、生地の準備が面倒だと感じていました。

こちらであれば、さっと取り出して解凍するだけで型抜きパイクッキーができます。

親子で作って楽しむのも良いですね。

板チョコパイ(4個)

業務スーパーのミルクチョコを使用し、板チョコパイを作ってみました。

こちらのミルクチョコの価格は1枚100g入り、税抜き115円です。

C:\Users\poco\Desktop\2203.3.4\新木みのる_3.4\piesheet4.JPG
C:\Users\poco\Desktop\2203.3.4\新木みのる_3.4\piesheet5.JPG

パイシートを2枚解凍し、それぞれのパイシートにフォークで穴を開けて、4分割します。

C:\Users\poco\Desktop\2203.3.4\新木みのる_3.4\piesheet6.JPG

4分割したうちの4枚に、包丁でスリットを入れます。

こちらが天面の生地になります。

スリットを入れていない方の生地に、割ったチョコを並べ、スリットを入れた生地で蓋をします。

チョコレートは一列20gずつ折って使用しました。

C:\Users\poco\Desktop\2203.3.4\新木みのる_3.4\piesheet7.JPG

フォークの背で四方を抑え、中身が開かないようにします。

お好みで溶いた卵黄を天面に塗ると、焼き上がりに照りが出ると思います。

あとは天板に並べ、オーブンで焼きます。

2枚で板チョコパイを4つ作れて、価格は1つ約46.2円

お腹も満足なスイーツのできあがりです。

C:\Users\poco\Desktop\2203.3.4\新木みのる_3.4\piesheet8.JPG

焼き時間の目安は、200℃で20分とパッケージ裏面に記載されています。

温度や加熱時間はオーブンによって調整してください。

また今回は完全解凍ではなく、包丁や型が入るようになった状態で調理しました。

パッケージ裏面には「5~10分室温に置き、解凍」と記載されています。

チョコの他にも、ジャムを入れたり、ウインナーを巻いてホットドッグ風にしてみたり。

オーブン加熱可能なポットにシチューを入れて、パイで蓋をし、パイスープにしてみるのも素敵ですね。

アイデア次第でバリエーションが広がります。

コスパはどうか?

冷凍パイシートの価格を大手サイトで検索してみたところ、調査日の価格は税抜約332円でした。

しかもこちらの内容量は、業務スーパー製品の半分以下でした。

業務スーパーのパイシートは圧倒的にお得価格と言えますね。

冷凍庫に常備確定です。

業務スーパーのパイシートを手軽に取り入れよう

作るとなると大変な手間のかかるパイ菓子ですが、冷凍パイシートなら手軽にメニューに取り入れることができます。

お家でサクサクのできたてスイーツが食べられるのは、うれしいですよね。

おまけに扱いも簡単なので、お子様と一緒に楽しくスイーツづくりを楽しめます。

さらに業務スーパーのパイシートはお得で便利、かさもはらないので、冷凍庫の隙間に保存できます。

業務スーパーにはパイで包む具材となる製品も沢山販売されているので、いろいろなアイディアで節約レシピが作れます。(執筆者:新木 みのる)