アマゾンの年に一度のビッグセール「プライムデー」、いつ実施するんだろうか、気をもんでいる人も多いのではないでしょうか。

今年は7月12日・13日に開催されます。

現時点で分かっていることは少ないのですが、可能な限り予想が付きやすいように解説します。

Amazonプライムデー

アマゾンの年に一度のビッグセール「プライムデー」、今年は7月12日・13日に開催

アマゾンの年に一度のビッグセール
≪画像元:Amazon.co.jp

アマゾンの年に一度のビッグセール「プライムデー」、今年は、7月12日0時~13日23時59分に開催されます。

例年は7月開催ですが、2020年は新型コロナの影響で10月開催、2021年はオリンピックの影響で6月開催でした。

久しぶりの通常開催です。

日本のみならず、世界24か国で開催されます(4か国は別日程で年内に開催予定)。

現在のところ、分かっているのはこれくらいと、特選タイムセール・数量限定タイムセール・中小規模の販売事業者をサポートするセールを開催することくらいです。

そこでここからは、2021年のプライムデーを振り返ることで、2022年の参考としていただきたいと思います。

2021年のプライムデーはこんなセールだった

2021年のプライムデーはこんなセールだった
≪画像元:Amazon.co.jp

2021年のプライムデーでは、セールによって総額で約160億円がお得になりました。

2021年のプライムデーのベストセラーは、以下の商品です。

 

・Fire TV Stick 4K

・Echo Show 5(第1世代)

・Echo Dot(第4世代)

・やかんの麦茶650mlPET×24本

・ICY SPARK from カナダドライ430mlPET×24本

・除菌ジョイ コンパクト 食器用洗剤 詰め替え ジャンボ 1330mL

 

カテゴリーでは、日用品、飲料、ベビー用品、アマゾンデバイスが売れました。

具体的にどんなセールがあったのか、2021年を参考に見ていきましょう。

特選タイムセール

「特選タイムセール」は、カスタマーレビュー4つ星以上の人気商品を、特別価格で購入可能なセールです。

商品検索画面には「特選タイムセール」バッジが付きますので、分かりやすいです。

数量限定タイムセール

「数量限定タイムセール」は、12時間にわたって続くタイムセールの嵐です。

幅広いカテゴリーの人気商品が、次から次へとタイムセールに登場します。

販売開始時間と対象商品が事前に予告され、残り時間と残り個数の表記もされます。

中小規模の販売事業者をサポートするセール

中小規模の販売事業者をサポートするセール
≪画像元:Amazon.co.jp

日本のプライムデーにおいて、中小規模の販売事業者による商品数は、右肩上がりで増えています。

創意工夫が凝らされた商品が、特別価格で販売されます。

2021年は、プライムデー前に中小規模の販売事業者の商品を購入すると、プライムデーで使える1,000円分のクーポンがプレゼントされていました。

プライムデーまでの2週間で、中小規模の販売事業者の商品を、数百万人のプライム会員が購入しました。

ベストセラーの1つが、「ULBO(アルボ) PLATINUM シトルリン アルギニン 亜鉛 厳選8成分」です。

プライムデー中の中小規模の販売事業者の売上は約1,100万個、48時間の時間枠としては過去最大です。

プライム会員登録は必須

プライム会員登録は必須
≪画像元:Amazon.co.jp

プライムデーは、プライム会員しか参加できません。

よって、プライム会員登録は必須です。

プライムデー以外にも、プライム会員には以下のような特典があります。

 

・最短翌日に無料でお届け

・Prime Video、Prime Readingを無料で楽しめる

・200万曲が聴き放題

 

しかも、新規登録から30日間は無料で体験できます。

無料後も月500円からで、学生は学生プログラムがお得です。

他にもキャンペーン実施の可能性大! 詳細は後日紹介予定

今回は、2021年のプライムデーを振り返るとともに、2022年のプライムデーのを紹介しました。

7月12日・13日の2日間に開催されます。

2021年には、Amazonギフト券関係のキャンペーンもありました。

今回も実施される可能性が高いので、詳細が分かり次第紹介したいと思います。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)