「Visa LINE Payクレジットカード」(以下、LINEクレカ)というカードがあります。

還元率2%が大きなメリットです。

ところがこの5月、その最大のメリットに変更が加えられますので、解説します。

LINEクレカ還元率が1%にダウン

LINEクレカは還元率2%のクレジットカード

LINEクレカは還元率2%のクレジットカード
≪画像元:LINE Pay

LINEクレカは、LINE Payと提携して三井住友カードが発行するクレジットカードです。

年1回以上利用で年会費無料と、実質年会費がかかりません。

プラスチックカード発行不要のカードレスタイプもあります。

しかし、LINEクレカ最大のメリットは、やはり還元率2%でしょう。

・ 電子マネーなどへのチャージ

・ キャリア決済

・ 国民年金保険料

・ 税金・公金・保険のうち、1回あたり5万円を超える支払い分

など一部を除き、2%分のLINEポイントが貯まります。

チャージ&ペイは0.5%還元

チャージ&ペイは0.5%還元
≪画像元:LINE

LINE Payには、「チャージ&ペイ」というサービスがあります。

事前に残高をチャージしなくても支払いができる、後払いサービスです。

このサービスにLINEクレカを登録できるのですが、還元率は0.5%となります。

2022年5月より、LINEクレカの還元率が1%にダウン

LINEクレカの還元率が1%にダウン
≪画像元:LINE

もともと、LINEクレカの基本還元率は1%です。

2022年4月までの期間限定で、2年度特典として1%プラスされていました

5月以降はどうなるのか、LINEクレカユーザーは気をもんでいたのではないでしょうか。

5月以降、LINEクレカの還元率は1%となります。

特典として上乗せされていたプラス分が、完全になくなりました。

これなら、楽天カードやPayPayカードなどと大差はありません。

年会費は永年無料に

年会費にも変更があります。

これまでは、2年目以降に年1回も利用がないと、1,375円の年会費が発生していました。

5月以降は、カード利用にかかわらず年会費が永年無料となります。

とはいえ、これまでも年会費無料のハードルは非常に低かったので、大きな改善ともいえません。

還元対象の変更もなし

還元対象の変更は、特に変更がありません。

チャージ&ペイの還元率も、0.5%で据え置きのようです。

税金・公金についても、5万円までは還元対象となります。

今夏誕生予定の「2種類の商品ラインナップ」とは?

2種類の商品ラインナップ
≪画像元:LINE

LINE株式会社のリリースの最後の方に、以下の気になる文章がありました。

LINEクレカは、今後も最適な決済体験をユーザーに提供するため、新たに2種類の商品ラインナップを今夏より順次提供開始予定です。
引用元:LINE株式会社 【LINE Pay】LINEクレカのサービス改定のお知らせ

新たなLINEクレカが、2種類誕生するようです。

現在は、通常のLINEクレカとカードレスタイプのLINEクレカの2種類です。

LINEクレカが永年無料に変更されるので、上位カードが誕生するのでしょうか。

・ ゴールド、プラチナ

・ ゴールド(プラスチック)、ゴールド(カードレス)

こんな組み合わせが考えられます。

解約は待った方がいいかも

5月より、LINEクレカの還元率が2% → 1%にダウンします。

LINEクレカをメインに使っていた人にとっては、大ダメージです。

だからといって、すぐに解約するのは待った方がいいかもしれません。

この夏、新たなクレカが誕生予定だからです。

上位カードが誕生する可能性があります。

「解約 → 新規」よりも、既存カードからの切り替えの方が上位カードの審査に有利に働くでしょう。(キャッシュレス研究家 角野 達仁)