業務スーパーの魅力は、価格が安いことだけでなく、手間抜きや時短になることも魅力です。

そこで今回は、業スマニアの筆者が、「時短&節約」に便利な冷凍野菜を5品紹介します。

時短&節約になる 「冷凍野菜」ベスト5

第1位:刻みたまねぎ:税込106円

業ス刻み玉ねぎ

«画像元:業務スーパー»

皮をむく必要もなく、みじん切りをして涙を流さずに済む、業スの「刻みたまねぎ」は、行くと必ず購入するリピ買い商品です。

すでに細かくカットしてあるので、まな板・包丁を使わず、凍ったまま調理に使えます。

中国のロックダウンが続いている影響で、たまねぎの高値が続いている今、お安く手に入る冷凍たまねぎは家計のピンチを救います。

第2位:さといも:税込192円

業スのさといも

«画像元:業務スーパー»

業スの冷凍さといもは、刻みたまねぎ同様に、皮をむく必要がありません

下茹で済みなので、調理時間を短縮できるメリットもあります。

煮物を作る際も、鍋で煮ずに電子レンジ調理も可能。

簡単に一品出来上がる上に、ガス台も節約できます。

第3位:冷凍ほうれん草:税込138円

業スカットほうれん草

«画像元:業務スーパー»

ほうれん草はアク抜き必須のため、ひと手間かかる葉物野菜です。

業スの冷凍ほうれん草は、下茹で&カット済みなので、調理に使う前の下処理の手間が省けます。

さらに、一口大にカットされたほうれん草は、好きなだけパラパラ取り出せて便利。

使いたい分だけ取り出せるので、食材もムダになりません。

第4位:オクラスライス:税込168円

業スオクラスライス

«画像元:業務スーパー»

オクラも生では食べられないため、必ず下茹でをする必要があります。

業スの冷凍オクラスライスは、下茹で済みなので、使う時は電子レンジで加熱すればOK。

スープや炒め物に使う場合は、冷凍したままパラパラっと取り出せます。

サイズにはややバラつきがあるものの、3~5mmの使いやすい大きさにカットしてあるので、使い勝手も優秀です。

第5位:カーネルコーン:税込149円

業スカーネルコーン

«画像元:業務スーパー»

子どもからの人気が高い冷凍野菜と言えば、コーンではないでしょうか。

お手頃な「コーン缶」も良いですが、バラ凍結の冷凍コーンは、好きな分だけ取り出せて便利です。

冷凍保存できるので、開封後すぐに使い切る必要もありません。

電子レンジで加熱後、そのままサラダとして食べたり、凍ったまま炒め物やスープの材料としたりして使えます。

ちなみに、1kg入りの「スーパースイートコーン(税込322円)」もおすすめです。

カーネルコーンよりも食感がシャッキリしていて甘味も強いので、冷凍庫のスペースに余裕があれば、ぜひ手に取ってみてください。

食費増や家事の負担は「冷凍野菜」で乗り切ろう

世界的な物流の混乱などの影響で、野菜を含む食料品の価格が高騰しています。

家計を防衛するために自炊を増やし、家事の負担がアップしたと感じている方は少なくないでしょう。

食費・家事の負担増によりピンチを迎えている今、業務スーパーの冷凍食品が力になります。

価格が比較的安定している冷凍品を活用して、食費も家事負担も軽減してください。(執筆者:全方位型節約主婦 三木 千奈)