旅行しにくいご時世ですが、マイルが価値の高いポイントであることに変わりはありません。

これまでは、フライト搭乗でも提携ポイントからの交換でも、マイルはマイルでした。

ところが、今後はマイルも分類されるようです。

「用途・期間限定マイル」を導入

楽天ポイントなどでも導入されている「期間・用途限定ポイント」

楽天ポイントなどでも導入されている
≪画像元:楽天グループ株式会社

楽天ポイント・dポイントなどでは、通常ポイントの他に「期間・用途限定ポイント」が導入されています。

楽天ポイントを例に、通常ポイントと期間限定ポイントを比較しましょう。

通常ポイントと期間限定ポイントを比較

期間限定ポイントよりも通常ポイントの方が、自由度は高いですね。

じっくり貯められますし、使い道も豊富です。

期間限定ポイントの中には、有効期限が10日間という超短期のものもあります

通常ポイント・期間限定ポイントの両方があるときに、例えば楽天市場でポイントで支払う際には、期間限定ポイントから優先的に使用されます。

(4/10まで)積算方法にかかわらずANAマイルは全て同一

ANAマイルは全て同一
≪画像元:ANA

話をANAマイルに戻しましょう、

2022年4月10日までに積算されたマイルは、積算方法にかかわらず違いがありません

有効期限は36か月間で、特典航空券への交換、宿泊クーポン、ANAマイレージモールクーポン、提携ポイントへの交換などに利用可能です。

(4/11より)ANAでも「用途・期間限定マイル」を導入

「用途・期間限定マイル」を導入
≪画像元:ANA

2022年4月11日以降に積算されたマイルは、積算方法によって、以下の4つのグループに分類されます。

グループ1(通常マイル)】

フライトやライフソリューションサービスで積算されるマイル

グループ2(期間限定マイル)】

キャンペーンなどで積算されるマイル

グループ3(用途・期間限定マイル)】

キャンペーンなどで積算されるマイル

グループ4(航空関連サービス用途・期間限定マイル)】

キャンペーンなどで積算されるマイル

2022年4月10日までに積算されたマイルは、全て「グループ1」で繰り越しです。

4月11日以降に開始されるキャンペーンは、その内容によって、グループ2~4のいずれかに振り分けられます。

グループ2~4のグループ分けの基準は不明です。

マイル高還元の「おいしい」キャンペーンは、グループ4に振り分けられるのでしょう。

ANAカードで貯めたポイントを移行したマイルは、グループ1かもしれません。

グループ1~4の違いを解説

違いを解説

ここからは、グループ1~4の違いについて、使い道を中心に比較しましょう。

グループ1(通常マイル)は従来通りで、利用可能なすべての使い道にマイルを使えます

グループ2(期間限定マイル)は期間が短いだけで、使い勝手はグループ1と変わりありません。

グループ3(用途・期間限定マイル)は期間が短いこともありますが、各種クーポンや提携ポイントへの交換が不可となっています。

グループ4(航空関連サービス用途・期間限定マイル)は、航空関連のサービスにしか利用できません。

グループ1の「ライフソリューションサービス」とは?

ライフソリューションサービス
≪画像元:ANA

グループ1の積算条件にある「ライフソリューションサービス」とは、飛行機の利用以外に、買物など生活におけるさまざまなサービスの総称です。

ライフソリューションサービス利用数は、前述のステイタスを決める条件の1つです。

ライフソリューションサービスは、以下の12サービスに分類されます。

・ ANAのふるさと納税

・ ANAの保険

・ ANAの住まい

・ ANA STORE @SKY(国際線機内販売)

・ ANA FESTA(空港内店舗)

・ A-style(ネットショッピング)

・ ANAマイレージモール

・ ANAトラベラーズ

・ マイルが貯まるその他加盟店

・ ANAカードマイルプラス

・ ANAマイレージクラブモバイルプラス

・ ANAでんき

ANAカードを利用するだけでは、ライフソリューションサービスには該当しないようです。

異なるグループで同じ有効期限のマイルがある場合

異なるグループで同じ有効期限のマイルがある場合、有効期限が近いものから順に消費されます。

航空関連サービスでマイルを使いたい場合は、グループ4から消費され、以下、グループ3→2→1の順番です。

自動的に消費されますので、利用者が選んで使う必要はありません。

【ダイヤモンドサービス】グループにかかわらず期間中はマイル有効期限なし

ダイヤモンドサービス
≪画像元:ANA

ANAフライト搭乗で貯まるプレミアムポイント10万ポイント以上でなれるのが、最上位ステイタスの「ダイヤモンド」です。

「ダイヤモンドサービス」メンバー期間中は、未使用マイルの有効期限が延長され、マイルが失効しません

【ミリオンマイラー】はグループにかかわらず生涯マイル有効期限なし

生涯マイル有効期限なし
≪画像元:ANA

ミリオンマイラー(ANAライフタイムマイル100万マイル以上)も、マイルが失効しません。

ダイヤモンドサービスとは異なり、ミリオンマイラーは一度なると生涯にわたって特典を受けられます

ただし、「ダイヤモンドサービス」メンバーでなくなった時点で、未使用マイルの有効期限が36か月後の月末までになります。

用途限定より「期間限定」の方が厄介かも

4月11日より、ANAでも「用途・期間限定マイル」が導入されました。

マイルは4つにグループ分けされ、用途や期間が厳しく定められたブル―プもあります。

ほとんどの方が、グループ1~4で使える特典航空券やアップグレードをゴールとしているので、用途の方はあまり影響ないでしょう。

問題は期間限定の方で、12か月間という短期に設定されるかもしれません。

今後、失効間近のマイルは、ANA SKYコインに交換する手もあります

グループ1~4で使えますし、12か月間は延命できるのですから。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)