2022年3月23日から、AndroidスマートフォンのQRコード決済アプリau PAYで、モバイルSuicaが使えるようになりました

iPhone非対応のサービスは影が薄いのが昨今の傾向ですが、au PAYのSuicaに関しては、キャッシュレス界を変えるインパクトがあります。

「風が吹けば桶屋が」のごとく、思わぬところに影響が波及していきます。

Suicaとは直接関係のないPontaも、au PAYを介在し、一夜にしてその地位をグレードアップさせたのです。

ポイントを多面的に使うための、Pontaとau PAYの使い方のヒントです。

ポイントをPontaと au PAYに集約しよう

au PAYから(そしてPontaから)モバイルSuicaへのルートが開通

Android版のau PAYトップページを開くと、バーコードの後ろ側にSuicaが隠れています。

すでにモバイルSuicaを使っている人なら、au PAYと連動させ、同じSuicaを両方のアプリで使えます。

Android版au PAYでは、こうなりました。

・ au PAY残高を使ってau PAYで決済 → 還元率0.5%(従来のまま)

・ au PAY残高をSuicaにチャージ → 還元率0.5%(利用の還元は原則なし)

au PAYでも、au PAYのSuicaでも、同じ還元率となりました。

au PAYの残高を増やしておくと双方が便利に使えます。

さらに、au PAYと密接な関係のあるPontaにも波及します。

au PAY利用でたまるのはPontaで、Pontaからau PAYへの等価チャージもできるためです。

Pontaとau PAYで快適なポイント生活を

発展を続けるPontaの現在地点の確認です。

少々複雑ですが、「Ponta」と「au PAY」をポイント生活の中心に置くことを覚えておけばいいのです。

2台目を検討しているiPhoneユーザーもぜひ、Androidならではのサービスを検討してみてください。

Ponta、au PAY、モバイルSuicaの整理

上流から下流まで、流れを整理します。

(1) クレジットカードその他のポイントプログラム

↓(交換)

(3) Ponta ← (2) ポイントプログラムがPontaのクレジットカード

↓(1ポイント1円でチャージ)

(5) au PAY残高 ← (4) au PAYカード等からチャージ

↓(チャージ)

(6) モバイルSuica ← (7) ビューカード等からチャージ

このルートの (1) (3) と (5) を強化していく方法をご案内します。

Pontaへのポイント集約

ルートの最上流、Pontaに交換できるポイントプログラムの例を見てみます。

ポイント目減りのない、等価交換のもの限定です。

・ リクルートカード「リクルートポイント」

・ Orico Card THE POINT「オリコポイント」

・ ジャックス「ラブリィポイント」

・ セゾン「永久不滅ポイント」(au IDのある場合のみ等価)

・ 東京ガス「パッチョポイント」

・ 東邦ガス「がすてきポイント」

・ 大阪ガス「マイ大阪ガスポイント」

・ JR九州「キューポ」

JR九州のポイント「キューポ」を、au PAY経由のプレミア付きでSuicaに替えるルートも生まれたわけです。

Orico Card THE POINT(オリコポイント)を例に挙げて、Suicaへのルートと還元率を見てみます。

・ オリコからモバイルSuicaに直接チャージ ・・・ 1.0%(買い物と同一)

・ オリコからau PAYにチャージ ・・・1.0%(買い物と同一)

・ オリコポイントをPontaに移行 → au PAYにチャージ・・・等価

・ au PAY → モバイルSuicaにチャージ ・・・0.5%

最後のルート開通により、直接モバイルSuicaへのチャージルートより0.5%還元率が増えることがわかります。

そして、チャージだけでなくたまったポイントもPontaとau PAY経由でSuicaに替わるわけです。

au PAYへのチャージはau PAYカードがいい

au PAYにチャージしてポイントのたまるカードはいくつかあります。

このたび、楽天カードがこの対象から外れます(2022年7月から)。

6月までは、楽天ペイのSuicaを使うと還元率0.5%なのに、au PAYのSuicaなら1.5%といういびつな状態にあるので、当然の措置でしょう。

7月以降のau PAYへのチャージ用カードには、高還元でチャージのできる次のものをおすすめします。

カッコ内はチャージ時還元率です。

・au PAYカード(1.0%)

・au PAYゴールドカード(2.0%)

・エポスゴールドカード(年間利用額100万円以上の場合1.5%)

上記の3枚なら、ポイントがPonta(エポスの場合、Pontaに等価交換可)なので、さらにPontaが貯まります

au PAYカードは現在、1万ポイント(ゴールドは2万ポイント)もらえる入会キャンペーン実施中です。1枚持っておいて損はしません

au PAYもSuicaも便利

Pontaとau PAYを強化する方法を見てきました。

au PAYだけだとまだ加盟店もPayPayほど豊富ではなく、物足りないイメージもあるかもしれません。

ですがau PAYからSuicaへのルートによって、利便性が大幅に向上しています。

au PAYでもSuicaでも還元率が同じなのもうれしいところです。

Androidユーザーならぜひこのルートを使いこなしてください。(執筆者:沼島 まさし)