スーパーやドラッグストアのPBは、どこも同じというのは本当でしょうか。

パッケージがちがうだけで、中身は一緒という説もあります。

今回はその説を検証するため、筆者愛用の2つのPBをじっくり比べてみました。

「スーパーPB」と 「ドラッグストアPB」

ライフの「スマイルライフ」とコスモスの「ON365」

まずは筆者愛用のPBを紹介します。

関西在住の筆者は、株式会社ライフコーポレーションの運営するスーパー「ライフ」と、株式会社コスモス薬品の運営する「ディスカウントドラッグコスモス」のPBがお気に入りです。

お気に入りの理由は、価格が安いのに国産品もあって品質に信頼が置けるからです。

ライフにもコスモスにもPBは複数ありますが、今回は「スマイルライフ」と「ON365」にしぼって比較していきます。

常備しておくと便利な乾物を中心に、それぞれの商品を比較してみました。

カットわかめ

≪ライフのスマイルライフ≫

≪コスモスのON365≫

まずはカットわかめです。

商品情報は、スターセレクト/ON365の順に並べていきます。

価格:298円/198円

内容量:20g/12g

原産地:三陸産/国内産

製造:株式会社川秀(岩手県)/ヤマナカフーズ(三重県)

スターセレクトのカットわかめを製造している川秀は、刺身や干物、海藻類を扱っています。

公式サイトによると、水族館の海獣向けの餌も販売しているそうです。

一方ヤマナカフーズは、わかめや昆布、ヒジキなどの海藻類の加工・販売しています。

関西のスーパーでは、よく見かけるメジャーなメーカーです。

どちらも甲乙つけがたいので、10gあたりの価格を比べてみましょう

ライフ スターセレクト 149円

コスモス ON365 165円

カットわかめを安さで選ぶなら、スターセレクトとの結果が出ました。

はるさめ

≪ライフのスターセレクト≫

≪コスモスのON365≫

次は、はるさめを比較してみましょう。

スマイルライフからは緑豆はるさめ、ON365からは国産はるさめです。

価格:138円/98円

内容量:100g /120g

原産国:中国/北海道

製造:不明/販売:森井食品株式会社(奈良県)

スマイルライフのはるさめには、製造基準適合マークがついています。

これは、全国はるさめ工業協同組合の基準に従い、緑豆でんぷん100%で作られた商品に授けられるマークです。

ON365の国産はるさめは、北海道馬鈴薯100%で作られています。

販売している森井食品は、はるさめ業界のトップブランド「ひょうたん印」を扱っている会社です。

日本初の国産はるさめを製造した会社でもあります。

緑豆はるさめと国産はるさめではそれぞれに得意なメニューも異なりますが、せっかくなので100gあたりの価格も比べてみました。

スマイルライフ 138円

コスモス ON365 約81円

意外にも、国産はるさめのほうがお買い得でした。

すりごま

次はすりごまを比較してみましょう。

すりごまを比較

価格:118円/98円

内容量:60g/70g

原産地:不明/不明

製造:みたけ食品工業株式会社(埼玉県)/カタギ食品株式会社(大阪府)

どちらも原産地の記載はなく「国内製造」とだけ明記されています。

スマイルライフのすりごまを製造しているみたけ食品工業は、米粉製品やきな粉なども取り扱っています。

一方カタギ食品は、ごま油を製造する「かどや製油株式会社」のグループ会社です。

それぞれ100gあたりの価格を計算してみると、次のようになりました。

スマイルライフ 196円

コスモス ON365 140円

すりごまはON365のほうが、50円以上安いということが分かりました。

いりごま

いりごまも比較してみましょう。

価格:108円/98円

内容量:60g/80g

原産国:モザンビーク、ホンジュラス/不明

製造:株式会社マコト(東京都)/カタギ食品株式会社(大阪府)

スマイルライフでは、すりごまといりごまとで製造者が異なります。

株式会社マコトは、ごま製品専門メーカーです。

そして、ごまの原産国がついに判明しました。

日本のごまのほとんどはインドやミャンマー、中国からの輸入品ですが、スマイルライフのいりごまにはモザンビークやホンジュラスのものが使用されています。

いりごまも、100gあたりの価格を計算してみました。

スマイルライフ 180円

コスモス ON365 122円

やはりこちらも、ON365のほうが50円以上安いという結果になりました。

とろろ昆布

次はとろろ昆布です。

≪左:スマイルライフ、右:コスモスのON365≫

価格:178円/98円

内容量:32g/22g

原産地:国内(道南産がごめ昆布8%使用)/(国産昆布100%使用)

製造:株式会社朋昆(広島県)/大洋物産(兵庫県)

スマイルライフの商品は「根昆布入りとろろ昆布」という名称です。

製造している朋昆は、昆布食品のメーカーです。

公式サイトには「昆布を通じて食を追求するプロフェッショナル集団」と記載されています。

ON365の商品は「ふんわりとろけるとろろ昆布」です。

製造するのは淡路島の海藻食品加工メーカーで、だし昆布や乾燥わかめなども手掛けています。

100gあたりで換算してみましょう。

スマイルライフ 556円

ON365 445円

スマイルライフのほうが100円以上も高いのは、希少ながごめ昆布を使用しているからかもしれません。

自分にとってコスパの高いPB商品を選ぼう

PBはどこのも同じとの説もありますが、比べてみると異なる点が分かりました。

販売価格は似たようなものでも、100gあたりに換算すると大きく差が出る商品もありました。

とはいえ、安さ=コスパの高さではありません

少量だけほしいものもあれば、産地にこだわりたいものもあるでしょう。

いろいろなPBを比べてみれば、自分にとってコスパの高い商品をその都度選べます。

この記事が、有意義な買い物の一助になれば幸いです。(執筆者:桧山 あい)