これまで、ビール券、おこめ券と、名前は知っているが使い道がよく分からない金券を紹介しました。

今回紹介するのは、「Amazonギフト券」です。

知名度が高く、Amazon.co.jpで使うのが一般的ですが、それだけではありません。

Amazonギフト券の意外な使い道を、お得に購入できるキャンペーンとともに紹介します。

Amazonギフト券

Amazonギフト券を利用可能な、意外&お得な4つの使い道

Amazonギフト券は、Amazon.co.jpで使うのが一般的です。

しかし、買うものがないときは、以下の使い道で使うのもいいでしょう。

1.Amazonプライム会員の会費支払い

プライム会員の会費は、月額500円もしくは年額4,900円です。

プライム会員の会費の支払いに、Amazonギフト券を充てることができます。

ただし、プライム会員の30日間無料体験を利用するには、クレジットカードまたは携帯決済のいずれかの支払い方法を、アカウントに登録しなければなりません。

つまり、最初はクレジットカードまたは携帯決済のいずれかを登録し、30日後の更新日までにAmazonギフト券払いに変更すればOKということです。

2.Amazon Pay

Amazon Pay
≪画像元:Amazon.co.jp

「Amazon Pay」は、Amazonアカウントを使ったかんたん・便利な決済サービスです。

ショッピングサイトごとに個人情報などを登録せずとも、Amazonアカウントで簡単に支払えます。

この支払い元として、Amazonギフト券を設定できます。

Amazon Payが使える主なショッピングサイトは、以下の通りです。

  • アディダス
  • 出前館
  • ふるさとチョイス
  • コジマネット
  • BUYMA

ふるさとチョイスなら、間接的ですが、ふるさと納税にもAmazonギフト券を使えることになりますね。

3.Kindleストアで100%還元の本を購入

Kindleストアで100%還元の本を購入
≪画像元:Amazon.co.jp

電子書籍を扱う「Kindleストア」で、100%ポイント還元の本を購入するのもいいでしょう。

支払いには、もちろんAmazonギフト券を充てられます。

支払った分のポイントが還元されますので、実質無料で本を読めるだけでなく、有効期限が延長されます。

ただし、100%還元の本は数が少ないので、見つけたら早めに購入しましょう。

4.Amazonコインを購入

Amazonコインを購入
≪画像元:Amazon.co.jp

「Amazonコイン」とは、Amazonアプリストア内で使える専用通貨です。

100コイン=100円相当で、有効期限はありません。

Fireタブレット、Fire TV、Android端末およびAmazon.co.jpのAmazon Androidアプリストア内ならびに、Amazon Androidアプリストアからダウンロードされたアプリ内で、利用できます。

500コインを460円で購入可能など、Amazonアプリストアを利用するなら間違いなくお得です。

Amazonコインを購入するのに、Amazonギフト券を使えます。

Amazonギフト券をお得にGETできるキャンペーンを紹介

普通にAmazonギフト券を買ってもいいのですが、よりお得がいいですよね。

ここからは、Amazonギフト券をお得にGETできるキャンペーンを紹介します。

【Amazonギフト券+Amazon Pay】(7/21まで)最大5%超還元

Amazonギフト券+Amazon Pay
≪画像元:Amazon.co.jp

Amazonギフト券+Amazon Payの組み合わせで、最大5%超の還元も夢ではありません。

Amazonギフト券の現金チャージで最大3%還元

Amazonギフト券の現金チャージで最大3%還元
≪画像元:Amazon.co.jp

まず、Amazonギフト券を現金チャージで5,000円以上購入してください。

7月21日までの期間中、1回のチャージ額に応じて還元率が以下のようにアップします。

  • 9万円~:2%(プライム会員は2.5%→3%)
  • 4万円~:1.5%(プライム会員は2%→2.5%)
  • 2万円~:1%(プライム会員は1.5%→2%)
  • 5,000円~:0.5%(プライム会員は1%→1.5%)

コンビニ払いでクレカのポイントが付く

現金チャージの支払い方法は、コンビニ・ATM・ネットバンキングのいずれかです。

セブン-イレブンならnanaco、ファミリーマートならFamiPayで支払えます(ミニストップでのWAONは不可の模様)。

nanaco、FamiPayで支払ってもポイントは付きませんが、nanaco、FamiPayへのチャージに使ったクレカのポイントは付きます

Amazon Payの支払いにAmazonギフト券を充てると最大2%還元

チャージしたAmazonギフト券は、そのまま使わずAmazon Payを経由させてください。

通常は最大1%還元のところ、7月21日までの期間中は、最大2%還元されます。

ただし、プライム会員限定です。

7/21で現金チャージの特典が終了

現金チャージの特典が終了
≪画像元:Amazon.co.jp

しかし、2022年7月21日をもって、現金チャージで最大3%還元が完全に終了します。

Amazon Payの1%上乗せも7月21日までということで、7月21日が勝負ですよ。

(7/21まで)贈って最大1,000ポイント

贈って最大1,000ポイント
≪画像元:Amazon.co.jp

7月21日までの期間中、プライム会員がAmazonギフト券を贈ると、最大1,000ポイントもらえるキャンペーンもあります。

1回の注文で、対象のAmazonギフト券を5,000円以上購入し、家族や友人に贈ると、500ポイントもらえます。

さらに、贈ったAmazonギフト券が受け取った人のアカウントで5,000円以上登録されると、さらに500ポイントもらえます。

対象のAmazonギフト券は、カタログ型、商品券タイプ、ボックスタイプ、封筒タイプ、グリーティングカードタイプ、マルチパックです。

(初回限定)2,000円以上購入で200ポイント

2,000円以上購入で200ポイント
≪画像元:Amazon.co.jp

プライム会員でないアマゾン初心者の方は、こちらのキャンペーンがいいかもしれません。

初回限定ですが、Amazonギフト券を2,000円以上購入すると、200ポイントもらえます。

対象のAmazonギフト券は、Eメールタイプ、印刷タイプ、商品券タイプ、封筒タイプ、グリーティングカードタイプ、ボックスタイプです。

Amazonアカウント開設後、初めての商品購入から30日以内の方は対象外です。

Amazonギフト券の現金化はおすすめしない

今回は、Amazonギフト券の知られざる世界を紹介しました。

Amazonギフト券の現金化を考えている人もいるでしょうが、おすすめしません。

「Amazonギフト券を現金やその他のプリペイドカード(金券、商品券などを含む)と交換すること」を、禁止しているからです。

ばれたら、最悪アカウント停止にもなりかねません。

買取の際には大幅に目減りしてしまいますし、買い取ってくれないところもあります。

利用できる範囲で、Amazonギフト券を上手に活用してください。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)