資産形成に証券会社を利用する人が増えています。

楽天証券もその一つですが、さらにお得で便利にするため、楽天キャッシュ決済が導入されます。

詳しく解説しましょう。

楽天キャッシュが使えます

楽天証券の投信積立に楽天キャッシュ決済が加わる

楽天キャッシュ決済が加わる
≪画像元:楽天証券

2022年6月19日より、楽天証券の投信積立に楽天キャッシュ決済が加わります。

「楽天カード→楽天キャッシュ」へのチャージは、オートチャージに対応予定です。

オートチャージなら、入金の手間がありません

対象口座は、特定口座、一般口座、一般NISA、つみたてNISAです。

楽天証券が取り扱う積立可能な投資信託が対象商品で、楽ラップの積立、iDeCo口座での積立は対象ではありません

楽天キャッシュと他の決済方法を比較

決済方法を比較
≪画像元:楽天証券

現在、楽天証券の決済方法には、以下のようなものがあります。

  • 楽天カード
  • 楽天証券口座(楽天銀行マネーブリッジ)
  • その他金融機関口座

楽天銀行口座・楽天カード支払い口座からの投信積立は、2021年4月3日で新規設定を終了しました。

ここでは、現在利用可能な4つの決済方法を、様々な角度から比較します。

【上限額】楽天キャッシュは月5万円、口座振替は上限なし

口座振替は上限なし
≪画像元:楽天証券

楽天キャッシュ・楽天カードは、それぞれ月5万円の上限があります。

楽天キャッシュ・楽天カードは併用可能ですから、最大月10万円までキャッシュレス決済での投信積立が可能です。

ただし、つみたてNISAの場合は、毎月3万3,333円が楽天キャッシュ利用の上限となります。

楽天証券口座・その他金融機関口座には、上限がありません。

【ポイント還元】楽天キャッシュは0.5%還元、口座振替は還元なし

口座振替は還元なし
≪画像元:楽天証券

これまで、投信積立でポイントが貯まるのは、楽天カード決済のみでした。

現在は1%還元の楽天カードですが、9月買付分からは1%もしくは0.2%還元に変更されます。

信託報酬のうち、販売会社が受け取る手数料が年率0.4%未満のファンドが、0.2%還元です。

楽天証券の公式サイト(pdf)より、0.2%還元のファンドを確認してください。

6月19日より、楽天キャッシュでも、月5万円まで0.5%還元を受けられるようになります。

「楽天カード → 楽天キャッシュ」へのチャージの0.5%還元と合わせて、1%還元です。

【積立指定日】楽天キャッシュは1日~28日から選択できる

楽天キャッシュは1日~28日から選択できる
≪画像元:楽天証券

決済方法によって、積立指定日が以下のように異なります。

  • 楽天キャッシュ:毎月1日~28日から選択可能
  • 楽天カード:毎月1日、8日(選択不可)
  • 楽天証券口座:毎月1日~28日から選択可能
  • その他金融機関:毎月7日、24日から選択可能

楽天証券口座と並び、楽天キャッシュは自由度が高いです。

楽天キャッシュで毎月7日を積立指定日にした場合、前月の12日が申込締切日で、前月13日~15日に楽天キャッシュを引き落とします。

【ポイント投資・SPU】楽天キャッシュはポイント投資可能、SPUも対象

楽天キャッシュはポイント投資可能、SPUも対象
≪画像元:楽天証券

楽天キャッシュ・楽天カード・楽天証券口座は、ポイント投資が可能です。

1ポイントから使えますし、毎月の利用上限ポイント、毎日の利用上限ポイント、全てのポイント利用から設定できます。

還元率がアップするプログラム
≪画像元:楽天証券

「SPU」とは、楽天サービスの利用によって、楽天市場での還元率がアップするプログラムです。

楽天証券では、以下の2つに条件を満たすと、それぞれ還元率がアップします。

  • 当月合計3万円以上のポイント投資(投資信託):+0.5倍
  • 当月合計3万円以上のポイント投資(米国株式 円貨決済):+0.5倍

いずれの条件も、1ポイント以上利用したポイント投資が、SPUの対象です。

楽天カード・楽天証券口座だけでなく、楽天キャッシュも含まれます。

楽天キャッシュの設定について

そのままでは、楽天キャッシュを投信積立に利用できません。

楽天カードを登録の上で、設定する必要があります。

まずは楽天カードを登録

楽天カードを登録
≪画像元:楽天証券

まずは、my Rakuten(楽天会員情報)に楽天カードを登録します。

楽天キャッシュにチャージできるのは、楽天カードのみです。

決済方法を楽天キャッシュに変更する

決済方法を楽天キャッシュに変更する
≪画像元:楽天証券

6月19日以降、決済方法を楽天カード→楽天キャッシュに変更できます。

変更しただけでは積立指定日を変更できないので、決済方法を変更後に、積立設定の「変更」ボタンから変更してください。

2022年9月買付分からは、0.2%ポイント還元のファンドのみ、「楽天キャッシュへ引落方法を変える」ボタンが表示されます。

毎月12日の締切までに変更すれば、翌月から楽天キャッシュ決済が利用可能です。

締切を過ぎると、翌月は楽天カード決済となり、翌々月から楽天キャッシュ決済が利用可能になります。

キャンペーンでさらにお得に

キャンペーンを活用すれば、楽天証券や楽天キャッシュがさらにお得になります。

(6/17まで)楽天キャッシュへのチャージで楽天キャッシュ1万円分もらえるチャンス

楽天キャッシュ1万円分もらえるチャンス
≪画像元:楽天証券

5月23日~6月17日の期間中、キャンペーンにエントリーの上で、楽天ペイアプリ上で楽天カード→楽天キャッシュに1,000円以上チャージしてください。

楽天ペイアプリ内の楽天EdyやSuicaへチャージしても、キャンペーンの対象になりません。

抽選で100名に、楽天キャッシュ1万円分(基本型)がプレゼントされます。

「楽天ポイントコース」に設定した楽天証券ユーザーが対象です。

「楽天証券ポイントコース」に設定している人は、コースを変更してください。

(6/30まで)フォロー&リツイートで1万円分のギフト券もらえるチャンス

1万円分のギフト券もらえるチャンス
≪画像元:楽天証券

5月31日~6月30日の期間中、楽天証券公式ツイッターアカウントをフォローしてください。

その上で、このキャンペーンのツイートをリツイートしましょう、

当選人数がアップ
≪画像元:楽天証券

キャンペーン期間中にリツイートされた合計数に応じて、もらえる1万円分のギフト券の当選人数がアップします。

  • 合計RT数が5,000RT達成:3名
  • 合計RT数が1万RT達成:5名
  • 合計RT数が2万RT達成:10名

このキャンペーンは、楽天証券ユーザーでなくても参加可能ですので、気軽に参加してください。

(6/19~11/12に積立設定)投信積立での楽天キャッシュ決済で最大1%還元

楽天キャッシュ決済で最大1%還元
≪画像元:楽天証券

6月19日~11月12日に積立を設定し、8月1日~12月28日に買付指定してください。

楽天カード→楽天キャッシュへのチャージでもらえる0.5%還元に加えて、投信積立での楽天キャッシュ利用に対し、+0.5%還元されます。

投信積立での楽天キャッシュ利用については、チャージ方法を問いません。

NISA、つみたてNISAによる取引も対象となります。

対象外のケース

・法人および未成年口座

・楽天証券ラップサービス、IFAラップサービスによる投資信託の買付

・個人型確定拠出年金(iDeCo)による投資信託の買付

・外貨建てMMF、ETF、上場REIT

・楽天ポイント利用分

楽天証券の投信積立はお得で便利な楽天キャッシュがおすすめ

楽天証券の投信積立に、楽天キャッシュ決済が使えるようになります。

楽天カードと合わせれば月10万円までのキャッシュレス積立、最大1%還元、SPU適用も可能でお得です。

また、1日~28日から好きな日を積立指定日にできたり、オートチャージができたりと、利便性も高まります。

楽天証券の投信積立は、お得で便利な楽天キャッシュがおすすめです。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)